超天篇環境(ガチャレンジ・シリーズかんきょう)

DMSD-08DMSD-09期(発売日 2019年3月16日)

新戦力カード

概要

【チェンジザドンジャングル】《超GR・チャージャー》を獲得してGR戦術を新たに手にした。ジョーカーズはジョーカーズ・GRクリーチャーの多くと《ガチャダマン》を獲得。新たなデッキである【GRジョーカーズ】を形成した。

この時期は【ジョット・ガン・ジョラゴン】【赤白“轟轟轟”ブランド】【クラッシュ“覇道”】が3トップであり、その後ろを【チェンジザドンジャングル】【GRジョーカーズ】が追う格好であった。

DMRP-09期(発売日 2019年3月30日)

新戦力カード

概要

【赤白“轟轟轟”ブランド】には《音奏 プーンギ》《ドドド・ドーピードープ》《♪銀河の裁きに勝てるもの無し》《♪正義の意志にひれ伏せ》などの多数の強化パーツが追加。デュエマGR爆速スタート52枚デッキセットで先行登場していた《KAMASE-BURN!》も一般解禁された。まさしくDMRP-09のコモン枠は【赤白“轟轟轟”ブランド】のためのものといっても過言ではなかった。

【サッヴァーク】《音奏 ハイオリーダ/音奏曲第3番「幻惑」》を獲得。それまで打点形成が苦手であったのが嘘のような展開力を発揮するようになった。

【ドロマー超次元】《サイバー・K・ウォズレック/ウォズレックの審問》《無修羅デジルムカデ》などの強化カードを得た。

そんな中2019年4月14日に行われたDMGP-8thDay2(殿堂レギュレーション)では意表を突くかのごとく【赤白ミッツァイル】が優勝を果たし、以降急速に広まった。【チェンジザドンジャングル】【黒緑ドルマゲドン】【サッヴァーク】もベスト8に残り、【5色蒼龍】はこのベスト8入賞を境に流行を見せた。

オレガ・オーラでは初期のオーラデッキとして【青黒オレガ・オーラ】【バニラオーラ】が成立。

DMEX-05期(発売日 2019年4月20日)

新戦力カード

概要

DMEX-05再録中心のエキスパンションであり、影響を受けたのは《白皇角の意志 ルーベライノ》が参入した【サッヴァーク】《鋼ド級 ダテンクウェールB》を獲得した【GRジョーカーズ】《接続 CS-20》《シニガミ 丁-四式》を手に入れた【青黒オレガ・オーラ】程度であった。

《ポクタマたま》は登場初期こそ評価が低かったが、《大卍罪 ド・ラガンザーク 卍》《卍罪 ド・リュザーク》といった墓地利用オーラのメタとして採用されるようになった。

メタゲームは【赤白“轟轟轟”ブランド】【クラッシュ“覇道”】といったビートダウンの優勢が確立。それを《Dの牢閣 メメント守神宮》を始めとする防御手段を持つ【黒緑ドルマゲドン】【チェンジザドンジャングル】が迎え撃つ形となった。最終的に、【サッヴァーク】【ジョット・ガン・ジョラゴン】を加えたデッキにトップメタが集約される状況となった。

一方、【デ・スザーク】【赤白“轟轟轟”ブランド】【チェンジザドンジャングル】のパッケージである《奇石 ミクセル》によって無月の門持ちのプレイを阻害され、【黒緑ドルマゲドン】にも禁断爆発によって《卍 デ・スザーク 卍》を処理され、といった具合に環境の3トップに歯が立たず、チャンピオンシップ4位以内入賞がまばらになった。【スコーラー】は上位入賞こそ途絶えてはいないが《音奏 プーンギ》にきわめて不利であり、環境の主軸からは退いた。

DMSD-10期(発売日 2019年5月18日)

新戦力カード

概要

【白黒緑ドルマゲドン】が台頭。相性の悪い【墓地ソース】はやや低調になった。

この時期のトップメタである【ジョット・ガン・ジョラゴン】【赤白“轟轟轟”ブランド】【チェンジザドンジャングル】の間には【赤白“轟轟轟”ブランド】→【ジョット・ガン・ジョラゴン】→【チェンジザドンジャングル】→【赤白“轟轟轟”ブランド】の三竦みが成立した。

