【連ドラグナー】

DMBD-14で環境に台頭したデッキタイプ。《爆熱剣 バトライ刃》/《爆熱天守 バトライ閣》/《爆熱DX バトライ武神》とドラグナーを使って、ドラゴンと(ヒューマノイドの種族を併せ持った)ドラグナーを踏み倒していくデッキタイプ。

爆熱剣 バトライ刃 VIC 火文明 (3)
ドラグハート・ウエポン
これを装備したクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目をすべてのプレイヤーに見せてもよい。それが進化でないドラゴンか進化でないヒューマノイドであれば、バトルゾーンに出す。それ以外なら山札の一番下に置く。
これを装備したクリーチャーは攻撃されない。
龍解:自分のターンの終わりに、そのターン、ドラゴンをバトルゾーンに出していれば、このドラグハートをフォートレス側に裏返してもよい。
爆熱天守 バトライ閣 VIC 火文明 (5)
ドラグハート・フォートレス
自分の火のドラゴンまたは火のヒューマノイドが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目をすべてのプレイヤーに見せてもよい。それが進化ではないドラゴンまたは進化ではないヒューマノイドであれば、バトルゾーンに出す。それ以外なら、自分の山札の一番下に置く。
龍解:自分のターン中、ドラゴンをバトルゾーンに出した時、それがそのターンに出す最初のドラゴンでなければ、このドラグハートをクリーチャー側に裏返し、アンタップしてもよい。
爆熱DX バトライ武神 VIC 火文明 (8)
ドラグハート・クリーチャー:ガイアール・コマンド・ドラゴン 12000
このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から3枚をすべてのプレイヤーに見せる。その中の進化ではないドラゴンと進化ではないヒューマノイドをすべてバトルゾーンに出す。こうして見せたカードが3枚ともドラゴンであれば、そのターン、バトルゾーンにある自分のクリーチャーはすべて「スピードアタッカー」を得る。その後、残りのカードを好きな順序で自分の山札の一番下に戻す。
T・ブレイカー
龍回避-このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、バトルゾーンを離れるかわりに、フォートレス側に裏返す。
龍覇 グレンモルト「爆」 P 火文明 (8)
クリーチャー:ヒューマノイド爆/ドラグナー 8000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、コスト5以下の火のドラグハートを1枚、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。(それがウエポンであれば、このクリーチャーに装備して出す)
スピードアタッカー
W・ブレイカー
爆龍覇 ヒビキ P 火文明 (4)
クリーチャー:ヒューマノイド爆/ドラグナー 2000
スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンにあるカードと同じ文明を持つ、コスト3以下のドラグハート・ウエポンを1枚、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出してもよい。(このクリーチャーに装備する)

主要カード

候補ドラグナー

《龍覇 ラブエース》バトライ刃を出すことで次のターン確実に閣を残せる。光単色なので、《爆熱天守 バトライ閣》アタックトリガーが発動しないのが難点
《龍覇 グレンアイラ》最軽量のバトライ刃呼び出し元。マナ基盤になれる分、序盤に出しにくい
《爆龍覇 リンクウッド/「お前の相手はオレだ、ザ=デッドマン!」》手札補充/バトライ刃の装備
《最終龍覇 ロージア》ドラグハートを出せるドラゴンのS・トリガー、ブロッカー
《最終龍覇 グレンモルト》フィニッシャー。ガイハートを呼び出す
《最終龍覇 ボロフ》ドラグハートを出せるドラゴンのS・トリガー、墓地回収
《次元龍覇 グレンモルト「覇」》バトライ閣を出せる他、状況に応じて出せる
《龍覇 グレンモルト》状況に応じたドラグハートを 【グレンモルト】も可能

