沈黙(ちんもく)使徒(しと)カザミラ》

沈黙の使徒カザミラ  光文明 (3)
クリーチャー:イニシエート 4000
ブロッカー
このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から2枚を裏向きのままシールドに加える。その後相手は自分自身の山札の上から2枚を裏向きのままシールドに加える。

ゲームオリジナルカードイニシエート

cip能力で自分と相手のシールドを2枚ずつ増やす。

相手のシールドも増えてしまうものの、3マナシールド+2枚は【速攻】相手に致命的に刺さる。しかもブロッカーも1体増え、守りが一気に固くなる。
このカードが収録されている「デュエル・マスターズ3」では《鎮圧の使徒サリエス》が収録されていないので、イニシエートデッキブロッカーとしても役に立つ。おまけにパワーも標準クラス。

シールドはブレイクされれば手札になるため、基本的にどんどん攻撃してくるゲームAIが相手なら遅効性の2枚ドローギミックとして使える。
特にライブラリアウトを狙うデッキではメリットだらけ。自分のシールド追加は防御になり、相手のシールド追加は山札を削る。

複数召喚するだけで状況が大きく変わり、一方的な対戦展開へと持ち込める。山札が少ない方のプレイヤー攻撃をしないと勝ち目はないのだが、シールドが増えるためそれが困難になる。ワールド・ブレイカーが存在しなかったで当時ではなおさら。
実在したなら殿堂入りもありうる強さ。《光霊姫アレフティナ》オシオキムーンなどのシールド関係の能力と抜群の相性を誇る。

  • 2〜3回使えば、《光柱樹》のパワーが恐ろしく上がる。ただしゲーム中ではパワーが20000以上になると「OVER」とだけ表示され、パワーが分からなくなる(一応、シールドを数えればパワーは分かる)。なお《ホーリー・メール》などと共に用いれば32000以上も夢ではないが、この時内部処理にバグが起きるようでバトル時のパワーが0と同じ扱いになってしまうのは注意(バトルゾーンにいるだけでは0扱いにならず、破壊もされない)。これは同じようにパワーが上昇する他のクリーチャー(《アルティメット・ドラゴン》など)も同じである。

収録セット

参考