解体人形(かいたいにんぎょう)ジェニー》

解体人形ジェニー C 闇文明 (4)
クリーチャー:デスパペット 1000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手の手札を見てその中から1枚選び、捨てさせる。

DM-16で登場したデスパペット

cipで相手の手札ピーピングして、その中からカードを1枚選び捨てさせる

文明が入るデッキでは、コントロールビートダウン問わず非常によく使われる1枚。登場当初から幅広いデッキで活躍を続けている。
4コストクリーチャーでありながらもピーピングハンデスを放てるのはかなりのコストパフォーマンスである。

3、4ターン目は中盤の非常に重要なポイントであり、そこでつなぎとなるマナブーストドローなどを捨てさせれば手痛いテンポロスを与えることが出来る。相手の動きのキーカードとなるものを叩き落とせればダメージも大きい。
ビートダウン相手には超次元進化クリーチャーを落とせば、中盤の攻め手を減らしたりなくしたりできるだろう。他、除去を抜き取って、自分のアタッカーフィニッシャーを守るという使い方もある。
終盤では《光牙忍ハヤブサマル》などのシノビを抜き取ったり、相手が出そうとしていたフィニッシャーコンボパーツを捨てさせるなど出来る。後半のワンショットに賭けたビッグマナコンボデッキには手痛い一撃となるだろう。

以上のように、タイミングや相手のデッキタイプにかかわらず有効に働くので極めて腐りにくい。また、相手が事故を起こしている時やキーポイントなどでは致命的一撃になることも多く、非常に強力なカードと言える。

純粋にアドバンテージを奪うだけでなく、ピーピングによる相手のデッキタイプ手札状況の確認が出来るのも言及すべき点であろう。それに応じて、プレイング構築すれば相手の一手先を行くことが出来、後々大きなアドバンテージにつながる。

コスト4と軽いため、マナブースト一撃奪取・虹彩奪取から2→4の流れで綺麗に繋げられることも高く評価されている。もちろん、普通にチャージして4ターン目に出しても十分に仕事をしてくれる。

ウィニーであるためサルベージリアニメイトが簡単なのも恐ろしい点。《地獄門デス・ゲート》などを通して何度も現れ、相手の手札を骨抜きにしてしまう。だからと言って下手に盤面に残しておくと、特有のスーサイドや、進化革命チェンジの種にされてしまうため非常に厄介。

cipが強力であり出た時点で十分な仕事をするため、コスト踏み倒しコスト軽減に対するメタによって除去されても痛手にならない点で、それらには非常に強い。特に《ヘブンズ・フォース》で踏み倒せば侵略革命チェンジによる高速ビートダウンにおけるキーカードを、それらの始動速度に間に合う形で引き抜ける。

種族デスパペットであり、《不死帝 ブルース》《超神星プルート・デスブリンガー》《無双恐皇ガラムタ》《奇術王エンドレス・パペット》などから多くの種族的なメリットを得ることができる。特にハンデスアドバンテージをさらに広げる《奇術王エンドレス・パペット》とは非常に相性が良い。

総じて序盤から終盤まで活躍する、文明屈指の高スペックカードだと言えるが、マッハファイター能力の起点にされてしまうデメリットや、《解罪 ジェ霊ニー》《密かで華麗なるカイタイ》といった優秀なハンデスカードの登場により以前ほど万能なカードではなくなってしまった。
しかし、単色であること、場に残るクリーチャーであること等、それらとの差別化点は存在するため、このカードの強みをしっかりと活かせるようなデッキに採用してやりたい。

また、ハンデス強制なため、相手の手札マッドネスのみの場合でも、いずれかを必ず選ばなければならない。

環境において

DM-16で登場。先に《パクリオ》が登場しており、【白青黒赤ライブラリアウト】【バジュラズブルー】ではあちらが猛威を奮っていたが、こちらは《アクアン》で拾うことができシールドも増えないため、【除去バジュラズ】のようなフィニッシュを攻撃に頼るデッキではこちらも重用された。《ディメンジョン・チョーカー》《凶星王ダーク・ヒドラ》で回収される恐れもあったが、前者を搭載する【ボルバル】系デッキはマナに逃されやすいドラゴンより強力な呪文ハンデスすることが肝要であり、後者に関しては種族デッキ自体が下火であった。
《無双竜機ボルバルザーク》プレミアム殿堂入りしてからも、【茄子サファイア】【除去サファイア】【除去ガーディアン】など黒入りのデッキで盛んに投入された。

