奇怪な鬼祭(デモンズ・オンズ)

奇怪な鬼祭 UC 闇文明 (1)
呪文:鬼札王国
このターン、自分のクリーチャーすべてに「スレイヤー」を与える。(「スレイヤー」を持つクリーチャーがバトルする時、バトルの後、相手クリーチャーを破壊する)
自分のシールドを1つ、手札に加える。ただし、その「S・トリガー」は使えない。

DMEX-14で登場した鬼札王国呪文

自分のクリーチャー全体にスレイヤー付与した後、シールド回収を行う。

一見すると、S・トリガーが使えないシールド回収というデメリットと引き換えに、《真夏の夜の熱狂》のコストが1軽くなった呪文に思えるかもしれない。

しかし、このカードの真価は、コスト1でシールド回収を行える初のカードという点に尽きる。
クリーチャー同士のバトルを仕掛けづらいこのゲームにおいて、1ターン限りのスレイヤー付与のほうはそれほど強力な能力とは言いがたい。

守りを薄くしてしまう点は確かにデメリットだが、1ターン目から手札の枚数を減らさず鬼タイム達成に近づけたり、中盤以降に余った1マナでシールド送りから復帰やオシオキムーンの発動ができる。

基本的には1ターン目からシールド回収したい場面は限定的である。
鬼タイムの発動を重視するにしても、《凶戦士ブレイズ・クロー》のようなアタッカーを並べて殴っていった方がいい。リソース確保したい場合でも、2ターン目に《極悪!獄鬼夜城》《斬斬人形コダマンマ》などを出せば十分元は取れる。そもそも、鬼タイムデッキはクリーチャーが重視されるので、呪文であるこのカードに枠はあまり割けない。

どちらかと言えば、中盤以降で余ったコストで使う方向性なら、安定したカードであると言える。

【カリヤドネループ】において、殿堂入りした《魔導管理室 カリヤドネ/ハーミット・サークル》盾落ちケアとしても採用を検討できる。ただし、盾落ちケアとして考えると、1コスト上に汎用性の高い《魔王と天使のカナシミ》も存在する。

  • これは《ガード・グリップ》と同様で、手札を1枚消費して1枚手札を得るだけ、つまりハンドアドバンテージは0である。前述の通り、シールドが減ることをメリットにできなければ、ただの利敵行為で終わるだろう。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考