鬼札王国

DMRP-13にて登場し、十王篇でフィーチャーされた種族
文明に属する特殊種族

背景ストーリーでは、龍頭星雲を通じて幾億光年の彼方から襲来した存在らしい[1]

鬼ヶ覇王 ジャオウガ KGM 闇/火文明 (10)
クリーチャー:デモニオ/鬼札王国 17000
<鬼タイム>自分と相手のシールドの数が合計6つ以下なら、このクリーチャーの召喚コストを5少なくする。
スピードアタッカー
T・ブレイカー
このクリーチャーは、召喚されたターン、バトルゾーンを離れない。
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、クリーチャーをすべて破壊する。
襲来、鬼札王国! R 闇/火文明 (6)
呪文:鬼札王国
S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
次のうちいずれか1つを選ぶ。
►相手のコスト8以下のクリーチャーを1体破壊する。
►コスト8以下のクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。
<鬼タイム>自分と相手のシールドの数が合計6つ以下なら、1つのかわりに両方選んでもよい。

鬼タイムという固有の能力を持つ。

命名ルールは「「○○(漢字二文字)」の鬼 ××(カタカナ)□(漢字)」、「××入道」、「××童子」、「××変怪」など。

主にデモニオ種族が複合しているが、アーマロイドメルト・ウォリアーヒューマノイドアーマード・ドラゴンなど懐かしの種族も多数存在する。

呪文サブタイプとしても存在しており、現在判明している鬼札王国呪文は全てS・トリガーを持っている。

参考


[1] 《コクヨウ童子》フレーバーテキストによる。
[2] 神化編での敵勢力であるオリジンは、前シリーズ戦国編のラスボス《暗黒皇グレイテスト・シーザー》の活動が原因で開いた「時空の裂け目」を通って過去世界から襲来した。鬼札王国が現れた「龍頭星雲」も、十王篇の前シリーズである超天篇のラスボス《零龍》に関わる概念である。