ブロッカー

ブロッカー(このクリーチャーをタップして、相手クリーチャーの攻撃先をこのクリーチャーに変更してもよい)

キーワード能力の1つ。またはこの能力を持つクリーチャーの総称。

巨人の玉 ダイリーグ C 光文明 (4)
クリーチャー:ジャスティス・オーブ 6000
ブロッカー(このクリーチャーをタップして、相手クリーチャーの攻撃先をこのクリーチャーに変更してもよい)
このクリーチャーは相手プレイヤーを攻撃できない。

クリーチャーの基本的な能力の一つであり、DM-01 第1弾から存在する。
DMR-17から表記が変更され、現在のテキストとなった。詳しくは後述。

相手のクリーチャーが、自分(プレイヤー)あるいは自分のクリーチャーに対して攻撃を行った場合、自分のアンタップされたブロッカーをタップして攻撃先を変更させることができる。これをブロックと呼ぶ。

ブロッカーを持つクリーチャーの多くは、

のどちらかのデメリットを併せて持ち、その代わりに高いパワーを得ている。

古くは文明自然文明には存在せず、の3文明にだけ存在したが、DM-23自然単色で最初からブロッカーを持つ《超神星ビッグバン・アナスタシス》が登場した。
エピソード2からは自然の防御手段としてガードマンが登場した。が、クリーチャーへの攻撃しか防ぐことができず、到底ブロッカーには敵わない能力である。

文明ごとの特徴は、

一番良質。ほとんどはクリーチャーを攻撃できる。
比較的良質。攻撃できないものが多いがパワーは高い。
一番質が低い。ただし、パワーは低いがスレイヤーを持つものや、デメリット能力(逆スレイヤーなど)がある分パワーが高いものは良く使われる。
自然
王来篇時点で単色では《超神星ビッグバン・アナスタシス》《樹脈の守護者エバード・ゼノム》[1]しか存在しない。条件的にブロッカーとしての運用は実用的ではない。
無色
強力な能力のおまけとして持っているものが多い。小型のものも少ないため、純粋なブロッカーとしての質は比較しにくい。王来篇時点で存在する全カードが攻撃可能。

当然ながら、ブロッカーを採用することは手軽な守りの強化につながる。しかし、後述するようにブロッカーを対象にした除去はかなりの数が存在するため、非常に除去されやすい。

考えなしに採用するのは得策ではないので、自分のデッキに合うものを適切な数だけ採用したい。

ブロックの手順

  1. 相手クリーチャー攻撃した場合、まず「○○が攻撃した時〜」ではじまる能力ターン・プレイヤーから全て解決する。
  2. その後、相手の攻撃をブロックすると宣言してから、自分の「ブロッカー」を持つクリーチャーをタップする。
  3. ブロックが成立した場合、攻撃クリーチャーとブロックしたクリーチャー同士がバトルする。

ブロック召喚酔い中でも行う事ができる。
ただし、既にタップされたクリーチャーはブロックできない。
逆に、何らかの能力でブロッカーをアンタップされることで、もう一度ブロックできるようになる。

詳しくは「ブロック」の項を参照。

ゲームにおいて

  • 呪文中心のデッキにはバトルの機会が少ないという意味でブロッカーが腐りやすく、この点は『デュエル・マスターズ パーフェクト ルール BOOK』でも触れられている。

ブロッカーメタ

ブロッカーメタには以下のものがある。

など

その他

  • 以前のテキストは以下の通り
    ブロッカー (相手クリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーをタップして、その攻撃を阻止してもよい。その後、その相手クリーチャーとバトルする)
    DMR-17以降は表記が変更され、攻撃阻止能力ではなく、ガードマンと同じく攻撃目標変更能力であることが明示された。
  • cip等の能力を持つ小型から中型のブロッカーは、登場時に仕事をこなしつつウィニーを止めてくれるため、無駄が少ないカードとして重宝される。
    しかし、ただのファッティに付属している「ブロッカー」は、むしろデメリットとして計算されるようになっている。《神銃の精霊ナカツマキ》の登場を見てもそれが窺えるだろう。前述の通り、手軽なブロッカー除去の手段が増えてきたためと思われる。

