(いつわ)りの(つき)(ぬす)むファントム》

偽りの月を盗むファントム VR 闇文明 (5)
クリーチャー:デーモン・コマンド/月光王国 6000
ブロッカー
W・ブレイカー
<オシオキムーン>カードが自分のシールドゾーンを離れた時、相手は自身の手札を2枚選び、捨てる。

DMRP-15で登場したデーモン・コマンド/月光王国

オシオキムーン《デモニック・バイス》と同じ効果を発動させるブロッカー

自分のシールドブレイクされる度に手札を減らせるため、相手のビートダウンに対する抑止力になる。
ブロッカーも付いているため、このクリーチャー1体で相手の攻め手を大幅に削ぐことができる。
ブレイクを起点にクリーチャーを展開するキリフダッシュに対しては特に強い。

能動的に能力を使いたいのであれば、シールド回収と組み合わせるのもよい。
予め《礼装の堕天チュラロリエス》《殺意の悪魔龍 マガンド》を用意したり、ターンのはじめにバトルゾーンへ置かれる軽量ギャラクシールドと組ませると強力。

ただ、当然だが自身が場に出る前に相手が手札を使い切ったら準バニラ同然になる。そのため、手札消費の激しい速攻に対しては基本的にブロッカーを持つという点でしか対抗できない。この辺りはビートダウン推しの十王篇らしい良調整と言える。また、5コスト《テック団の波壊Go!》全体バウンスでついでのように除去されるコストラインである上に、パワー6000は中型マッハファイターであっさり破壊されてしまうラインなので、場持ちの過信は禁物。

【ドルマゲドンX】で考えると確かに《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》封印は外せるが、同コスト帯には《爆霊魔 タイガニトロ》という鉄板大規模ハンデスが存在するので若干微妙。

単体ではアドバンテージを稼ぎにくいが、爆発力のあるカードなので上手く使いこなしたいところ。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考