《ひみつのフィナーレ!》

ひみつのフィナーレ! P 水/闇/火文明 (7)
呪文
S・トリガー
相手は、自身の山札の上から1枚目を墓地に置く。そのカードがクリーチャーなら、相手のクリーチャーを1体破壊する。呪文なら、自分がコストを支払わずに唱えてから持ち主の墓地に置いてもよい。クリーチャーでも呪文でもない場合、クリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出してもよい。

DMEX-08で登場した//呪文

S・トリガーを持ち、相手に山札の上から1枚目を墓地に置かせることができる。そのカードがクリーチャーなら相手クリーチャー1体破壊呪文ならそれを横取りして唱え、それ以外なら制限無しでクリーチャー1体を墓地からリアニメイトする。

相手依存の能力ではあるが、墓地に落としたカードが何であれ、何かしらの効果は発生する。
ツインパクトを落とした場合は、破壊と呪文面の詠唱の両方を行うことができる。オーラフィールドなどのその他のカードタイプだった場合は制限のないリアニメイトが行えるので、場合によってはS・トリガーらしからぬ膨大なアドバンテージが得られることも。

逆に、この呪文自体のコストが重いため、手打ちした場合は、相手がツインパクトオーラ主体のデッキでない限り、コスト以上のリターンは期待できない。特に呪文詠唱は《フェアリー・ライフ》のような軽量呪文が唱えられてしまう事もありうる。
やはりS・トリガーで引き当てたり、コスト踏み倒しで唱えることを前提に使いたい。

手札に来た場合は、よほどのことがない限り、早急にマナゾーンへ送るべきだろう。幸い貴重な三色カラーなので、デッキのマナ基盤として役立つ機会は多い筈。

ルール

他のカード、デッキとの相性

環境において

DMEX-08期には【4色ドッカンデイヤー】の防御札としてチャンピオンシップ優勝の実績を残した。相手が【4色ドッカンデイヤー】の場合はハズレが2コストマナブースト5枚程度しかないため、環境を考えると信頼度が高い。相手が【青赤緑バーンメアジョーカーズ】の場合もハズレが10枚程度で済み、残りの30枚程度がクリーチャーであるため、やはりこのカードが役に立ちやすい。

DMSD-14DMSD-15期には【ヨミジループ】の機構を活かして《怒流牙 サイゾウミスト》《アカカゲ・レッドシャドウ》をループさせ、繰り返しこのカードをS・トリガーで唱えて相手の山札を削る型のフィニッシュ手段を取り入れた【4色ドッカンデイヤー】チャンピオンシップ4位以内入賞を果たした。

ループの手順

マナゾーンにカードが12枚必要で、手札に《龍素記号Sr スペルサイクリカ》《天命龍装 ホーリーエンド/ナウ・オア・ネバー》《ボルバルザーク・エクス》が、墓地にこのカードが1枚ずつ必要。

  1. 《ナウ・オア》を唱えて《サイクリカ》を出して戻す。
  2. 《サイクリカ》のcipで《ナウ・オア》を墓地からもう一度唱えて、《サイクリカ》を出して戻す。《ナウ・オア》が手札に戻る。
  3. 《サイクリカ》の能力墓地にあるこのカードを唱える。
  4. 《ナウ・オア》を唱えて《サイクリカ》を出して戻す。
  5. 《サイクリカ》のcipで《ナウ・オア》を墓地からもう一度唱えて、《エクス》を出して戻す。《ナウ・オア》が手札に戻る。
  6. 《エクス》のcipマナを全てアンタップ
  7. 手札からこのカードを唱える。
  8. 《ナウ・オア》を唱えて《サイクリカ》を出して戻す。
  9. 《サイクリカ》のcipで《ナウ・オア》を墓地からもう一度唱えて、《エクス》を出して戻す。《ナウ・オア》が手札に戻る。
  10. 《エクス》のcipマナを全てアンタップ
  11. 1.に戻る。これを繰り返すことによって相手の山札が全て墓地に置かれる。

その他

  • 女児向け特撮ドラマ「ひみつ×戦士 ファントミラージュ!」とのコラボカードであり、カードイラストは主役4人の実写スチールとなっている。
    • タカラトミー原作、テレビ東京系列での番組放送がアニメ「デュエル・マスターズ!!」の30分後の枠、ナレーションがキラ役の豊永利行氏と、デュエマとの接点もなくはない。

関連カード

収録セット

参考


公式Q&A

Q.《ひみつのフィナーレ!》の能力で墓地に置いたカードがツインパクトカードでした。この場合、処理はどうなりますか?
A.ツインパクトカードはクリーチャーでも呪文でもあるので、「クリーチャーなら」の効果と「呪文なら」の効果を両方使うことが出来ます。
引用元