ブロッカーに関連する効果を持つカード

サポートカード

光限定のコスト踏み倒しカード

主なメタカード

ブロッカー能力を条件にする進化

参考

[性質](・)ブロッカー

ブロッカー能力の特殊な形で、[性質]に該当するクリーチャーのみをブロックできる

光器サーシャ R 光文明 (8)
クリーチャー:メカ・デル・ソル 9500
ドラゴン・ブロッカー(相手のドラゴンが攻撃するとき、このクリーチャーをタップして、その攻撃を阻止してよい。 その後、そのドラゴンとバトルする)
ドラゴンとバトルするとき、このクリーチャーのパワーは+6000される。
W・ブレイカー

要するに通常のブロッカーの下位能力である。

  • 勿論、他のブロッカー能力を得ればそちらの能力によってのブロックができる

[性質](・)ブロッカー一覧

《聖清の精霊アムニス》闇ブロッカー《ギリアム》の対
《邪獄ギリアム》光ブロッカー《アムニス》の対
《バウンサー・イール》火・自然ブロッカーDM-05対抗色対策サイクル
《光器サーシャ》(紙版)ドラゴン・ブロッカーメカ・デル・ソルの設定から

公式Q&A

Q.自分のアンタップ状態の《勝利の女神ジャンヌ・ダルク》が、「マッハファイター」を持つ相手の《無双龍幻バルガ・ド・ライバー》に攻撃されました。この時、攻撃されている《勝利の女神ジャンヌ・ダルク》自身の「ブロッカー」を使えますか?
A.いいえ、使えません。クリーチャーが攻撃されている時に、そのクリーチャー自身に攻撃先を変更する能力は使えません。
(総合ルール 507.1a[2]
引用元

Q.バトルゾーンに自分のアンタップ状態の《正義の煌き オーリリア》とタップ状態の《「正義星帝」 <鬼羅.Star>》がいる状況で、相手のクリーチャーが攻撃してきました。
《「正義星帝」 <鬼羅.Star>》の能力で《正義の煌き オーリリア》は「ブロッカー」を得ていますが、この攻撃に対して《正義の煌き オーリリア》の1つ目の能力と「ブロッカー」を同時に使えますか?
A.いいえ、この状況では「ブロッカー」のみ使えます。《正義の煌き オーリリア》がアンタップ状態なので、1つ目の能力は使えません。攻撃先を変更する能力を複数使用する場合は、能力を使うクリーチャーを同時に選ぶ必要があり、かつ、それらの能力がすべて適正に使用できる状態でなければいけません。
(総合ルール 507.1a[2]
引用元

Q.バトルゾーンに自分の《Disジルコン》《デスマッチ・ビートル》がアンタップ状態でいる状況で、相手のクリーチャーが自分に攻撃してきました。その攻撃に対して、まず《Disジルコン》の「ブロッカー」を使い、それに対してさらに《デスマッチ・ビートル》の「ガードマン」を使って、攻撃先をプレイヤーから《デスマッチ・ビートル》に変更できますか?
A.いいえ、できません。プレイヤーへの攻撃に対して「ブロッカー」は使用できますが、「ガードマン」は使用できません。攻撃先を変更する能力を複数使用する場合は、能力を使うクリーチャーを同時に選ぶ必要があり、かつ、それらの能力がすべて適正に使用できる状態でなければいけません。
(総合ルール 507.1a[2]
引用元

Q.バトルゾーンに自分の《勝利の女神ジャンヌ・ダルク》がアンタップ状態で2体いる状況で、相手のクリーチャーが攻撃してきました。
その攻撃に対して、《勝利の女神ジャンヌ・ダルク》2体の「ブロッカー」を使った場合、「ブロックした時」の能力を2体分使えますか?
Aいいえ、1体分しか使えません。「ブロックした時」の能力は、ブロッククリーチャーが指定された時にのみトリガーします。ブロッククリーチャーとして指定されるのは最後に能力を解決した1体のみですので、その1体の「ブロックした時」の能力のみ使えます。
(総合ルール 507.3a[3]
引用元