【ウォズレックバジュラズテラ】がメタゲーム中に進出。【モルト NEXT】もそのカウンター性能と除去力を武器に環境に復帰。低速化した環境に適応している。

DMSD-11DMSD-12期(発売日 2019年6月15日)

新戦力カード

概要

DMSD-12では《葬罪 ホネ損ビー》が目玉。《大卍罪 ド・ラガンザーク 卍》召喚前の墓地肥やしと手札補充を1枚でこなせる。

DMRP-10期(発売日 2019年6月22日)

新戦力カード

概要

3種のマスターカードはいずれも強力であり、早々に環境入りを果たした。なかでも《Wave All ウェイボール》【青魔導具】等に登用されている。

《Wave ウェイブ》《知識と流転と時空の決断》《イグゾースト・II・フォー》【青黒ハンデス超次元】をベースとした新デッキ【青黒GRハンデス】を形成、環境へ進出した。双・超マーク2ブロック構築環境では【イマムーグ】も活躍。

レア以下にも優秀なカードが揃っており、《MANGANO-CASTLE!》《GIRIGIRI・チクタック》【赤白ミッツァイル】【赤白サンマックス】などで採用されている。

《タンスかみなりヒゲおやじ》も面白いカード。《シューズッキュン》からのJチェンジ《Dの牢閣 メメント守神宮》からのタップキル《BAKUOOON・ミッツァイル》の変換要員など、見た目によらず様々な戦法に使われている。

殿堂レギュレーション(2019年7月1日から殿堂入り)

概要

この殿堂レギュレーション改訂の影響で【赤白“轟轟轟”ブランド】を始めとする【“轟轟轟”ブランド】系列のデッキ、【青単スコーラー】が構築困難になり、【ウォズレックバジュラズテラ】が消滅した。【ドロマー超次元】《ヴォルグ・サンダー》を失い、《煌龍 サッヴァーク》によるビートダウンGR召喚を活かしての1ショットキルを取り入れる必要に追われた。

新殿堂施行直後の環境では1枚制限になった《ガヨウ神》の枠に《燃えるデット・ソード》を積み込んだ【ジョット・ガン・ジョラゴン】、殿堂レギュレーション改訂で無傷の【サッヴァーク】が勢いを伸ばした。DMEX-05期から浮上しつつあった【ロマノフシャコガイル】も環境上位に躍り出ている。また、【ロマノフシャコガイル】に対して【サッヴァーク】《偽りの王 ナンバーナイン/歓喜の歌》【ジョット・ガン・ジョラゴン】《ポクチンちん》とメタカードが無理なく積めるのが環境中での強みでもある。

DMEX-06期(発売日 2019年7月20日)

新戦力カード

概要

《爆銀王剣 バトガイ刃斗》を獲得した【モルト NEXT】《撃速 ザ・グナム》《覇王速 ド・レッド》を獲得した【レッドゾーン】が強化され、環境に躍り出た。【赤緑ジョーカーズミッツァイル】もトップメタの一角となった。

《S級原始 サンマックス》は登場するなり専用デッキ【サンマックス】を形成した。

DMBD-09DMBD-10期(2019年8月9日発売)

新戦力カード

DMBD-09

DMBD-10

概要

それまで【モルト NEXT】がトップを走っていた環境であったが、【青黒緑デッドダムド】が成立すると状況が一変する。【青黒緑デッドダムド】【モルト NEXT】から環境トップの座を奪い、2番手にはそちらに速度で勝てる【青魔導具】【サンマックス】、カウンターで勝ちに行ける【ロマノフシャコガイル】が付けることとなった。
超CSIII in 山形』においては決勝ラウンド進出者128人中使用率1位が【青黒緑デッドダムド】(49人)、2位が【青魔導具】(15人)、3位が【ロマノフシャコガイル】(14人)、4位が【サンマックス】(11人)となり、5位の【モルト NEXT】は8人使用にとどまるなど、DMEX-06期と比べて既存のデッキが著しく失速。【青黒緑デッドダムド】に対する有利・不利がそのまま環境を決めるに至ったことから、その影響力の程が分かるだろう。

