鬼タイム

十王篇で登場した能力。

<鬼タイム>自分と相手のシールドの数が合計6つ以下なら、X
鬼ヶ覇王 ジャオウガ KGM 闇/火文明 (10)
クリーチャー:デモニオ/鬼札王国 17000
<鬼タイム>自分と相手のシールドの数が合計6つ以下なら、このクリーチャーの召喚コストを5少なくする。
スピードアタッカー
T・ブレイカー
このクリーチャーは、召喚されたターン、バトルゾーンを離れない。
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、クリーチャーをすべて破壊する。

各プレイヤーのシールドが合計6つ以下になると効果が発生する能力。

《斬斬人形コダマンマ》など、シールド回収できるウィニーとは相性がいいと言え、ビートダウンで共に投入を検討するのもいいかもしれない。

  • 設定的には鬼札王国の固有の必殺技とされている。
    互いのシールドの枚数で能力が発動、という点では「革命」と「侵略モード[1]」の折衷した能力と言える。
  • 飛躍的に性能が向上するので積極的に狙っていきたいが、それは相手の鬼タイム発動も意味する。ミラーマッチの際はシールドを減らすタイミングが重要になる。

参考


[1] アニメでの表現。侵略者に多く見られる、相手の盾が2枚以下で発動する能力