《チューカツ・チュリス》

チューカツ・チュリス C 火文明 (4)
クリーチャー:ビートジョッキー 6000
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)

DMRP-13で登場したビートジョッキー

準バニラだが、単色4コスト非進化で何のデメリットもない無条件のW・ブレイカーは珍しく、コスト論的には破格のスペックと言える。基礎パワー6000以上という条件を加えれば史上初のカードである。

しかし、コスト論がオーバーしているからと言って所詮は準バニラ。《“罰怒”ブランド》《龍の極限 ドギラゴールデン》《轟く侵略 レッドゾーン》のような3,4ターン目に大型クリーチャーがバンバン飛んでくるこのご時世に、活躍は難しい。

4コストで疑似W・ブレイカーに加えてスピードアタッカーラスト・バーストまで持っている《ゴリガン砕車 ゴルドーザ/ダイナマウス・スクラッパー》が既に存在するのも痛いところ。

それでも、場持ちは4コストにしては良いのでシールド戦では採用圏内。

  • フレーバーテキストに記載されているお祈りとは、就職活動から生まれた俗語で不採用を意味する。
    不採用通知において「これからの活躍をお祈りします」などといった文面で締められることに由来する。
  • 《就職男》フレーバーテキストに登場している「求人トラックの怪」に騙されてしまっている。その後、彼がどうなったのかは現時点では不明。次登場するとしたら凶鬼になっていることだろう。

サイクル

DMRP-13で登場したバニラおよび準バニラサイクル。過去のカードと比べてすべてパワーが底上げされている。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMRP-13
    はあ、毎日毎日お祈りばかりッス……これじゃ、あこがれのエリート集団U・S・Aに近づくのも夢のまた夢か……ん? 「高収入のお仕事あります」……? よし、いっちょやってみるッス! ― チューカツ・チュリス

収録セット

参考