一方、DMBD-09で強化を受けた【カイザー「刃鬼」】は、ベスト128進出者なしと、目を覆うばかりの結果となった。

その後、しばらくすると【青黒緑デッドダムド】の弱点として「5コストの《無修羅デジルムカデ》が出せるまで守りが薄い」ことが着目され、防御札《テック団の波壊Go!》《ドンドン水撒くナウ》にも《伝説の禁断 ドキンダムX》メタを貼れる【赤単ブランド】が再び環境に舞い戻った。【サンマックス】のスピードにも負けない猛攻を仕掛けられることから、CSでも優勝、準優勝報告が見られるようになる。

DMRP-11期(2019年9月21日発売)

新戦力カード

シークレットカード

マスターカード
全て

スーパーレア

概要

重量級マナドライブと《スゴ腕プロジューサー/りんご娘はさんにんっ娘》の登場によって【青赤緑ミッツァイル】が成立。DMRP-11発売直後の各地のチャンピオンシップで上位入賞報告が為され、この頃の環境のトップメタとなった。このような9枚の2コスト初動マナブーストから動くGR召喚主体のデッキはその後の超天篇環境で嫌と言う程見る構築となった。

《ΓΛΧ ヴィトラガッタ》を始めとする自然の疑似侵略オーラが登場。速さを武器にした新たなオーラデッキである【青緑オレガ・オーラ】が成立するに至る。
他にも《生命と大地と轟破の決断》《カエルB ジャック》《サマー・オジサマー/ムーン・オジサマー》等、もはやくどいレベルでループを後押しする様なカードが続出した。

そんな中、2019年10月5日に「DMGP-9th」が開催された。優勝は【カリヤドネループ】、準優勝は【赤単ブランド】、3位は【カリヤドネループ】、4位は【メルゲドッカンデイヤー】であった。ベスト8には他にも【青赤緑ミッツァイル】が1人、【赤単ブランド】が2人、【ロマノフシャコガイル】が1人残った。

最大8枚体制となる《神秘の宝箱》《レインボー・ストーン》、やはり8枚体制の《ラ・ズーネヨマ・パンツァー/逆転のオーロラ》《逆転のオーロラ》を大量投入した構築論は、その後も【メルゲドッカンデイヤー】だけでなくメインデッキのフィニッシュ枠を最小化できる多くのデッキに受け継がれた。

DMGP-9th』環境は【速攻】ループの2大勢力に分かれており、安定感を重視した構築が好まれていた。逆に、カウンター札を封じる手段を使ってフィニッシュする中速系統、高速デッキでも事故率の高いものはその2大勢力に不利が付いて顕著な実績を残すことができなかった。その点、『超CSIII in 山形』のトップメタであった【青黒緑デッドダムド】【新世壊ガ・リュミーズ】はベスト8進出を逃しており、直前の環境までトップメタであった【青赤緑ミッツァイル】もベスト8に1人しか残らなかった。

DMGP-9th』開催後の環境は1ショットキルループが多い環境となり、そうしたことから《アイアン・マンハッタン》で展開を阻止することができる【青緑ジョラゴン】が台頭した。

また、【赤青ジョーカーズミッツァイル】が成立した。

DMBD-11DMBD-12期(発売日 2019年11月16日)

新戦力カード

概要

以前から存在していた【赤青ジョーカーズミッツァイル】は、《ザパンプ》《無限合体 ダンダルダBB》呪文戦略を得意とする水文明ジョーカーズを新しく迎え入れる。
これにより《“魔神轟怒”万軍投》《ジョジョジョ・マキシマム》等強力な呪文を扱いやすくなり、【赤青ジョーカーズミッツァイル】は安定して3~4ターン目に逆転手段を全て封じながら1ショットキルをしてくるアンフェアなデッキに仕上がり、【ミッツァイル】の凶悪さをより引き立たせた。この頃になると、最早ミッツァイル・マスターズは収まる所を知らず、多くのプレイヤーに殿堂入りもしくは即時プレミアム殿堂が予想された。
また、この時期には【白青黒オレガ・オーラ】なる、オレガ・オーラを中心とし、各種妨害を多く積んだデッキが成立した。

DMRP-12期(発売日 2019年12月20日)

新戦力カード

概要

《滅亡の起源 零無》/《零龍》零龍星雲の登場により【零龍ギャスカ】が成立。各地のチャンピオンシップで4位以内入賞をかっさらう強豪デッキとして名乗りを上げた。
その主要パーツとなった《怨念怪人ギャスカ》は、既に絶版となっているDM-14以来14年も再録されていないカードであったため、この躍進を受けて一時期シングルカードの値段が大暴騰した。
また、《零龍》を取り入れた型の【墓地ソース】が復権。《暴走龍 5000GT》ロック超GRに刺さる点も復権の理由の1つである。