その他候補カード

《瞬閃と疾駆と双撃の決断》3ターン目に《龍覇 グレンアイラ》を出してスピードアタッカー
《フェアリー・ライフ》マナブースト 《ヒビキ》に繋がる
《摩破目 ナトゥーラ・トプス/ストンピング・ウィード》《バトライ》の邪魔にならず3コストでデッキトップ操作が出来る。
《フェアリーの火の子祭》マナブースト が多めなら
《ミステリー・キューブ》コスト踏み倒し
《魂の呼び声》選んだ好きな種族を山札の置く山札操作
《龍装05号 イヴィルヴィ/イーヴィル・フォース》呪文面で《爆龍覇 ヒビキ》《龍覇 グレンアイラ》を出しスピードアタッカー付与。クリーチャー面もドラゴンであり無駄がない。
《爆砕面 ジョニーウォーカー》《バトライ》が不発にならないマナブースト 《ヒビキ》に繋がる
《勇者の1号 ハムカツマン蒼》革命チェンジcip山札操作

その他候補ドラゴンとヒューマノイド

特徴

【連ドラ】との違いとしてはこれらのドラグハートを出す関係上、ヒューマノイドが入るという点。これにより、《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》で詰むといったことはなくなったものの、《メンデルスゾーン》《偽りの王 モーツァルト》といったドラゴンのみを参照するカードを使用し辛く、これまでの連ドラと全く同じスタイルで回すといったことはできない。(正確には《王・龍覇 グレンモルト「刃」》のみを使用すればドラゴンの比率を下げずに済むが、その場合【連ドラ】に《グレンモルト「刃」》と《バトライ閣》を出張させる形になる)

デッキの回し方

《爆熱剣 バトライ刃》を呼び出すカードは、コスト4の《爆龍覇 ヒビキ》が有力。文明ヒューマノイドでありスピードアタッカーまで持つため、いきなりコスト踏み倒しを決めることができる。《ヘブンズ・フォース》を使えば、2ターン目に《爆龍覇 ヒビキ》を呼び出せる。攻撃せずに《爆熱剣 バトライ刃》龍解させたいなら《龍覇 ラブエース》という選択肢もある。

また、《爆龍覇 ヒビキ》から《勇者の1号 ハムカツマン蒼》革命チェンジで出せば、《爆熱剣 バトライ刃》は超次元ゾーンに戻ってしまうが、山札操作で多色ドラゴンを格段に出しやすくなるので、《∞龍 ゲンムエンペラー》《ニコル・ボーラス》のような相手の動きを封じることができるカードを踏み倒しやすくなる。

2ターンが難しくても、3ターン目に《瞬閃と疾駆と双撃の決断》《イーヴィル・フォース》を唱えて《龍覇 グレンアイラ》を出してスピードアタッカー化するというルートで踏み倒しを決めることができる。

2,3ターン目に《爆熱剣 バトライ刃》でうまくドラゴンを出し、《爆熱天守 バトライ閣》龍解できれば止めることは困難になるだろう。

他の呼び出し元として《爆龍覇 リンクウッド/「お前の相手はオレだ、ザ=デッドマン!」》《龍覇 スコッチ・フィディック》も、火文明で踏み倒し対象のため相性がいい。ただし、文明が増えるため色バランスに注意。

マナブースト《ミステリー・キューブ》などで《龍覇 グレンモルト「爆」》を出し《バトライ閣》から繰り出すタイプもある。スピードアタッカーによる攻撃でめくれた《魔龍バベルギヌス》などで《モルト「爆」》を出し直せば、2つ目の《バトライ閣》を建てることも可能。

あとは後続のドラゴンたちで殴って、ドラゴンをさらに展開し《爆熱DX バトライ武神》龍解させれば勝利は間違いなし。龍解する前に勝ってしまう事もありうる。

環境において

DMBD-14発売直後は、白黒赤の3色で組むことが主流となった。やはり、2ターン目から《ヘブンズ・フォース》から《爆龍覇 ヒビキ》を踏み倒して《爆熱剣 バトライ刃》装備して、ドラグナードラゴンを展開していく流れは強力であり、【連ドラグナー】は環境トップの強さを誇った。

