【ウラギリガクレ】

《Dの隠家 ザトー・オブ・ウラギリガクレ》Dスイッチ《ドキンダム》禁断解放を目指すデッキ

Dの隠家 ザトー・オブ・ウラギリガクレ VR 水文明 (5)
D2フィールド
自分のシノビがバトルゾーンに出た時、カードを1枚引く。
各ターンの終わりに、自分のシノビをバトルゾーンまたは手札から1体選び、このD2フィールドの下に重ねてもよい。
Dスイッチ:相手のターンの終わりに、このD2フィールドの下にシノビが8枚以上あれば、このD2フィールドをゲーム中で一度上下逆さまにしてもよい。そうしたら、各プレイヤーは、バトルゾーンとシールドゾーンにある自身のカードをすべて、山札に加えてシャッフルする。
(他のD2フィールドがバトルゾーンに出た時、このD2フィールドを自分の墓地に置く)
伝説の禁断 ドキンダムX FLC 火文明 (99)
禁断クリーチャー:(種族なし) 99999
T・ブレイカー
このクリーチャーが禁断解放した時、相手は自身のクリーチャーすべてに封印をひとつ付ける。
コスト4以下の呪文によって、相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない。
このカードがバトルゾーン以外のゾーンにあれば、自分はゲームに負ける。
禁断解放前⇒《禁断〜封印されしX〜》
※殿堂入り

主要カード

候補シノビ

候補カード

このデッキの回し方

始めは《フェアリー・ライフ》などでマナブーストし、ニンジャ・ストライクを使えるようになるまでマナをのばす。

中盤は《土隠雲の超人》などでキーカードを揃えつつ軽量ニンジャ・ストライクで防御。

終盤は重量ニンジャ・ストライクを使いながら8枚溜める。

長所

《Dの隠家 ザトー・オブ・ウラギリガクレ》シノビが出るたびドローできるため手札の心配がない点。

マナさえ溜まれば速攻デッキも対処しやすい点。

短所

《ウラギリガクレ》の下に8枚たまるまでかなりターンがかかるのが弱点。
カード指定除去に注意しよう。
相手にD2フィールドを張り替えられてもやり直しである。下のカードは状況起因処理で墓地に置かれる。

参考