他にもオレガ・オーラの強化版であるギガ・オレガ・オーラや、マナドライブによる自壊で能力を発揮するGRクリーチャーの登場も見逃せない。
《神楯と天門と正義の決断》《絶望と反魂と滅殺の決断》により、強力なパーフェクト呪文が全文明に揃った。
大量のGR召喚との相性の良いカードも続出し、低レアリティにも優秀なカードが満載。良くも悪くも超天編を総括するパックとなった。

《ジョギラスタ・ザ・ジョニー》【5色蒼龍】ビッグマナの強化パーツに当てられ、《The ジョギラゴン・アバレガン》により【龍終アバレガン】が成立。
《バーンメア・ザ・シルバー/オラオラ・スラッシュ》の登場によって【バーンメアジョーカーズ】が成立。
《“極限駆雷”ブランド》《バルバルバルチュー》【赤単ブランド】をストレートに強化した。
《サザン・エー》《クリスマIII》【青赤緑ミッツァイル】の強化パーツとなった。
《天命龍装 ホーリーエンド/ナウ・オア・ネバー》の登場により【ナウ・オア・ネバーループ】が成立。今後の進展に期待されている。
《ヨミジ 丁-二式》《γγ モンキュウタ》による即死コンボも恐ろしく、2020年1月1日殿堂レギュレーション改訂以降の環境で【白黒緑ヨミジループ】として暴れまわった。その即効性・展開時間の長さも問題となっており、将来の殿堂入りと見られている。
《煌銀河最終形態 ギラングレイル》は通常環境でも勿論強いが、殿堂ゼロデュエル型の【ダーツデリート】を最強レベルに昇華させてしまった。

殿堂レギュレーション(2020年1月1日から殿堂入り)

概要

「2010年代最後の殿堂入り」と銘打ち新たな殿堂レギュレーションの改訂が発表された。環境は既に「《BAKUOOON・ミッツァイル》を使うデッキ」と「《「本日のラッキーナンバー!」》を連打するデッキ」で二極化していると言っても過言ではなく、そこにメスが入る形となった。
《ミッツァイル》を主軸にしたデッキは大きく弱体化・及び消滅を余儀なくされ、妨害やフィニッシュを《「本日のラッキーナンバー!」》に依存するデッキも大打撃を受けた。

また、《禁断機関 VV-8》の殿堂入りで【青黒緑デッドダムド】は弱体化、《生命と大地と轟破の決断》関係のループデッキもパーツに規制がかかった。尤も、後者はデッキの根幹を担う《生命と大地と轟破の決断》が無傷であるため、以降も多くのコンボデッキループデッキが生まれることが予想される。
一方で全体的にS・トリガーケアが減ったことで、受けが強い遅めのデッキは相対的に強化された。

しかし、《MEGATOON・ドッカンデイヤー》DMRP-12で登場したGRクリーチャーと殿堂入りした《BAKUOOON・ミッツァイル》と共に【ドッカンデイヤーミッツァイル】で環境に台頭したちまち、優勝、上位入賞をかっさらっていった。
これまで《BAKUOOON・ミッツァイル》の影に埋もれがちだった《MEGATOON・ドッカンデイヤー》の強さ、というより一度に複数回GR召喚ができる事の強みがここに来て存分に発揮されるようになったと言えるだろう。

【4色ドッカンデイヤー】が成立しており、これも次々とチャンピオンシップで入賞し出した。

旧殿堂で【青赤緑ミッツァイル】の影に隠れていた【バーンメアジョーカーズ】もそこそこ環境で見られるようになった。

【ドッカンデイヤー】に対抗する勢力として【カリヤドネループ】【零龍墓地ソース】が登場したが、それらへの対策として墓地利用メタを導入した代償として【ドッカンデイヤー】からは防御S・トリガーが失われ、その影響で【“B-我”ライザ】【赤白サンマックス】【赤単ブランド】などの速攻が増えた。

DMEX-08期(発売日 2020年1月25日)