Q.バトルゾーンに自分の《賢門の精霊ヘブンストライク》がアンタップ状態で2体いる状況で、相手のクリーチャーが攻撃してきました。
この時、自分はその攻撃に対して、《賢門の精霊ヘブンストライク》2体の「ブロッカー」を使えますか?
A.はい、一度の攻撃に対して、2体両方の「ブロッカー」を使えます。ただし、バトルするのは1体のみです。2体の「ブロッカー」を使った場合、《賢門の精霊ヘブンストライク》2体の「ブロッカー」を順番に解決して、最終的に両方の《賢門の精霊ヘブンストライク》がタップされた上で、どちらか片方の《賢門の精霊ヘブンストライク》に攻撃先が変更されます。
(総合ルール 507. 1a[2],507.2[4]
引用元


[1] ただし、『自分のガーディアンが他に1体でもあれば』という条件付き。
[2]
ブロッカーやガードマンなど、攻撃先を変更する能力を使用したい場合、非ターン・プレイヤーはその能力を使用できる1体以上のクリーチャーを選びます。複数体を選ぶ場合は同時に選びます。選ぶクリーチャーは、適正にその能力を使用できる状態でなければいけません。攻撃先を変更する能力を使用するために何らかの条件を必要とするクリーチャーは、その条件を満たせない状態では選ぶことができません。
 例:ブロッカーを持つタップ状態のクリーチャーを、能力を使用するクリーチャーとして選ぶことはできません。
 例:相手のクリーチャーがプレイヤーを攻撃している場合、ガードマンを持つクリーチャーを、能力を使用するクリーチャーとして選ぶことはできません。他にブロッカーを持つクリ ーチャーがいたとしても同様です。
 例:「ブロックされない」能力を持つクリーチャーが攻撃している場合、ブロッカーを持つクリーチャーを選ぶことはできません。
 例:アンタップ状態のブロッカーを持つクリーチャーが攻撃されている状況で、その攻撃されているクリーチャーは、ブロッカーを使用するクリーチャーとして選ぶことはできません。

[3] 「このクリーチャーがブロックした時」という誘発条件を持つ誘発型能力は、その能 力を持つクリーチャー自身がブロッククリーチャーに指定されることで誘発します。
[4]
507.2.選んだクリーチャーの能力を解決します。能力を使用するクリーチャーを複数体選んでいた場合、それらの能力を非ターン・プレイヤーが好きな順番で1つずつ解決していき、結果的に最後に解決した能力によって攻撃先が変更されます。
 507.2a. 最終的に、ブロッカー能力によってその能力を使用したクリーチャーに攻撃先が変更された場合、選ばれたクリーチャーはブロッククリーチャーとして指定されます。「その攻撃」から取り除かれるか、または攻撃終了ステップまで、それはブロッククリーチャーであり続けます。
  例:2体のクリーチャーのブロッカー能力を使用した場合、最後に効果を解決した1体のみがブロッククリーチャーになります。
  507.2b. 最終的に、ブロッカーではない能力(ガードマン等)によってその能力を使用したクリーチャーに攻撃先が変更された場合、選ばれたクリーチャーはブロッククリーチャーではありません。
  507.2c. ブロッククリーチャーにブロックされた攻撃クリーチャーは、「ブロックされたクリーチャー」になります。ブロッククリーチャーが存在しないクリーチャーは「ブロックされなかったクリーチャー」になります。「その攻撃」から取り除かれるか、または攻撃終了ステップまでそのままの状態であり続けます。それをブロックしたクリーチャーが「その攻撃」から取り除かれたとしても、ブロックされたクリーチャーはブロックされたままです。