ビートダウンコントロール問わず高い需要を誇っていたが、戦国編ニンジャ・ストライクが登場し、その評価は鰻登りとなった。

《スケルトン・バイス》プレミアム殿堂してこのカードと《パクリオ》への需要が増した。こちらもとその強力さと汎用性から頻繁に殿堂入り候補と名の挙がるカードであったが、免れ続けていた。この点は、類似性能の《パクリオ》の存在が大きかったのかも知れない。

エピソード2環境では《墓守の鐘ベルリン》の合うデッキにおける必須クラスのシステムクリーチャーとして位置付けられていたが、にもかかわらず積極採用されていた辺りからこのカードの強力さを察することができる。

ドラゴン・サーガ環境最初期のDMD-17期には【ミステリー・キューブ】にすら投入されており、これを入れた構築がチャンピオンシップ4位以内入賞を果たすこともあった。ファッティで固めなければいけないデッキにすらも投入されるあたり、このカード汎用性のほどがうかがえる。

革命編環境から革命ファイナル環境にかけては《復讐 ブラックサイコ》の進化元としての個性が生まれた。

いつの時代も安定して使われた基本カードであったが、【青黒緑デッドダムド】が成立したDMBD-09DMBD-10期になると、若干評価を下げた。
このころになると《虹速 ザ・ヴェルデ》などのマッハファイターの起点にされる点が目立つ。「クリーチャーへの攻撃の踏み台にならないハンデス」としては《解体事変》も登場しており、さらに後にターンの終わりに自壊できる《解罪 ジェ霊ニー》も出てしまったので、ここに来てクリーチャーが残ることが邪魔になってしまった。

その後は、長らく環境で姿を見せなかったが、2021年初頭からオリジナルフォーマットで、【青黒緑デッドダムド】にて再び採用されるようになった。オリジナルでは使えない《解罪 ジェ霊ニー》《無修羅デジルムカデ》の枠を入れ替える形で《絶望と反魂と滅殺の決断》と共に投入された。
しかし、【デッドダムド】がオリジナル環境に増えたことによって再び《虹速 ザ・ヴェルデ》の的になるデメリットが目立つようになってしまい、採用されないケースも見られるようになった。ミラー意識で採用されていた超天篇当時と異なり、《禁断機関 VV-8》殿堂入りによりミラーの《VV-8》を捨てさせるという役割が薄れたことや、リソース補充能力に優れた《ウマキン☆プロジェクト》の登場でピーピングハンデス1枚程度では試合を動かせなくなったこと等も影響している。

他カードとの比較

イラストフレーバーテキストについて

  • DMX-12では、新イラストとMODE→CHANGEの二種類が収録された。新イラストを担当したのは、漫画家のうさくん氏。今までのジェニーとは雰囲気の異なるイラストに、驚いた人も多いと思われる。成人誌のCOMIC LOなどで活動する氏だが、別に卑猥なイラストではない(本人談)。

その他

  • 2011年7月号のコロコロコミックの付録において、DMR-01で設定上同一人物とされる《特攻人形ジェニー》の存在が明らかになった。その際、このクリーチャーが「殿堂入りするほど強い」と称されていたものの、結局2011年6月24日付の殿堂入りカードのリストにジェニーの姿はなかった。このように、昔からずっと殿堂入りが囁かれ続けているが、未だに殿堂入りしていないカードの一つでもある。
  • スマートフォンアプリゲーム「パズル&ドラゴンズ」では、コラボガチャに登場するクリーチャーとして出演した。スキル名は「カットちゃんお願い」、リーダースキル名は「イタズラしちゃうわよ」。また、イラストはDMX-24のハロウィン仮装イラストに準拠している。

デュエル・マスターズ プレイスでは

解体人形ジェニー UC 闇文明 (4)
クリーチャー:デスパペット 1000
バトルゾーンに出た時、相手は自身の手札から最もコストの大きいカード1枚を捨てる。(複数あるなら、その中からランダムに1枚)

