《エンペラー・ティナ》

エンペラー・ティナ C 水文明 (1)
進化クリーチャー:サイバーロード/オリジン 4000
ブロッカー
進化−自分の「サイバー」と種族にあるクリーチャーまたはオリジン1体の上に置く。

DM-32で登場した進化サイバーロード/オリジン

コスト1パワー4000と軽い攻撃可能ブロッカー。似たようなスペックを持つ《クリスタル・ブレイダー》と同様、にはかなり希少な「複数枚使える2ターン目から攻撃できるカード」。その時点でそれなりに存在意義がある。

このカードのセールスポイントは、稀に見る進化元の充実度。
サイバーはそれぞれシナジーし合うカードが多く、オリジンも様々なデッキで多用される。
特にG・ゼロコスト踏み倒しした《パラダイス・アロマ》から進化するパターンは強い。

入るデッキは全く違うが、同じ進化条件を持つ同弾の《エンペラー・キリコ》と並び、こちらもかなりの実力派である。
《アストラル・リーフ》《パシフィック・チャンピオン》といった凶悪無比な先輩に続くキーカードとして、【青単速攻】において活躍している。
ブロッカー能力はそのような【速攻】で扱うならデメリットの気が強いが、このカードはが絡んだ究極進化デッキでも進化元として使えるため、そういった場合は序盤の防御の要ともなるだろう。

DMRP-02では同じコスト1であり進化クリーチャーとして運用できる《貝獣 ホタッテ》が登場。
あちらは進化元種族を絞らなくてもよい、進化としても非進化としても運用できるといったメリットがあり、コスト1の進化クリーチャーとしてのこちらの立場が絶対ではなくなった。

  • ティナとは英語圏におけるポピュラーな女性名の一つ。

フレーバーテキスト

  • DM-32
    アークの力によって、異なる種での進化が可能となる。

収録セット

参考