【シールドプリズン】

デッキの殆どをS・トリガー持ちのシールド追加で構成したライブラリアウトデッキ。
【トリガーライブラリアウト】、【籠城】、【逆アポロ】とも呼ばれる。
トリガーデッキの一種であるが攻撃する機会は少なく、相手の山札が切れるまで半永久的にシールド追加山札回復を行い、ライブラリアウトを狙う。
どれだけ攻撃されても果てしなくシールドが再生される光景の前に、相手は驚かされること請け合いである。

2022年2月にデュエマ妄想構築録 vol.44-1 ~火単許すまじ!シールド・プリズン!!~で公式がレシピを公開している。

その基盤の構築論はその後の【トリガービート】にも影響を与えている。

呪われし悪魔のミッシツ C 光文明 (6)
クリーチャー:デーモン・コマンド/月光王国 3000
S・トリガー(このクリーチャーをシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ召喚してもよい)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、新しいシールドとしてシールドゾーンに置く。
聖闘の精霊龍 セイント・カイザー P(R) 光文明 (7)
クリーチャー:エンジェル・コマンド・ドラゴン/ハンター 7000
ブロッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、相手のクリーチャーを1体選び、表向きのままシールド化する。
ライブラ・シールド P(R) 光文明 (5)
呪文
S・トリガー
各プレイヤーは、自身の山札の上から1枚目をシールド化する。
【今すぐ】うわっ…相手の攻撃止めすぎ…?【クリック】 UC 水文明 (7)
呪文:チームウェイブ
S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
次の自分のターンのはじめまで、相手のコスト5以下のクリーチャーは、攻撃もブロックもできない。
この呪文がどこからでも自分の墓地に置かれた時、自分の墓地をシャッフルし、山札の一番下に置いてもよい。

似たような構築に【トリガービート】が挙げられるが、あちらが積極的に攻めるデッキであるのに対し、こちらはあまり攻めには回らず守りを固めるデッキであり、S・トリガーの割合もこちらの方が高い。
基本的に攻撃しないデッキなのでクリーチャー比率もそれほど高くする必要も無い。

一見するとジャンクデッキのようだが、性質上、破壊ビートダウンに対して圧倒的に強い。
【5色グレンモルト】などを破った上でチャンピオンシップにおける優勝報告も多数確認されており、見た目以上に厄介な地雷デッキである。
近年ではシールド追加のS・トリガーも増え続けている為、デッキとしての将来性も望めるだろう。

また、《幸弓の精霊龍 ペガサレム》《ハピネス・ベル》といった一時的なシールド追加もこのデッキでは比較的扱いやすい。
自分のターンの始めにS・トリガーを使えない状態でシールド回収を行っても、他のシールド追加を手打ちすれば修復できる為である。

S・トリガーでは無いが、シノビと組み合わせるケースもある。
中でも《怒流牙 サイゾウミスト》S・トリガーこそ無いが、山札回復シールド追加を持つシノビであるため、採用率は高い。

当然だが、マナ加速手札補充も使えるのは使ってしまいたい。除去が扱えれば相手のメタクリーチャーの行動を抑止しやすくなるので便利。
ただし、それらが積まれるようになるとS・トリガーによる連鎖的なシールド追加の可能性も下がってしまうので、本欄での説明は控えておく。
極力《護天!銀河MAX》《剥楯!月光MAX》のようなモードとして他の役割も行えるカードを選ぶべきである。

少しでもライブラリアウトを早めたい場合は《ジ・エンド・オブ・エックス》がオススメ。
封印によって相手の山札を削りながら除去が出来るため、このデッキのコンセプトに噛み合っている。

中には《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》型も存在する。S・トリガー《頂上の精霊 ミラクルスZ》などの超次元召喚サイキック《闇参謀グラン・ギニョール》ムゲンクライムなど様々な角度から封印外しができる。

主要カード

シールド追加(全てS・トリガー)

