《ボルバルザーク・エクス》

ボルバルザーク・エクス SR 火/自然文明 (7)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/アース・ドラゴン/ハンター 6000
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンにあるカードをすべてアンタップする。
※殿堂入り

DMX-04で登場したアーマード・ドラゴン/アース・ドラゴン/ハンター

cip能力により、自身のマナゾーンにあるカードをすべてアンタップする。ビッグマナであればあるほど、効果は大きい。

かつて環境を席巻した《無双竜機ボルバルザーク》ハンターとしてのリメイク版であり、「ボルバルザーク」の名に恥じない非常に高いスペックを誇るカードである。

文明コストパワーや「スピードアタッカー」「W・ブレイカー」などの基本的な能力は《ボルバルザーク》から変わらない。
「全マナアンタップ」も、《ボルバルザーク》の持つ追加ターン獲得能力を部分的に再現している。

また、《ボルバルザーク》の持っていた特殊敗北などのデメリットがすべて消えており、純粋なアドバンテージの塊として気軽にプレイできるようになっている。

マナさえ足りれば実質コストを支払わずに召喚できるため、様々な用途が考えられる。

《ボルバルザーク》とは違い2体目以降の《ボルバルザーク・エクス》の能力にも意味がある。手札マナによっては、1ターンに信じられないほどの打点を形成することができる。例えば軽量クリーチャーを展開した後、《フォース・アゲイン》でエクスを再度バトルゾーンに出し、さらに軽量クリーチャーを展開、それらをスピードアタッカー化させればそのままゲームエンドに持ち込める可能性がある。

また殿堂入り以前は、手札に《ボルバルザーク・エクス》が複数枚あれば、それらをすべて1ターンで展開することが出来た。

非常に優秀なカードであるが、その高いスペックを十分に活かすには豊富なマナ手札が必要となる。特に手札の重要性は高く、せっかく《ボルバルザーク・エクス》を出しても、続けてプレイできるカードが無ければその強力な能力は無駄になってしまう。
《サイバー・N・ワールド》を始めとする文明カードや、《ハッスル・キャッスル》《雷鳴の守護者ミスト・リエス》などのドローソースでサポートしたい。

十王篇で登場したキリフダッシュとも相性がいい。キリフダッシュのためのマナを確保しつつ、攻撃ステップではスピードアタッカーを活かして自身でシールドブレイクを狙える。

テクニック

  1. 《GILL》または《ザルバ》を召喚
  2. 《エクス》を召喚し、マナアンタップ
  3. 先ほど出した2体を進化元にして《ファタル・スパイラル》を召喚進化元ごと自身をバウンスマナが回復しているので1.に戻る。

環境において

弱点はあれど、異常なスペックであることには変わりなく、発売前から環境を一色に染め上げることが危惧されていた。幸か不幸かその予想は当たり、登場以降このカードを搭載したデッキが増加し無事環境入りを果たすこととなる。

《サイバー・N・ワールド》との組み合わせは【Nエクス】として確立しており、【紅蓮ゾルゲ】を筆頭とした文明の合うほぼ全てのデッキに組み込まれていた。

ビッグマナと呼ばれるデッキタイプの出現の契機となった一枚。その性質上、マナゾーンカードが多いほど得をするので、過剰なマナブーストから《蛇手の親分ゴエモンキー!》能力で大量のクリーチャーを展開する戦法が生まれた。

その凶悪さと使用率が評価され、2012年8月11日をもって遂に殿堂入り。このクリーチャーを複数枚使った戦略は不可能となった。「cipに回数制限があれば」「召喚時限定cipであれば」「スピードアタッカーが付いていなければ」と様々な意見が出されていた通り、あからさまな調整ミスを指摘する声は当時から多かった。

殿堂入り後も優秀なスペックには変わりないため、色の合うビートダウン、このクリーチャー進化元にするデッキビッグマナでは変わらず使われている。

《術英雄 チュレンテンホウ》登場前は《常勝ディス・オプティマス》を使った【ラララオプティマス】でも必須パーツとして使われた。《薫風妖精コートニー》マナゾーンを5色化した状態で《獰猛なる大地》を唱え、《エクス》をマナゾーンから出し入れすることで《常勝ディス・オプティマス》スペース・チャージが両方起動し、呪文回収シールド交換を延々と行うことができた。

革命ファイナル環境では既に【ラララオプティマス】における必須パーツから脱落していたが、プレイヤーによってはこのカードを利用していた。

新章デュエル・マスターズ環境では【5色ジョリー】において《時の秘術師 ミラクルスター》《謎帥の艦隊》とで大量のマナを使ったループに組み込まれた。

双極篇終盤にこのカードの上位種的存在である天地命動 バラギアラが登場したが、こちらはコストの軽さや種族cipの発動条件などで差別化可能。

王来篇環境【5色ザーディクリカ】が大流行すると、《龍風混成 ザーディクリカ》呪文コスト踏み倒しを活かしたソリティアを継続するためのマナ回復手段として偶に顔を見せるようになった。シリーズ終期のオリジナルでは抜き4色《超七極 Gio/巨大設計図》基盤の【ナウ・オア・ネバーループ】にループパーツの1つ(ただ1枚の火のカード)として採用されることがテンプレとなった。

漫画・アニメ等での活躍

  • アニメ「ビクトリーV3」第30話で再登場。「マナおかわり」する能力で偽者の黒カツドンを作り出し、彼に濡れ衣を着せた。声を担当していたのは後に「VSR」シリーズでランボーを担当する乃村健次氏。頭の上に温泉マークが浮かんでおり、《ボルバルザーク・エクス》というよりも《無双竜機ボルバルザーク》のような意匠であった。

