EX(エクスト)ライフ

DMSD-18で登場したキーワード能力。読みは「エクストライフ」であって、「エクストライフ」ではない。

聖魔連結王 バロディアス KGM 光/闇/火文明 (8)
クリーチャー:ディスペクター/デーモン・コマンド/エンジェル・コマンド 13000
EXライフ(このクリーチャーを出す時、自分の山札の上から1枚目をシールド化する。このクリーチャーが離れる時、かわりにそのシールドを墓地に置く)
T・ブレイカー
多色ではない呪文の効果によって、相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選ばれない。
このクリーチャーが出た時、またはこのクリーチャーの「EXライフ」シールドが自分のシールドゾーンを離れた時、相手のクリーチャーを1体破壊する。

この能力を持つクリーチャーが出る際にシールド追加を行い、その追加したシールドがあれば置換効果でそれがシールド焼却され除去を免れることができる。

それ以外はあくまで普通のシールドであり、このクリーチャーが離れる前にそのシールドブレイクなどされてしまってもクリーチャーがバトルゾーンを離れることはない。
プレイヤーもクリーチャーも生き残りやすくなるので、より大型クリーチャーで大暴れしやすくなるデザインである。

一部のカード(キングマスターカード《聖魔連結王 ドルファディロム》《聖魔連結王 バロディアス》)では、EXライフで得たシールドが離れた時誘発する能力も持つ。

ルール

「出時」ではなく「出時」である。状態定義効果の一種であり、バトルゾーンに出る前に効果が処理される。

  • EXライフでシールド化されたシールドは、「「EXライフ」シールド」と呼ばれ、EXライフで出たクリーチャーと紐付けされた状態になる。
    • 「このクリーチャーの「EXライフ」シールド」とある場合、その能力を持ったクリーチャーが出す時にEXライフで追加したシールドという意味になる。
  • 「EXライフ」シールドが、シールド・プラスなどで構成カードが増えた場合、その構成カードもすべて「EXライフ」シールドとして扱われ、紐付けが解除されることもない。参考
  • 複数のカードで構成されているシールドのうち、一部のシールドカードが離れても、「「EXライフ」シールドが離れた時」の能力は誘発しない。誘発させるには、そのシールドのカードがすべて離れなければならない。参考
    • 複数のカードで構成されている「EXライフ」シールドが丸ごと離れても、「「EXライフ」シールドが離れた時」は1回しか誘発しない。参考
  • 「EXライフ」シールドが一度離れた場合は紐付け状態も解除され、再度同じ位置にカードをシールド化しても、紐付けされることはない。参考
  • バトルゾーンに出る前から状態が決定される能力なため、バトルゾーンに着地すると同時に能力が無視されても、シールド化も紐付けもきちんと行われる。ただし、能力が無視されている間は、EXライフ能力の置換効果は機能しない。参考
  • 「EXライフ」シールドと紐付けされているクリーチャーが進化しても、EXライフ能力の置換効果は消滅するが、紐付け状態は引き継ぎが行われるため、退化して再度EXライフ能力が復活すれば、EXライフ能力の置換効果も復活する。参考

テクニック・弱点

シールド追加の側面も持っているため、ラビリンスホーリー・フィールドなどと組み合わせてもいいスペックである一方、《ハープーン・ランチャー》《デュエマの鬼!キクチ師範代》などが刺さる

シールド・フォース同様、《ハッスル・キャッスル》などのブレイク置換効果などで守るという手法があるが、高速化した現代環境ではオーバーキルなため、代わりに《「雷光の聖騎士」》を使った方がいいだろう。

その他

  • この能力を持つクリーチャーの枠の下側には、追加したシールドを指し示すことができるような、特殊な模様が描かれている。
  • 性質としては、シールド・フォースに似ている。あちらと違い、自分のシールドがない状態でも使用可能になり、1つのシールドに1体しか紐付けできなくなったような能力となる。
  • 「ex」は「接頭辞」で、語源はギリシャ語にあたり「外へ」という意味を持つ。そのため、EXライフは直訳で「生命を外に」となる。
    クリーチャーの「生命」を、「外(シールドゾーン)」に配置する点で見事に合致している。
  • 直感的に思い浮かぶ「エクストラ」+「ライフ」の造語は、「生命延長」として意訳でき、能力の性質的にも専らこちらが主な由来だろう。
    • なお、シューティングゲームにおいて残機が1増えることは「エクステンド」と呼ばれる。
  • メタ的な見方になるが、無限ループによる悪用を防ぐための能力とも思える。
    元来よくあるcipによるシールド化であったならば、無限ループの最後に処理をすればライブラリアウトの危険がなくなり実質無意味になっていただろう。
    しかしcipよりも早い段階でシールド化が行われるため(シールド化を封じる手段を用意しなければ)出す度にライブラリアウトへ近づいていく。
    さらに強制的な疑似エスケープな能力によりcip目当てで使いまわすのも困難となる。
    仮に使いまわす事ができても無限ループは主に特定カードを使いまわしながら山札のキーカードをサーチしつつループへと繋げていくが、
    EXライフの強制シールド化によって使いまわすたびにシールドも増えていき所謂「盾落ち」の危険度も格段に増していく。
    総じて強力なクリーチャーを生み出しながら無限ループによる悪用を防ぐために設置された能力とも考えられる。[1]

参考


公式Q&A

Q.「EXライフ」とは、どういう能力ですか?
A.バトルゾーンに出す時、「出た時」の能力より先に、かつ効果処理に割り込む形で使い、山札の上から1枚目をシールドに追加する能力です。これは状態定義効果です。例えば、《蒼龍の大地》《聖魔連結王 バロディアス》を出した場合、「EXライフ」で山札の上から1枚をシールド化してからバトルする効果を使います。
引用元

