スパーク

カード名に「スパーク」を含む呪文の名称群。

DM-36で登場した《啓示の精霊サンスクリッド》によって名称カテゴリーとなった。
この呪文を参考にしたのか、DMRP-06ではスクラッパートラップブレインハンドと言うサイクルが誕生した。ある意味、時代を7年も先取りしたカード群と言えよう。

「スパーク」呪文自体は三大S・トリガーの一角として絶大な知名度を誇る《ホーリー・スパーク》DM-01 第1弾から存在しており、それ以降もタップ呪文の代名詞として様々なカード名に付けられている。そのため、このカテゴリーに含まれる呪文のほとんどが、敵獣をタップオールタップさせる能力を持っているのが特徴である。

「スパーク」とある呪文

多色

この名称に関連するカード

参考

関連

  • DM-36でカテゴリ化した名称群。DMRP-06以降再プッシュされた。
    • スパーク