キーワード能力(のうりょく)

  1. 固有名詞で表される(名前がついている)能力、またはその名前のこと。
  2. 1.のうち、能力語と呼ばれるものを除いた、「そのキーワードだけで処理が決定する」能力のこと。

公式での用法は1.[1]だが、このページでは2.について説明する。


↓目次

固有名詞で表され、カードごとに違いもない能力のこと。

例えば、テキストに「W・ブレイカー」とあるだけで、「このクリーチャーシールドを2つブレイクする」という能力を表す。

基本的には注釈文能力の中身が書かれるが、省略されることもある。省略されてもされなくても効果は同じである。

  • 同じく能力に名前を持つ能力語と異なり、単体でルール上意味を持つ。
    キーワード能力と能力語の区別の仕方は、「注釈文が無くてもその能力が機能するかどうか」である。
    • 例えばスピードアタッカーはキーワード能力である。「スピードアタッカー」を持つクリーチャーは、「(このクリーチャーは召喚酔いしない)」という注釈文が書かれていなくても、召喚酔いしない。
    • 例えばG・ゼロマナ武装能力語である。マナ武装のみがテキストに書かれていても、「どんな条件を満たしたら何がおきるのか」が分からないからである。
  • 覚醒能力語解除はキーワード能力、と考えれば覚えやすいかもしれない。
  • キーワード能力の種類によっては、引数(対象や数値などの指定)を伴うことがある。
    • 例えば革命チェンジの場合、革命チェンジの対象にできるクリーチャーの条件が書かれている。

キーワード能力一覧

ブレイク系

メジャーなもの

マイナーなもの(登場順)

基本セット

闘魂編

聖拳編

転生編

不死鳥編

極神編

戦国編

神化編

覚醒編

エピソード1

エピソード2

エピソード3

ドラゴン・サーガ

革命編

革命ファイナル

新章デュエル・マスターズ

双極篇

超天篇

十王篇

王来篇

参考


公式Q&A

Q.《界王類絶対目 ワルド・ブラッキオ》によってトリガーしなくなるのは、どのような能力ですか?
A.クリーチャーが持つ、そのクリーチャー自身がバトルゾーンに出ることでトリガーする能力です。
「このクリーチャーが出た時」や「このクリーチャーが召喚によって出た時」で始まる能力など、「出た時」にトリガーすると書かれている能力に加え、「ジャストダイバー」「ファイナル革命」「禁断スター進化」、クリーチャーが持つ「バズレンダ」などのキーワード能力も該当します。《界王類絶対目 ワルド・ブラッキオ》の置換効果は、それらの能力をトリガーさせません。
引用元(2021.11.19)

Q.バトルゾーンに相手の《地封龍 ギャイア》がいます。この状況で自分が「ジャストダイバー」を持つクリーチャーを出す場合、そのクリーチャーは出るかわりにマナゾーンに置かれてしまいますか?
A.はい、マナゾーンに置かれます。「ジャストダイバー」のように、注釈のテキストが「このクリーチャーが出た時」で始まっている能力を持つ場合にも、《地封龍 ギャイア》の置換効果が適用されます。
引用元


[1] 2021.11.19付のQ&A(引用元を参照。能力語とされるファイナル革命が、ジャストダイバーバズレンダとともに「キーワード能力」として挙げられている