Q.相手の《龍世界 ドラゴ大王》がいる状況で、自分の《聖魔連結王 バロディアス》を出す際、「EXライフ」でシールド化し、そのシールド化したカードを墓地に置いてバトルゾーンに残せますか?
A.いいえ、残せません。この場合《聖魔連結王 バロディアス》《龍世界 ドラゴ大王》の置換効果によって墓地に置かれます。バトルゾーンに出ていませんので、「EXライフ」によるシールド化もしません。
引用元

Q.《あたりポンの助》《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》の「出た時」の能力で《聖魔連結王 バロディアス》を選び、その能力が無視される状況です。《聖魔連結王 バロディアス》をバトルゾーンに出す場合、「EXライフ」はどうなりますか?
A.《あたりポンの助》らははバトルゾーンにいるクリーチャーの能力のみを無視します。出す時の「EXライフ」は無視されませんので、山札の上から1枚目をシールド化します。《あたりポンの助》らがバトルゾーンにいる状況で《聖魔連結王 バロディアス》が離れる場合、その能力は無視されているので「EXライフ」による置換効果は適用できず、追加したシールドはそのまま残ります。
《あたりポンの助》らがバトルゾーンを離れた場合、能力は無視されなくなるので、追加したシールドは再び《聖魔連結王 バロディアス》の「EXライフ」シールドとして扱います。
引用元

Q.《聖魔連結王 バロディアス》の「EXライフ」でシールド化した「EXライフ」シールドに、裁きの紋章や「シールド・プラス」などでカードを重ねました。これらのシールドカードは、すべて「EXライフ」シールドとして扱いますか?
A.「EXライフ」でシールド化したシールドに重ねたシールドカードもすべて含め、1つの「EXライフ」シールドとして扱います。
《聖魔連結王 バロディアス》が離れる時、「EXライフ」シールドが複数のシールドカードが重なった状態になっていた場合、かわりにそれらすべてが墓地に置かれます。
引用元

Q.《聖魔連結王 バロディアス》の「EXライフ」でシールド化した「EXライフ」シールドに、裁きの紋章や「シールド・プラス」などでカードを重ねました。この重なったシールドのうち一部のみが離れた場合、《聖魔連結王 バロディアス》の「「EXライフ」シールドが自分のシールドゾーンを離れた時」の能力は使えますか?
A.いいえ、使えません。「EXライフ」シールドを構成するシールドカードがすべて同時にシールドゾーンを離れた場合にのみ、「「EXライフ」シールドが自分のシールドゾーンを離れた時」の能力がトリガーします。
引用元

Q.《聖魔連結王 バロディアス》の「EXライフ」でシールド化した「EXライフ」シールドに2枚のシールドカードが重なり、合計3枚が重なった1つのシールドになっている状況です。この「EXライフ」シールドがブレイクされた場合、《聖魔連結王 バロディアス》の「「EXライフ」シールドが自分のシールドゾーンを離れた時」の能力は何回トリガーしますか?
A.この場合でも「EXライフ」シールドが自分のシールドゾーンを離れた時」の能力は1回しかトリガーしません。
引用元

Q.《トライガード・チャージャー》を唱えて《聖魔連結王 バロディアス》の「EXライフ」シールドを一度手札に加え、その後、もう一度同じ位置に手札からシールド化しました。
この新たにシールド化したシールドは、「EXライフ」シールドとして扱いますか?
A.いいえ、扱いません。一度シールドゾーンを離れた後でもう一度同じ位置にシールドを追加したとしても、それを「EXライフ」シールドとしては扱いません。
引用元

Q.《聖魔連結王 バロディアス》の「EXライフ」シールドを《夜に吹くシト》の「出た時」の能力で山札の上のカードと入れ替えた場合、その入れ替えたシールドは引き続き「EXライフ」シールドとして扱いますか?
A.いいえ、扱いません。入れ替えたシールドは、元のシールドとは別のシールドとして扱います。また、入れ替えを行った時にも《聖魔連結王 バロディアス》が持つ「このクリーチャーの「EXライフ」シールドが自分のシールドゾーンを離れた時」の能力はトリガーします。
引用元

Q.《ホーガン・ブラスター》《ミステリー・キューブ》を使い、表向きにした山札の一番上のカードが《聖魔連結王 バロディアス》のような「EXライフ」を持つクリーチャーだった場合、それをバトルゾーンに出せますか?
A.はい、出せます。その場合、表向きにしたクリーチャーの下にあるカードを「EXライフ」の能力でシールド化します。
引用元

Q.バトルゾーンに自分の《聖魔連結王 バロディアス》がいて、シールドゾーンにその「EXライフ」シールドがある状況で、自分は《冥界の手》を唱えました。この場合、どのように処理しますか?
A.シールドをシャッフルして並べなおした後、元々「EXライフ」シールドが置かれていた位置に新たに置かれたカードが新たな「EXライフ」シールドとして扱われます。(総合ルール 113.2a)
引用元

Q.自分の《聖魔連結王 バロディアス》《ボルシャック・大和・モモキング》に進化した場合、「EXライフ」でシールド化した「EXライフ」シールドはどうなりますか?
A.進化元となった《聖魔連結王 バロディアス》の「EXライフ」シールドとしてシールドゾーンに残ります。
進化した《ボルシャック・大和・モモキング》が離れる際、かわりに「EXシールド」を墓地に置くことはできませんが、《ボルシャック・大和・モモキング》が離れて、バトルゾーンに残った《聖魔連結王 バロディアス》がバトルゾーンを離れる際は、かわりに「EXライフ」シールドを墓地に置きます。
引用元


[1] ループによる悪用によって早期殿堂入りというプレイヤーなら誰もが懸念する事態も回避される。