レクスターズ

DMSD-17にて登場した種族。
背景ストーリーにおいてディスペクター及びディスタスと敵対関係にある。

ボルシャック・大和・モモキング KGM 火文明[ジョーカーズ] (6)
スター進化クリーチャー:ジョーカーズ/アーマード・ドラゴン/レクスターズ 7000+
スター進化:レクスターズまたは火のクリーチャー1体の上に置く。(このクリーチャーが離れる時、かわりに一番上のカードが離れる)
パワード・ブレイカー(このクリーチャーは、そのパワー6000ごとにシールドをさらに1つブレイクする)
このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から2枚を墓地に置く。その2枚のコストの合計よりコストが小さい相手のクリーチャーを1体破壊する。
攻撃中、このクリーチャーのパワーを、自分の墓地にある火のカード1枚につき+2000する。

非進化クリーチャーのほとんどは完全新規のクリーチャー。
一部の非進化クリーチャーは十王篇のチーム側のクリーチャーとイラストや命名ルールに共通点が見られ、チームに属していた主種族(ジョーカーズメタリカビートジョッキーマフィ・ギャングトリックス)のチーム種族が抜けて代わりにそのままこの種族を持っているような形となっている。
いずれも非進化レクスターズ独自の命名ルールはない。
DMRP-17時点で通常の進化クリーチャーはいない。

スター進化クリーチャージョー編の世界のクリーチャーが勝舞編勝太編クリーチャーから力を分け与えてもらって誕生したクリーチャーとなっている。身にまとっている英雄の種族も複合している。
命名ルールは《A(現代[1]のクリーチャー) <B(過去[2]の英雄名を短縮したもの).Star>》となっている。(例:《「正義星帝」 <鬼羅.Star>》
例外はキングマスターカードのスター進化クリーチャー。

必ずしもチーム側の主種族のみがレクスターズを持っているわけではなく、十王篇では敵陣営の美孔麗王国の主種族であったムートピアや、不死樹王国の主種族だったグランセクトもこの種族を持っている。
その為、実際にはジョー編から登場したメイン種族が全て持っていることになる。
また、侵略者五大王などかつて明確な悪役(敵陣営)であったクリーチャーもレクスターズの対象となる事もある。《凶鬼77号 ビムナム》のような危険思想だったとしても、歴史を冒涜していることに怒りを覚えればレクスターズとなるようだ。
また、火文明のみジョー編のメイン種族でないファイアー・バードとの複合非進化クリーチャーが存在する。

種族固有の能力として、スター進化及びシンカパワーが存在する。

  • 種族の意味は、rex(王、君主)+star(s)(英雄的な意味合いか、スターシステムのスターか、あるいはダブルミーニング)と思われる。また、過去のクリーチャーの力を借りる(=過去のクリーチャーから教えを乞う)という意味でレクチャー(講義、授業)の意味も含んでいる可能性もある。
  • イラストの共通点としては、各文明・勢力ごとに縫い目のように連なった独特の模様がある。特に水・火・自然は文明のシンボルに近い。
    ダイヤモンドマークが連なった形
    波線の凹部分に点がある
    茨のように棘模様が互い違いに出た形
    直角に蛇行する線
    自然文明のシンボルを思わせる交差したジグザグの線
    モモキング・モモダチ三日月や花びらを思わせる形
  • 敵陣営が多色であることに対し、こちらは主に単色(一部2色で構成された多色を含む)で構成されている所は、エピソード1ハンターを彷彿とさせる。

レクスターズに関連する効果を持つカード

参考


[1] 新章期以降
[2] 革命ファイナル期まで