クリーチャー
《呪われし悪魔のミッシツ》cipで山札の上からシールド追加。3000以下の相手に対する殴り返しも担う。
淡泊だが、シールド追加の条件が無い点で優れる。
《予言者リク》cipでシールドが2つ以下なら、山札からシールド追加。
《幸弓の精霊龍 ペガサレム》cipで山札からシールド追加
ただし、次のターンで1枚シールド回収する(S・トリガーは使えない)。
《兵器として産み落とされたカタチ》cipで山札からシールド追加するブロッカー
ただし、次のターンで1枚シールド回収する(S・トリガーは使えない)。
《「光魔の鎧」》cip手札から表向きにシールド追加するブロッカー。
手札が無いと動けないので、ハンデスに注意。
《偽りの名 ドルーシ》cip手札から表向きにシールド追加
キャントリップ付きなので最優先で採用したい。
呪文
《聖闘の精霊龍 セイント・カイザー/ライブラ・シールド》切り札。呪文面で各プレイヤーの山札からシールド追加を行い、ライブラリアウトも促進。
クリーチャー面も相手1体をシールド化させるブロッカー呪文メタなどを消すのに役立つ。
《フェザン・ルーラー》山札からシールド追加。
《ヘブンズ・ダブルテイル》山札からシールド追加。相手クリーチャー2体のタップも選択可能。
《ルクショップ・チェサイズ》山札の上から2枚選んでシールド追加手札補充スーパー・S・トリガーはおまけ。
《AND・スパーク》山札からシールド追加。シールドが2つ以下ならオールタップも発生。
《DNA・スパーク》シールドが2つ以下なら、山札からシールド追加。確実にオールタップも発生。
《ハピネス・ベル》山札から2枚のシールド追加
ただし、次のターンで2つシールド回収する(S・トリガーは使えない)。
《深緑の魔方陣》自然呪文。マナゾーンからシールド追加
《調和と暴動の混乱》山札からシールド追加。変則的な火力も内蔵。
《ダママ団の聖護Go!》山札からシールド追加。攻撃誘導も選択可能だが、余り味方がタップされないのでおまけ。
《神聖で新生な霊樹》山札から表向きにシールド追加マナ回収も可能。
《剥楯!月光MAX》山札からシールド追加除去シールド回収も選択出来る。
《護天!銀河MAX》手札から表向きにシールド追加バウンスも選択出来る。
《斬撃と防衛の矛盾》シールドが2つ以下なら、山札からシールド追加。3000以下の火力も選択出来る。

山札回復

クリーチャー
《缶隊長 サーディン》cipで山札回復。S・トリガーブロッカーとしても。
《埋没のカルマ オリーブオイル》
《ポクチンちん》cipで山札回復。コスト踏み倒しメタも内蔵。
《緑知銀 グィムショウ》cipで相手の墓地をリセット。墓地に置かれると山札回復
《永遠の少女 ワカメチャ》1マナのブロッカー。墓地に置かれると山札回復
《怒流牙 サイゾウミスト》ニンジャ・ストライク7。cipでシールド追加山札回復
ただし、このデッキではマナが溜まるまで時間が掛かるのに注意。
呪文
《【今すぐ】うわっ…相手の攻撃止めすぎ…?【クリック】》コスト5以下の攻撃ブロックを封じる。墓地に置かれると山札回復
《闘争類拳嘩目 ステゴロ・カイザー/お清めシャラップ》呪文面でマナ加速と山札回復。クリーチャー面も貴重なアタッカー。
《神の試練》そもそも山札が無くても負けない状態を作ることができるドローソース。このデッキだと条件はやや厳しめ

サポートカード

クリーチャー
《音響の精霊ルルフーラ》ブロッカー。光呪文に対するロックを無効化。cipまたは疑似マッドネスによる2ドローも。
《霊騎コルテオ/プロテクション・サークル》呪文面で手札からシールド追加。このデッキならキャントリップも狙いやすい。
クリーチャー面は複数体タップするS・トリガー。
《油殿の精霊龍 オイルマーネ》各ターン始めてのシールド追加時に、さらに追加でシールドを増やす。
cipで山札からシールド追加。味方全員にエスケープ付与も。
《ホワイト・スワン》cipで各プレイヤーの山札から2枚のシールド追加。シールドが5枚以上でパンプアップ
《天武の精霊ライトニング・キッド》シールド・プラスシールド・フォースで相手の攻撃を誘発。
《緑知銀 ダッカル》cipや呪文使用時に、表向きでシールド・プラス無色メタ効果も。
《「慈愛の衛生姫」》各ターン、始めてのシールド追加時にシールド・プラス
ギャラクシールドで2マナ。
《「機械の番犬」》各ターン、始めてのシールド追加時にキャントリップ
《青守銀 アドマニ》準バニラだが、シールド追加を行えばタダ
《赤攻銀 イザヤック》
《赤攻銀 アサラーム》cipでシールドを倍増。以外のS・トリガーが使えなくなるデメリットに注意。
《超神龍ラディオ・ヤエサル》マナ進化V。cipでスーパー・シールド・プラス
《「正義星帝」 <ダンテ.Star>》大型進化フィニッシャー。味方の攻撃時にシールド追加。
《音奏 ハイオリーダ/音奏曲第3番「幻惑」》cipで山札からシールド追加。シールド追加時にGR召喚
呪文面は《グィムショウ》や《ワカメチャ》の山札回復のタネに。
呪文
《トライガード・チャージャー》シールド回収シールド追加を担うチャージャー。序盤の動きを速めるなら。
《目的不明の作戦》S・トリガー。コスト7以下の呪文墓地から踏み倒し
《ポジトロン・サイン》S・トリガー。他のS・トリガー呪文を山札の上4枚から踏み倒し。
《アポカリプス・デイ》S・トリガー。場のクリーチャーが敵味方問わず6体以上いれば全破壊。
果てしないシールド追加に対抗すべく、場を並べてきた相手に刺さる。
《サイバー・ブレイン》S・トリガーの手札補充。《「光魔の鎧」》など手札からシールド追加を行う際に事前に使いたい。
《ガールズ・ジャーニー》S・トリガーの手札補充。此方はマナ基盤に優れる強みがある。
《龍脈術 水霊の計》S・トリガーの手札補充。除去も可能だが、手打ちは不可能に近い。

