《スカイ・ジェット》

スカイ・ジェット R 火文明 (5)
クロスギア
これをクロスしたクリーチャーは「パワーアタッカー+4000」を得る。
このカードがどのクリーチャーにもクロスされていない時、バトルゾーンにあるクリーチャーはすべて「スピードアタッカー」を得る。

DM-16で登場したクロスギア

エキスパンションに収録されたバトルゾーンジェネレートするだけで効果を発揮するクロスギアの一つ。
文明らしくすべてのクリーチャースピードアタッカーを与える能力になっている。

これをジェネレートすれば味方を全てスピードアタッカーにして一気にビートダウンできる。しかし、相手のクリーチャースピードアタッカーを得るため扱いが難しい。

積極的に使用するならば出来る限り1ショットキルを狙いたい。
侍流ジェネレート能力を持ったクリーチャーによって出すと、同時に出したクリーチャースピードアタッカーにできる。特に《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》とのシナジーは強力。

もしくは相手に攻撃させてS・トリガーをプレイしたり、《憎悪と怒りの獄門》と組み合わせてみると面白い。クロスしたときの能力スピードアタッカー解除のためのおまけと思ってもいいが、相手のブロッカーを乗り越えるときに役に立つことがあるかもしれない。

爆発力を秘めたカードなので上手く使いこなしたいところである。

後に、新たなギミックであるD2フィールド《チキチキ・JET・サーキット》が登場する。スピードアタッカーを付与するカードとしての使い勝手は、コストが1軽く相手には干渉しないそちらに軍配が上がるため、やはりクロスギアである点を生かしたいところ。

サイクル

DM-16クロスした時としていない時で別の効果が出るクロスギア

収録セット

参考