《フェアリー・ギフト》

フェアリー・ギフト UC 自然文明 (1)
呪文
このターン、次に召喚するクリーチャー1体のコストを最大3少なくしてもよい。ただしコストは1より少なくならない。
※殿堂入り

DM-14で登場した自然呪文

次に召喚するクリーチャーコストを3少なくする効果を持つ。

通常、この呪文唱えるために1マナ支払う必要があるため、実質的に手札を捨てることで2コスト軽減する効果だと言える。手札消費こそ激しいが、大きくテンポアドバンテージを稼げる強力なカードである。

手札消費が激しく、マナが貯まった後半では腐りやすいという性質から、潤沢な手札が確保できるデッキ、または速度を最も重要視するデッキで使われる。

単純なマナブーストに比べると爆発力がある分癖も強いため、使い手のプレイングデッキビルディングの腕が問われるカードである。

ルール

他のカード・デッキとの相性

環境において

登場初期は緑単の核として、《クラウド・メイフライ》《レベリオン・クワキリ》などを2ターン目に召喚するために使われた。

エピソード1以降、《サイバー・N・ワールド》《超電磁コスモ・セブ Λ》《次元流の豪力》と相性の良いカードが多く登場し、一躍環境キーカードとして注目された。

これにより、3ターン目に《勝利のリュウセイ・カイザー》を安定的に場に出すことができた(>【ギフトミランダ】【ギフトカモン】)。ある意味、《次元流の豪力》《カモン・ピッピー》の両者をプレミアム殿堂殿堂入りに追い込んだ元凶である。

革命編環境では《メガ・マナロック・ドラゴン》という相性の良いカードを見つけたが、革命ファイナル期中盤で殿堂入りに指定されるまでの間、必ずしもこのカードが一緒のデッキに入るとは言い切れなかった。【モルト NEXT】ではマナ加速で、【赤黒ドギラゴン剣】ではコスト軽減獣で継続的なアドバンテージを取ることができたためである。

早期に出すと凶悪な性能を発揮するクリーチャーが増えたためか、2016年9月15日付でこのカード自体も殿堂入りとなった。なお、《次元流の豪力》は同日付でプレミアム殿堂となった。

《スクランブル・チェンジ》殿堂入り後は、フィニッシャーを早出しする旨味を知ったプレイヤーの多くが《スクランブル・チェンジ》と2枚体制にするようになった。

《スクランブル・チェンジ》殿堂入り時点では、《異端流し オニカマス》の存在によって革命0トリガーが比較的軽視されており、【緑単ループ】ビートジョッキーなど防御札がほとんどない速度を最優先したデッキが主流化していたため、《超戦龍覇 モルト NEXT》《闘将銀河城 ハートバーン》を呼び出してワンショットするだけで案外相手を簡単に仕留めることができた。そのため、とりあえず早出しができるこのカードが再評価されたということである。

その他

  • Dramatic Card版には「妖精たちよ!恵みの力を!」と書かれてある。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考


公式Q&A

Q.《フェアリー・ギフト》を2回唱え、残りの使えるマナは自然の1マナだけです。この状態で《タケノコ道中ヒアウィ号》を召喚する場合、最大何回分「バズレンダ」の追加コストを支払えますか?
A.3回です。《フェアリー・ギフト》の効果はバズレンダの追加コストにも適用されるので、《タケノコ道中ヒアウィ号》の元のコストである4に、追加コスト3回分を足した合計7コストから、《フェアリー・ギフト》で6コスト分少なくできます。
引用元