《ペリオンブレス・ドラグーン》

ペリオンブレス・ドラグーン R 火文明 (6)
クリーチャー:ティラノ・ドレイク 7000
W・ブレイカー
このクリーチャーが攻撃したターン、自分の他のクリーチャーも、可能であれば攻撃する。
相手のターンにこのクリーチャーがタップされていれば、相手のクリーチャーはすべて、可能であれば攻撃する。

DM-19で登場したの大型ティラノ・ドレイク

自身の能力により自分も相手も「可能であれば攻撃する」にする。

システムクリーチャーなど、あまり攻撃してこないクリーチャーを無理矢理攻撃させ、その隙に殴り返して倒すことができる。サイズも単純に大きく生半可なクリーチャー殴り返しで倒されることは少ない。
だがその一方で自分のクリーチャーにも攻撃を強制させるので使いどころは難しい。
そもそもティラノ・ドレイクで大型のクリーチャーを使いたいだけなら進化クリーチャーを使った方がいいという事実がある。

しかしDMR-03にて、《ドンドン打つべしナウ》が登場。
このクリーチャーデメリットアタックトリガーであるため、他の手段で能動的にタップできる《ドンドン打つべしナウ》との相性は抜群。攻撃目標がこのクリーチャーに限定され、自身の攻撃の強制も加わり《龍神ヘヴィ》のような能力になる。
そのため、返しのターン除去されなければ一斉攻撃で負ける心配もない。
と、なかなか強力なシナジーを形成するが、ドローまではさすがにできない事に注意。

デュエル・マスターズ プレイスでは

ペリオンブレス・ドラグーン UC 火文明 (6)
クリーチャー:ティラノ・ドレイク 7000
W・ブレイカー
すべてのクリーチャーは、可能であれば攻撃する。

単に能力が敵味方問わない攻撃強制となった。
サポートなしでも即座に効果を発揮できるようになったが、このクリーチャー攻撃しないことで自分のクリーチャー攻撃強制させないというプレイングは不可能となった。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DM-19DMC-30
    成体になったティラノ・ドレイクの力は幼体の頃とは比べようも無い程強力なものとなる。
  • プロモ(P5/Y5)、DMPP-09
    千年の時を越えて竜の体内で練られた炎。これ以上に、開戦の合図にふさわしいものなどあるものか。

収録セット

デュエル・マスターズ

デュエル・マスターズ プレイス

参考