DMBD-18 「レジェンドスーパーデッキ 神歌繚嵐(しんかりょうらん)

2021年11月20日発売。全24種51枚。価格は7500円(税抜)。
青赤緑のデッキとなっている。

DMBD-15で好評を博したレジェンドスーパーデッキシリーズの第2弾。
かつて環境で活躍し現在ではプレミアム殿堂となっている《エンペラー・キリコ》《蒼狼の始祖アマテラス》をリメイクした大型展開デッキとなっている。
フレーバーテキストは、現実の大会に沿ったDMBD-15とは異なり、オリジンの誕生及び王来篇に関わる背景ストーリーに沿ったセットとなっている。

デッキ、改造パーツ、限定スリーブ、ブラックエクストラカード、ストレージボックスがセットになっている。
ブラックカードはデッキカードのどれか1枚をランダム封入。
限定スリーブは全20種類からランダム封入。スリーブの絵柄はこれまでの20年の各シリーズ第1弾パッケージ。

新規カードは

収録カード

メインデッキ

改造パーツ

ブラックエクストラカード(全10種中1枚封入)

参考


[1] 《蓄積されたハンド》にて示唆されていた