超次元の候補

《轟く覚醒 レッドゾーン・バスター》《呪われし悪魔のミッシツ》から侵略するT・ブレイカー。cipで大型をフリーズ

超GRゾーンの候補

《カブXII》火力に強い
《ドドド・ドーピードープ》殴れる高パワーGR獣
《暗黒の騎士ザガーンGR》
《ヘルエグリゴリ-零式》
《白皇鎧の意志 ベアスケス》マナドライブで離れた時にシールド追加
《バツトラの父》相手クリーチャーの攻撃中止
《防護の意志 ランジェス》ブロッカー
《捕縛の意志 フェルメル》条件付きのcipで相手をタップ
《ブレイン・テンタクル》ブロッカー。手札交換から《クリック》や《グィムショウ》誘発も狙える
《続召の意志 マーチス》マナドライブ達成時cipでGR召喚
《防羅の意志 ベンリーニ》マナドライブ達成時cipで自壊キャントリップ+手札をシールド化。《ハイオリーダ》と相性抜群
《天啓 CX-20》マナドライブでリソースを稼ぐ。色が合わない場合もある
《サザン・エー》
《クリスマIII》
《回収 TE-10》

このデッキの戦い方・弱点

序盤は多色カードをマナゾーンに置いて、中盤以降の手打ちに備えておこう。
を含まないカードが採用しにくいため、マナ基盤となる多色カードの優先度は高い。
カードの使用は相手のブレイクまで待つ事が多い為、多色のマナタップインデメリットになりにくい。

その性質上、コストが高いカードが多く積まれるためすぐには動けない。
この為シールド焼却などのS・トリガーメタコスト踏み倒しメタ呪文メタ、シールド追加メタなどに極端に弱く、場合によっては何も出来ずに負けてしまう。
これらが積極的に採用されやすいコントロールにもやや不利であり、エクストラウィンライブラリアウトを狙ってくるコンボデッキは言わずもがなである。

反面、除去シールド追加を持つS・トリガーが豊富に積まれているため、S・トリガーに対するケア手段を持たないビートダウン相手には殆ど間違いなく勝つことができる。
このように相性差が極端に激しいデッキであるため、大会で使用するにあたってはまず環境を精査することが必須となる。

また、注意点として《護天!銀河MAX》などで表向きのシールド追加を行う際、山札回復用のカードを置かないように注意する事。
相手がそのシールドをブレイクしてくれなくなると、此方のライブラリアウトを防ぐカードが失われてしまうからである。
《神聖で新生な霊樹》の様に山札から追加するタイプで表向きに盾落ちした場合は仕方無いが。

環境において

それまで知る人ぞ知るデッキで、アドバンスを中心に何度か上位入賞報告はされたが、実態が【トリガービート】であったり完全なライブラリアウト構築ではなかったりした。

だがしかし『全国大会2023』開始前にカードショップ経営者筋の動画で【逆アポロ】なる名称の型が宣伝され、上位入賞はしなかったが実際に『全国大会2023』で使われたことを機に徐々に知名度が上がり、オリジナル、アドバンス共に、【逆アポロ】の上位入賞の報告が度々されている。

参考