新戦力カード

概要

メタが変遷した結果、DMEX-08発売時点では群雄割拠と呼べる環境が生まれた。
《Black Lotus》《ボルシャックライシス・NEX》を手に入れた【モルト NEXT】《ゾンビポンの助》を無限に出し入れする【モヤシ化ゾンビループ】《並替と選択の門》《D2M2 ドグライーター》で早出しするデッキ(【ドグラゲート】)など様々なデッキが開発されたが、GR召喚を利用したデッキには敵わず、可能性はあるものの環境入りすることはほとんど無かった。

【バーンメアジョーカーズ】は、ループに対して《奇天烈 シャッフ》《洗脳センノー》が刺さることが発覚し、【4色ドッカンデイヤー】から環境のトップメタを剥奪。【零龍墓地ソース】《激竜王/ガイアール流激烈竜王破・滅》を獲得したものの、受けの強い【バーンメアジョーカーズ】には叶わずトップメタ入りまでは行かなかった。

【白緑ファイブスター】も新勢力として環境に進出。

主流デッキ(通常環境)

総括

超天篇環境はGR召喚による、運混じりの一発逆転をテーマにして販売された。

初期のGRクリーチャーは2コスト程度のスペックや準バニラが多く、切り札とされた《The ジョラゴン・ガンマスター》などもバトルゾーンにある程度カードが揃わないと力を発揮しなかった。その為、主人公達は条件を満たして真の力を発揮させようとしたり、足りないカードパワーを補うためオレガ・オーラを付けて戦うという展開が行われた。こうして超GRはプレイヤー達に浸透していったが、当時は環境に影響を与えるだけのカードパワーが無かった為、既存のデッキ群の後を追うレベルとされていた。
しかし、DMRP-11にこれまでのコストパフォーマンスとは一線を画する、重量級マナドライブを備えたGRクリーチャーが登場し、それらと相性の良い【ミッツァイル】が大流行。これを機に超天篇環境は速攻ループに二極化されていったが、根本にあるのは大量展開を活かしたアクションであり、展開に対戦時間の多くが取られてしまう事となった。

また、覚醒編環境ドラゴン・サーガ環境では超次元ゾーンで使える高レアリティのカードを集めるべく、プレイヤー達の買い占めが起こり、超次元関連のカードに対する高騰が起こった。超天篇環境ではその様な事態を解消する為に、既存のGRクリーチャー構築済みデッキに何度も収録したり、DMEX-05 「100%新世界! 超GRパック100」などで手に入る機会を増やしたりしてカードの過激な高騰を防ぐ措置が取られた。これにより、低レアリティのGRクリーチャーはカード資産の少ないプレイヤーにも使える物となったが、《BAKUOOON・ミッツァイル》《ゴッド・ガヨンダム》の様な高レアリティの多くは使用の為にはガン積み必須だった。この為、高レアリティな関連カード、特に大量展開を行えるカードの暴騰を抑える事は出来なかった。特に、スーパーレアのGRクリーチャーは1カートン(12箱)に数枚程度の封入率となっており、大抵シングルカードでは箱買いに迫る程の値段で取り引きされる癖に2枚必要で、尚且つ多くの環境デッキにおいて必須パーツとなった事も問題視された。当時環境で優勝を狙えるようなデッキを組むには2〜3万円程度かかると言われていた。

また、デュエマゴールデンリストでもDMRP-09の早期再録やDMEX-08での《堕魔 ヴォーミラ》の再録ミスもあり、信用失墜が問題となって廃止されてしまった。

こうして、超天篇環境は当初掲げられていた、GRクリーチャーによる一発勝負とは程遠い、課金ゲーで目当てのキャラが出るまでリセマラするようなプレイングが大流行。一度大量展開が起これば逆転はほぼ不可能であり、ハラハラ感を楽しめるのとは程遠い結果になってしまった。
同時に、歴代環境でもかつてないレベルで使われるカードの淘汰が行われてしまい、同じデッキばかり見る事となったプレイヤー達の不満が募り、資産の少ないプレイヤーにはカードを買い揃える事がままならず、大会でも全く勝てないとの不評だった[1]

勿論、超GRによってメインデッキの圧縮が可能になったり、新しいデッキタイプがこれまで以上に作られていったのもまた事実だが、「『本当に誰もが楽しめるもの』にはできなかった」シリーズとして開発側からも総括されている[2]

参考


[1] この有り様はミッツァイル・マスターズと揶揄される事となった
[2] クリエイターズ・レター vol.34