革命類突進目(かくめいるいとっしんもく) トリケラX(エックス)

革命類突進目 トリケラX VR 自然文明 (7)
進化クリーチャー:ジュラシック・コマンド・ドラゴン/革命軍 9000+
進化−自分の自然のクリーチャー1体の上に置く。
このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーよりパワーの小さい相手クリーチャーを1体選び、持ち主のマナゾーンに置く。
革命2−自分のシールドが2つ以下なら、このクリーチャーのパワーを+9000し、「Q・ブレイカー」を与える。
W・ブレイカー

DMR-17で登場した進化ジュラシック・コマンド・ドラゴン/革命軍
アタックトリガーで自身より低いパワークリーチャーを1体マナ送りにできる。また革命2で大幅にパンプアップされ、Q・ブレイカーを得る。

革命2を無視しても自然《超竜騎神ボルガウルジャック》といったスペックであり、その制圧力は中々に魅力的。パワー8500以下でも除去できる範囲としては十分で、殆どの中堅アタッカーをマナ送りにできる。
革命が発動しなくてもある程度の働きが期待できるのは少なくない利点である。

7コストとやや重めだが、自然の十八番であるマナブーストに加え、同エキスパンション《雪精 X-girls》コスト軽減から綺麗に繋げることができるので、そこまで気にする必要はない。

革命2が発動するとパワー18000のQ・ブレイカーとなる。この点は前述のアタックトリガーとシナジーを形成しており、マナ送りにできる範囲が17500までに増大する。
殴り返しとアタックトリガーでフィニッシャー級も討ち取ることができ、Q・ブレイカーでシールドを一気にブレイクする事も可能になるため、大逆転も狙えるだろう。

難点は除去耐性がないことと、自身の文明である自然に革命と相性の良いカードが少ないことか。《逆転のオーロラ》とは比較的好相性だが、逆に言えばそれくらいしかないので、あくまで革命に拘るなら他の文明のカードと組み合わせるなどの工夫をしたい。

また、調子に乗って相手クリーチャーをマナに送りすぎたり、不用意にQ・ブレイカーを決めたりすると、相手のデッキタイプによっては増えたマナ手札で手痛い反撃を食らう可能性があるため注意が必要である。

フィニッシャーとしても十分な1枚だが、詰めのひと押しと言った運用のほうが使いやすいだろう。

関連カード

収録セット

参考