さらにDMRP-15発売以降は、《勇者の1号 ハムカツマン蒼》《∞龍 ゲンムエンペラー》《ニコル・ボーラス》という別の色を入れた型が主流になり、その強さに磨きがかかった。《勇者の1号 ハムカツマン蒼》山札操作でそうした大型ドラゴンを確実に踏み倒せば、【連ドラグナー】のミラーマッチでもほぼ完封できるようになる。
《龍仙ロマネスク》《トップ・オブ・ロマネスク》をコスト踏み倒しして増えたマナ素出しフシギバースのプランに繋げるというコスト踏み倒しメタに強い型も一定数見られた。

ただ、そこそこの事故率を有するデッキなので、DMRP-15発売から1ヶ月近くが経過すると、事故の合間を縫って環境外の地雷デッキも多数入賞する結果となった。有志の調査によれば、CSの10月の優勝率は3割前後のこと。依然環境トップではあるものの、安定した強さはないことが分かる。

その強さについて

まず、このデッキの恐ろしさと言えば、最速2ターン目から大型ドラゴンの踏み倒しができること。相手が先攻2ターン目に《∞龍 ゲンムエンペラー》《ニコル・ボーラス》を展開されれば、メタカードを出してももう遅く、このような動きをされれば、運が悪かったと諦めるしかない。
《ZERO ハンド》であれば、《∞龍 ゲンムエンペラー》を後から破壊できるが、《ニコル・ボーラス》を出されればそれも捨てられるため、完全な対策にはならない。

2ターン目に出さなくとも3,4ターン目から大型ドラゴンを踏み倒すだけでも十分に強力。

軽量級ドラグナーを大量に積む上に早出し手段も少なくないため、事故率は低めでデッキの動きの再現率が非常に高い。体感では「《ヘブンズ・フォース》だけ引ければ十分回る」と言っても過言ではない。

コスト踏み倒しメタを先に立てられても、耐性を付けて着地を補助する《無敵剣 プロト・ギガハート》や、アンタップキラー付与して《異端流し オニカマス》も処理できるようにする《熱血剣 グリージーホーン》などで容易に対策できる。

《オリオティス・ジャッジ》のような後出しのコスト踏み倒しメタにも山札操作からの《∞龍 ゲンムエンペラー》《ニコル・ボーラス》で対策可能。《熱血星龍 ガイギンガ》《爆熱DX バトライ武神》などの耐性付きドラグハート・クリーチャーが多いため、除去(特に単体除去)に対しても強固。

1番な有力なメタは、相手の踏み倒し自体を防ぎパワーも低くない《洗脳センノー》である。また、マナを無色にさせる事でドラグハートをバトルゾーンに出させず除去されづらい《希望のジョー星》も有効。これらを大型ドラゴンが踏み倒される前に出せさえすれば単純なビートダウンで容易に勝てるが、3コストなのが気がかり。

また《デスマッチ・ビートル》なら2コストで出せ、《プロト・ギガハート》や《グリージーホーン》に対策されずに踏み倒しメタが出来る。《∞龍 ゲンムエンペラー》以外のクリーチャーには相打ち以上にできる。《∞龍 ゲンムエンペラー》もドラグナーを素出しするまでは出せないため時間稼ぎにはなる。

呪文面とトレードオフで除去能力を持つ《龍装05号 イヴィルヴィ》もいるため、メタを1体立てるだけでは安定しているとは言い難い。

このように驚異的なデッキパワーが高さに加えて、対策が困難なデッキである。

ルール上の注意

《爆龍覇 ヒビキ》《龍覇 ラブエース》は、マナゾーンにある文明のドラグハートしか出せないことを忘れてはいけない。特に、《ヘブンズ・フォース》でそれらを出した時に、マナゾーンに火文明のカードがないのに《爆熱剣 バトライ刃》を出すというルールミスが多発しているため注意。

参考