ビートジョッキー

DMRP-01で登場した種族
同時期に登場した他種族同様、種族内で明確な階級社会が構成されており、大きく以下の階級に分けられる。かつそれぞれの階級は別種族とも思えるほどに容姿や命名ルールにおいて分断されている。
多種族冠詞は「爆衆」。

「猿人」

「チーム」を結成し戦う猿型ビートジョッキー。
命名ルールは「〜 “○○○” 〜」が基本形で、〜にカタカナ、○にアルファベットの大文字が入る。読み方は当て字。

ドープ “DBL(ダブル)" ボーダー SR 火文明 (4)
クリーチャー:ビートジョッキー 4000+
スピードアタッカー
このクリーチャーがバトルに勝った時、アンタップし、そのターン、このクリーチャーのパワーを2倍する。その後、相手のシールドを1つブレイクしてもよい。
このクリーチャーが破壊される時、かわりに自分の他のクリーチャーを1体破壊してもよい。

「炎ネズミ」

他階級のサポート役のネズミ型ビートジョッキー。
命名ルールは「〜・チュリス」〜部分が炎ネズミの名前。G・G・G持ちの場合は「"○○○"・ララッタ」となる。
フレーバーテキストで「〜ッス」口調で話す。
名前に「リス」が入っているが、これは「リス(栗鼠)」には「木ネズミ」という呼び名もあるため、モチーフにはリスも含まれているものと思われる。

ダチッコ・チュリス R 火文明 (2)
クリーチャー:ビートジョッキー 2000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、このターン次に召喚する自分のビートジョッキーのコストを最大3少なくしてもよい。ただし、コストは0以下にならない。

「戦車」

ビートジョッキーがグランセクトの植物兵器を「見よう見まね」で作った乗り物型ビートジョッキー。
チュリスたちが動力となる、人力ならぬネズミ力戦車。
命名ルールは「カタカナ語(擬音であることが多い)+乗り物+チュリスの名前」。

ガンザン戦車 スパイク7K SR 火文明 (6)
NEOクリーチャー:ビートジョッキー 7000+
NEO進化:自分の火のクリーチャー1体の上に置いてもよい
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンにある自分のクリーチャーは、それぞれ次のうちいずれか1つの能力を得る。
►このターン、そのクリーチャーのパワーは+5000され、シールドをさらに1つブレイクする。
►このターン、そのクリーチャーのパワーは+2000され、アンタップしているクリーチャーを攻撃できる。

ワンダフォース

超天篇で登場したクリーチャーのうち、GR召喚する能力を持つものは爆竹やミサイルといった爆発物、近代兵器がモチーフとなっている。
命名ルールは「アルファベット+名前」。基本的にアルファベット部分は日本語のローマ字読みが多く、また高レアでは一部の文字は伸ばして読まれる傾向にある。

BAKUOOON・ミッツァイル SR 火文明 (9)
クリーチャー:ビートジョッキー/ワンダフォース 9000
このクリーチャーを召喚する時、自分のクリーチャーを好きな数破壊してもよい。こうして破壊したクリーチャー1体につき、このクリーチャーの召喚コストを2少なくする。ただし、コストは0以下にならない。
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、このクリーチャーを召喚する時に破壊されたクリーチャー1体につき、GR召喚する。
自分のクリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。
※殿堂入り

GRクリーチャー

ビートジョッキーのGRクリーチャーは既存のクリーチャーがカートゥーン風にアレンジされたものとなっている。また、お菓子の意匠があるものが多く、非常にコミカル。
命名ルールは「元クリーチャーの名前の一部の繰り返し」。
《“魔神轟怒”ブランド》《アカカゲ・レッドシャドウ》など例外あり。

ドドド・ドーピードープ SR 火文明 (4)
GRクリーチャー:ビートジョッキー/ワンダフォース 7000
W・ブレイカー
このクリーチャーが攻撃する時、手札を2枚捨てる。

チームボンバー

チームボンバーを併せ持つ火または/火多色ビートジョッキーはウサギの姿をしている。《チューカツ・チュリス》曰く「あこがれのエリート集団」。
命名ルールは高レアなら「○○○(アルファベット)・×××(カタカナ)」。ワンダフォースのそれと同じく、一部の音は伸ばされて読まれる。
レア以下は「U・S・A・○○」。

U・S・A・HOOD R 光/火文明 (5)
クリーチャー:ビートジョッキー/チームボンバー 5500
自分のクリーチャーがバトルゾーンに出た時、それがこのターン自分がバトルゾーンに出した2体目のクリーチャーなら、カードを1枚引く。
<マジボンバー>5(このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目を見る。その後、コスト5以下のクリーチャーを1体、自分の手札または山札の上から、バトルゾーンに出してもよい)

レインボーの力を得たことで、《FENIXXX・グローリ》のような単色のビートジョッキーも登場した。

レクスターズ

レクスターズに所属するビートジョッキー。
猿人やチュリスに加え、《U・S・A・BOX》などチームボンバーとイラストや名称ルールに共通点を持つクリーチャーも多く、チームボンバーが抜けて代わりにそのままレクスターズが入ったような形である。

アッポー <ヴァルボ.Star> UC 火文明 (3)
スター進化クリーチャー:ビートジョッキー/ヒューマノイド/レクスターズ 6000
スター進化:レクスターズまたは火のクリーチャー1体の上に置く。(このクリーチャーが離れる時、かわりに一番上のカードが離れる)
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)

  • B・A・Dを持つものは「猿人」か否かにかかわらず名前に“○○”(漢字2字で、英単語のもじり)と入り、イラストに目玉のようなデザインのついた歯車が描かれている。
  • G・G・Gを持つものは名前に「“○-●”」(○:アルファベット1字と●:漢字1字で、読みは英単語をもじったもの)と入り、イラストに時計の針のようなデザインのついた歯車が描かれている。

  • 他の新章種族と違い、《ダチッコ・チュリス》フレーバーテキストで解説されたとおりに最初から3階級揃っており、かつDMRP-08まで追加の階級も存在しなかったため、誰がどの階級に属しているかが非常にわかりやすい。マスターまで3階級から全くはみ出ていないのは珍しい。

ビートジョッキーに関連する能力を持つカード

参考