その他

  • 登場から1年未満で殿堂入りしたカードとしては6例目。登場から殿堂入りまでの294日という日数は当時としては最速だったが、後に《暴龍警報》(268日)に抜かれた。
  • エピソード1当時、実質0コストでバトルゾーン出て来ることから「タダ飯喰らい」という蔑称で呼ぶ者もいた。
  • カードデザインの原型はMagic:The Gatheringの「フリースペル」だと思われる。
    • なお、MtG開発主任のMark Rosewaterは後年になってこのフリースペル能力を「ゲームを根本から破壊することになってしまった」失敗ギミックだと認めている。

戦績

アニメ「デュエル・マスターズ ビクトリーV3」

  • 通算成績:1戦0勝1敗
    話数対戦相手勝敗
    30話切札 勝太敗北

デュエル・マスターズ プレイスでは

ボルバルザーク・エクス SR 火/自然文明 (7)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/アース・ドラゴン/ハンター 6000
バトルゾーンに出た時、自分の使用可能マナを7回復する。それが10ターン目以降なら、すべて回復する。(《ボルバルザーク・エクス》のこの効果は、それが10ターン目以降でないなら、各ターン中1回のみ発動する)
スピードアタッカー
W・ブレイカー

DMPP-16で実装。
9ターン目までは自身のコスト値と同じ7マナだけ回復し、同名カード含め各ターンに1度しか能力を使えない。しかし、10ターン目以降はTCG版と同じく回数制限なく全マナを起こすようになる。

TCG版の記述と重複した内容になるが、このカードの強みは主に以下の3つの要素に分けられる。

  • ①マナを使わずに召喚できる即時2打点
  • ②マナを使わずに召喚できる素材
  • ③コンボパーツ

①についてはそのままの意味で、ターンに1度手札からノーコストで呼び出せるスピードアタッカーW・ブレイカードラゴンということ。
さらなる展開ができ、残り手札や残りマナ、相手の残りシールドにも依存するが唐突にリーサルを狙うことも可能。

  • 最も使いやすい運用法であり、《エクス》を使った打点形成を狙う。《サイバー・N・ワールド》などで十分な手札を得るとなおよい。
    もちろん、通常の場面では各ターン中1回のみしかその効果が発動しない制約は無視できない。手札でダブついてしまうと2体目以降は《ガルベリアス・ドラゴン》《爆竜 GENJI・XX》よりコストパフォーマンスが悪いカードを抱えることになってしまう。

②については、召喚した《ボルバルザーク・エクス》自体は消えてしまうが、回復した7マナで《ボルバルザーク・エクス》の上に《大神砕グレイトフル・ライフ》《超神星アポロヌス・ドラゲリオン》を乗せたり、《復活の祈祷師ザビ・ミラ》等のタネにしたりと多様なことが出来る。

  • DMPP-17では《母なる大地》が登場し、少し状況が変わった。そのターン中のマナ回復使用権を消費してしまうが、何もない盤面からマナゾーンを利用できるようになる。
    また、10ターン目以降なら回数制限撤廃と8以上の回復も解禁され、ソリティアに近い動きも可能になる。

③については①や②と似ているようで少し違う。先の2つは《ボルバルザーク・エクス》を経由して出たクリーチャーを使って勝利を目指すが、この用途は「クリーチャーが残らなかったとしても勝利を目指す糧になる」状態になる。

環境において

DMPP-16環境では主に以下のデッキで使われた。

①は【Nエクス】ドラゴンシナジーを使える【ボルシャック・NEX】
②は、こちらもドラゴンシナジーの【アポロヌス・ドラゲリオン】。なお【バルガライゾウ】では、マナ進化GVのバトルゾーンに進化元が要らない性質および攻撃ステップにクリーチャーを出すメテオバーンとシナジーはなく、あまり採用されない。
③は前述の通り【エンペラー・キリコ】

環境がコントロール寄りになり、10ターン目以降に試合がもつれ込むことはあるが、デッキ構築の時点で10ターン目まで耐える前提で構想するというのはかなり難しく、TCG版の性能にパワーアップした状態の運用はあまり見られない。

DMPP-17期では、《ドンドン吸い込むナウ》《母なる大地》等の汎用S・トリガーやそれらを仕込める《超次元ホワイトグリーン・ホール》除去性能に優れる《超次元リュウセイ・ホール》等が追加されたことにより受けが強化され、10ターン目を迎えやすくなった。
ただし、同環境で暴れるタイムリミット系の【若頭 鬼流院 刃】には、10ターン到達前に挽回がほぼ不可能な盤面が形成されることも珍しくない。

その状況をカウンターできる《超竜サンバースト・NEX》が発掘された。マナ回復を使い《ボルバルザーク・エクス》→《超竜サンバースト・NEX》進化速攻でき、パワー17000の《若頭 鬼流院 刃》を、《無限掌》内蔵かつバトル中のパワーが25000で全滅させることができる。

DMPP-18では、色の合うビッグマナであるにもかかわらず《ボルバルザーク・エクス》全抜きや、入れても1枚積み【メンチ斬ルゾウ】が誕生した。
TCG版からそこまで弱体化を食らっていないかのように見えていた《ボルバルザーク・エクス》だが、実際には次のような理由で大きくカードパワーが落ちていたことが発覚した。

+  不採用の理由

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

デュエル・マスターズ

デュエル・マスターズ プレイス

参考