TCG版と違いレアリティアンコモンに上がり、ピーピングハンデスが出来なくなり弱体化されている。それでも相手によってはランダムハンデスより強力なハンデスではある。

《聖霊王アルファディオス》《クリスタル・ツヴァイランサー》《邪霊神官バーロウ》《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》といったフィニッシャーはもちろん、《ロスト・ソウル》《無双竜機ボルバルザーク》等キーとなる高コストカードを使われる前にピンポイントで処理できるので、それらが流行している場合はメタとして機能させやすい他、《腐敗電脳アクアポインター》等厄介な中コストクリーチャーが手札の最高コストである状況も多く、それらを引き抜くことで大きく相手のテンポを乱すことができる。
また、相手手札の最高コストカードが判明するため残りの手札の内容がある程度予測ができるようになる。こういった細かい情報の積み重ねが試合を有利に進める鍵になる。

明確な弱点としてデュエプレには、コストが重く採用率の高いマッドネスである《緑神龍アーク・デラセルナ》《メテオキャノン・ドラゴン》が存在するのが向かい風か。
尤も、ジェニー以下の低コストハンデスの多くもナーフの結果セルフハンデスになっているため、このカードに限った弱点という訳ではないが。

また、《悪魔神ドルバロム》には《邪霊神官バーロウ》リアニメイトに利用される場合がある。
とはいえ、相手の《バーロウ》をハンデスできた場合は有効なため、相手の手札を想像しながら使用したい。

メインストーリーでは、よく似た姿をしたJJ(CV.飯田ヒカル)というキャラクターが登場している。

  • JJの勝利セリフが「やった、大勝利だねカットちゃん!」敗北セリフが「うぅ…次はバラバラにするんだから…」であり、関連を匂わせている。コッコ・ルピコに次ぐ、カードイラストが人物化したキャラクターでほぼ間違いないだろう。
  • しかしJJと《解体人形ジェニー》(CV.ふじたまみ)の声優は別となっている。
  • プライズ版はクリスマス衣装のJJであり、CVも同じ。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DM-16DMC-42
    「ねえカットちゃん、次は何をバラそうかしら?」「ウケ、ウケケケケケー」――解体人形ジェニー
  • DMX-01
    ほんと小悪魔な女の子だね。いや、小悪魔どころじゃなくない?ウケケ――カットちゃん
  • DMX-03
    「へぇ、意外といいモノ持ってるのね。」――解体人形ジェニー
  • DMX-12(b100/???・MODE→CHANGE
    薔薇って耽美じゃない?――解体人形ジェニー
  • DMX-12(b101/???)
    はぅぅ、しあわせぇぇ!――解体人形ジェニー
  • DMX-14
    フフフ、そう、思い通りにはならないのよ、フフフフフフフ。――解体人形ジェニー
  • DMD-24
    あなたの全てを丸裸にしてあげる。ね、カットちゃん。 ---解体人形ジェニー
  • DMX-20
    使われて一番嫌なカードを墓地に叩き込んでやれ!
  • DMX-24
    キミの手札にイタズラしちゃうわよ。 ---解体人形ジェニー
  • DMSP-01
    防御力を上げる方法はトリガーだけじゃない!相手の手札から切り札を捨てさせて有利になれ!
  • DMEX-04
    男の人って、すぐ拳で語り合うけど、アタシとカットちゃんはその前に切りつけちゃうのよね、アハハ。 ― 解体人形ジェニー
  • プロモ(P66/Y19)
    あら、この髪型可愛いわね。次のお気に入りが見つかったら、この髪型にしてあげましょう。文句? ……そうね、でも、気に入らなかったとしても、その時にはもう、口が動かせるはずもないもの。そうよね、カットちゃん? クスクスクス……。 ― 解体人形ジェニー
  • DMPP-06
    「ねえカットちゃん、次は何をバラそうかしら?」 ――解体人形ジェニー
  • DMPP-06
    これから始まるイタズラ、それが私からのクリスマスプレゼントよ! ――JJ

収録セット

デュエル・マスターズ

デュエル・マスターズ プレイス

参考