《スペース・クロウラー》

スペース・クロウラー UC 水文明 (4)
クリーチャー:アースイーター 3000
ブロッカー
このクリーチャーは攻撃することができない。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のマナゾーンにある文明ひとつにつき、自分の山札の上からカードを1枚、見てもよい。その中から1枚を手札に加え、残りをすべて好きな順序で山札の一番下に戻す。

DM-27で登場したアースイーター

自分のマナゾーン文明の数だけ山札の上を見て、その中の1枚を手札に加えられるcip能力を持つ。

色の多いデッキで非常に高いコントロール力を発揮する中型ブロッカー青緑といった2色デッキでの採用はあまりないが、3色以上のデッキでは高いサーチ能力を発揮し、ドローと壁を兼ねる優秀な潤滑油である。
主にグッドスタッフ【5色デッキ】を居場所とし、種族シナジーから【ドルゲーザ】にも採用される。極神編以降の環境入りしたグッドスタッフには高い割合で採用されていた実績があり、縁の下の力持ちながら確かな実力者である。

山札の下に送ったカードを覚えておけば、後半今引きするカードをすべて把握できることも可能。《スペース・クロウラー》で《スペース・クロウラー》をサーチしてデッキを回す行為も強力であり、同時にブロッカーも展開出来て手堅い働きをしてくれる。
【ドルゲーザ】では同時に《剛撃戦攻ドルゲーザ》シンパシー元を展開するため安定性を向上させる。【シノビドルゲーザ】ではニンジャ・ストライク山札の下に送られたシノビも掘り出せるため、屈強なシナジーを誇った。

性質上デッキに複数枚積んでも苦になりづらく、自身を今引きで引いてもなかなか強力であるため、グッドスタッフ性も兼ね備えている。

4コストの潤滑油として、後に登場した《ドンドン吸い込むナウ》《アクアン・メルカトール》がライバルとなる。
《ドンドン吸い込むナウ》除去S・トリガー枠としても活躍できる汎用性を持つ。《アクアン・メルカトール》【5色デッキ】では大量ドローが可能。

《スペース・クロウラー》は受け身なクリーチャーであるため、フィニッシュまでが遅い環境なら高いゲームメイク能力を発揮するものの、序中盤からフィニッシュを狙う高速化した環境とはかみ合いが悪い。ライバルが強力というのもあるが、どちらかというと環境の遷移に取り残されたカードと言ったほうが適切だろう。
似たような立場のカードとして《魔光王機デ・バウラ伯》《白骨の守護者ホネンビー》が挙げられる。

【シノビドルゲーザ】でも、DMBD-02で優秀なジャイアントが多数追加され、《終の怒流牙 ドルゲユキムラ》などジャイアントシナジーが強化されていることから、必須なものではなくなっている。

環境への適正で立ち場を悪くしつつあるカードであるが、手堅い性能をもつ優秀な潤滑油であることは確かなため、選択肢として覚えておいて損はない。

  • マナゾーンカードをすべて飛ばされたり、マナゾーン無色カードだけになると能力を全く使う事ができなくなる。とは言え、前者はマナがなければ場に出すことすら難しく、後者についても無色をたくさん積むデッキには構築段階でこのカードは候補に入らないため、そういった場合が起こることはほとんど無い。
  • 実際のカードでは何故か種族名が「アースイーター」ではなく「アース・イーター」となっている。単なる誤植と思われるが、公式HPのカードリストとDMC-57収録版でも「アース・イーター」となっている。流石に再録されても修正されていないのはいかがなものだろうか。

関連カード

収録セット

参考