《バロン・ゴーヤマ》

バロン・ゴーヤマ VR 自然文明 (5)
クリーチャー:ワイルド・ベジーズ 5000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札を見る。その中からカードを1枚選んで自分のマナゾーンに置いてもよい。そうした場合、カードを1枚自分のマナゾーンから墓地に置き、《バロン・ゴーヤマ》以外の進化ではないワイルド・ベジーズを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出す。その後、山札をシャッフルする。
※殿堂入り

DM-27で登場したワイルド・ベジーズ

《ダンディ・ナスオ》と同じマナゾーン操作能力を持ち、ワイルド・ベジーズマナゾーンからコスト踏み倒しする能力が追加された。

自身の能力ワイルド・ベジーズ山札から持ってこられるのでまず不発はない。
これを考えるとある意味マナゾーンカード1枚と引き換えにワイルド・ベジーズリクルートする能力とも言える。

強力な能力ではあるが、進化クリーチャーが呼び出せないのはややネックだろう。
ちなみに踏み倒しは強制。ワイルド・ベジーズを出すとマナが一枚減ってしまうので、次のターンの進行に支障が出ないようにしたい。もっとも、マナ加速持ちも多いのでリカバリーはしやすい。

いろいろと呼び出す候補はあるが、ワイルド・ベジーズはどれも軽めで劇的な効果は望みにくい。やはり連鎖的にサーチ可能な《グレイト・カクタス》が筆頭候補。
他には【ドリアンロックロマノフ】などのコンボデッキにおいて、《ロイヤル・ドリアン》の呼び出しに使ったり、《アラゴト・ムスビ》を出すことによってマナを減らさずに使いまわすこともできる。能力こそ地味だが唯一W・ブレイカーを持ち《邪帝斧 ボアロアックス》龍解補助となる《ブルーザー・クヌーギ》も有力な選択肢と言える。

ワイルド・ベジーズは今後も増えていきそうな種族なので将来性はある。ワイルド・ベジーズ種族デッキならほぼ必須カードだろう。

環境において

【緑単ループ】サーチ手段として開花した1枚。気になるコスト踏み倒しメタ《掘師の銀》で退かせるので運用性は非常に良い。殿堂入りカードが増えるほど【緑単ループ】では重要性が増したカードであり、《ベイB ジャック》プレミアム殿堂により【緑単ループ】環境から姿を消して以降も【緑単サソリス】では依然として使用されている。

その後、超天篇環境【ネイチャーループ】が成立すると、そちらの主要パーツとして活躍。【ネイチャーループ】は環境を荒らすほどの活躍はしていなかったが、【緑単ループ】革命ファイナルから新章デュエル・マスターズにかけての環境を延々と荒らしたことを考慮されてか、その派生デッキで活躍するこのカードも2020年1月1日付で殿堂入りとなった。ただ、このカードの場合はサーチカードであり、これが無事であれば同時に殿堂入りとなった《侵革目 パラスラプト》もサーチすれば済むことになってしまうため、そう考えると納得の殿堂入りである。

その他

  • 元となった野菜はゴーヤだろう。苦い食べ物として有名で、ニガウリとも呼ばれる。ゴーヤは沖縄の方言で、正式な和名はツルレイシ。また、バロン(Baron)とは男爵のこと。
  • ゴーヤの花言葉は「強壮」。縁の下の力持ちであるこのカードらしい花言葉である。

フレーバーテキスト

  • DM-27
    その苦みに皆、苦しむ!

収録セット

参考