聖帝(せいてい)エルサル・バルティス》

聖帝エルサル・バルティス SR 光文明 (6)
進化クリーチャー:アーク・セラフィム 7000
ブロッカー
進化−自分のアーク・セラフィム1体の上に置く。
W・ブレイカー
相手が自分自身のシールドの「S・トリガー」を使う時、自分の山札を見る。その中から「S・トリガー」を持つ呪文を1枚選び、山札をシャッフルした後、その呪文をコストを支払わずに唱えてもよい。

DM-20で登場した進化アーク・セラフィム

ブロッカーかつW・ブレイカー。相手のS・トリガーに誘発してこちらも山札からS・トリガー呪文をサーチ、そのまま唱えることができる能力を持つ。

【クリーチャーコントロール】タイプの種族デッキフィニッシャーとして使うなら、《無双恐皇ガラムタ》などの方が効率がいいので、どちらかと言えばビートダウン援護でだめ押しするために使いたい。

だが、同じコスト域のアーク・セラフィム進化なら、多くの場合《聖帝ソルダリオス》の方が強力なため、やや居場所に困るクリーチャーである。クリーチャー展開の得意なアーク・セラフィムS・トリガー呪文のかみ合わせがいまひとつなのも惜しい。

  • この聖帝の脚部で対になっているのは獅子。片方が口を閉じ、もう片方が口を開ける「阿吽」の特徴から狛犬をモチーフにした可能性もある。

デュエル・マスターズ プレイスでは

聖帝エルサル・バルティス VR 光文明 (5)
進化クリーチャー:アーク・セラフィム 7000
ブロッカー
進化−アーク・セラフィム
W・ブレイカー
相手が「S・トリガー」を使った時、自分の山札から「S・トリガー」を持つ呪文を探索し、1枚をコストを支払わずに唱える。その後、山札をシャッフルする。

コストが1下がり、唱える呪文探索で選ぶようになった。
《霊騎幻獣ウルコス》やアーク・セラフィムになった《秘精甲蟲メタルバグ》 から綺麗に繋がる点が優秀。

  • 試合には全く関係ないが、山札からカードを抜き出して、シャッフルする前にそのカードを使うことになっている。プレイヤー自身が山札を見ているわけではない探索だからこそ可能な処理順といえる。
  • 同弾で登場した《聖帝ソルダリオス》は、種族進化を使うデッキならばほぼ無条件で攻撃のたびに確実に効果を使えるのに対し、こちらはデッキに踏み倒しで役立つ「S・トリガー」を持つ呪文を入れなければならず、相手依存なため1試合に1度も効果を使えずに終わることも起こりうる。ゆえに使用率は雲泥の差がある。
    • 同弾の《フォトン・クロック》とは2回攻撃が可能になるデザイナーズコンボになっている。しかし、《聖帝エルサル・バルティス》が不確実な効果なのに、汎用性の低いカードにデッキの枠を割かなければならないというのも使用率が低い要因として考えられる。

フレーバーテキスト

  • DMPP-08EX
    アーク・セラフィムの中で上位に位置するものは聖帝と呼ばれ、二つの獣の頭を持つ騎士となり、聖域を侵すものを粛正する。

収録セット

デュエル・マスターズ

デュエル・マスターズ プレイス

参考