《ジャストアイデア・ステートメント》

ジャストアイデア・ステートメント R 水文明 (6)
呪文:チームウェイブ
相手の手札を見る。その中から、クリーチャーを1体選んでもよい。そうしたら、相手はそれをバトルゾーンに出し、自分はカードを5枚引く。そのクリーチャーがバトルゾーンに出ることによって起こる効果はすべて無視する。

DMRP-14で登場したチームウェイブ呪文

相手の手札ピーピングし、その中のクリーチャー1体をコスト踏み倒しさせることができる。
コスト踏み倒しさせる場合、バトルゾーンに出ることによって起こる効果無視され(《轟破天九十九語》と同様)、自分は5ドローできる。
コスト踏み倒しさせない場合は何も起こらない。

要するに、相手がフィールドアドバンテージを得ることを代償に5ドローすることができる呪文である。

相手がcipを利用しようとしていたクリーチャーを引きずり出して強制的に腐らせたり、cip以外のデメリット、あるいは今使うと困るようなメリット能力を持つクリーチャーを出させて計算を狂わせたりすることができる。あるいは進化元のいない進化クリーチャーを選べば相手だけ効果が不発になる。
これらの効果があった上で自分は5ドローできるため、うまくハマったときのパフォーマンスは上々。

また、出したクリーチャーを処理できるなら擬似的なピーピングハンデス+5ドローとなる。
出したクリーチャーを処理する方法としては、《無修羅デジルムカデ》などでタップインさせるなどがある。

しかし、それができるかどうかはこのカードでピーピングするまで分からない。
相手の手札に強力クリーチャーしかいない、あるいはクリーチャーを1体も握っておらず不発というケースがありうる不安定さもある。
コスト踏み倒しを使わなければ1枚の手札と6マナを完全に損することになる。
相手の手札がなければ、使っても不発になることは事前に分かるが、腐ってしまうことに変わりはない。特に6マナ貯まる頃には相手が手札を使い切っている可能性も高く、そうでなくとも相手の手札が少なければそれだけ選択肢は狭まる。

相手のカードを利用するという点では、文明は全く異なるものの《父なる大地》に使い勝手で劣る。
また手札1枚を無効化するなら、同じ文明《パクリオ》のほうがより確実性が高い。
ドロー呪文としても、同コスト《クアトロ・ブレイン》から手札+1、フィールドアドバンテージ-1と考えると、不発になる可能性がある点が割に合わない。

総じてクリーチャーを主体とした環境なら活躍できるカードと言えるか。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMRP-14
    キング・マニフェストの「我がジャストアイデアをステートメントする!」というかけ声とともに、一兆フォロワが一斉にバズを連打する。その圧倒的なエモによって「Instant Wave」へのハッキングは解除され、どうにか自爆は免れたのだった。

収録セット

参考


公式Q&A

Q.《ジャストアイデア・ステートメント》を唱えて相手の手札を見たら、その中にクリーチャーのカードがありませんでした。この場合でも自分はカードを5枚引けますか?
A.いいえ、引けません。相手の手札からクリーチャーを1体選べなかった場合、「そうしたら」の後に書かれた能力も使うことができません。
引用元