《シュトラ》

シュトラ C 水文明 (4)
クリーチャー:サイバーロード 2000
このクリーチャーがバトルゾーンに出たとき、各プレイヤーは自分自身のマナゾーンからカードを1枚ずつ選び、それぞれの手札に戻す。

DM-03で登場したサイバーロード
cipで、各プレイヤーのマナゾーンのカードを1枚ずつバウンスする。

よく言えばマナ回収、悪く言えばランデスを両プレイヤーに強いる。自分も相手も同じことをしているだけなので、アドバンテージの総量だけ見れば、パワー2000のバニラと同等。
序盤にマナに埋めた《パラダイス・アロマ》を即召喚できるなど、他のカードとの組み合わせで使い方を考えるべきだろう。

登場次点のカードプールには、文明は違うものの普通にランデスしたいなら《マナ・クライシス》マナ回収したいなら《ピクシー・コクーン》が存在し、それらのお株を奪うのは困難だった。
しかも、DM-24上位互換《フォール・クロウラー》が登場し、あちらも使われなかったため、長らく環境での活躍は絶望的だった。

しかし、DMBD-15期に環境トップとして台頭した【オカルトアンダケイン】ランデス要員として《フォール・クロウラー》が使われるようになり、《フォール・クロウラー》が大高騰すると、それの代用としてこのカードにもお呼びがかかるようになる。登場から18年越しの快挙である。
元々オールハンデスの機構を持っている【オカルトアンダケイン】では《フォール・クロウラー》のO・ドライブが有効に機能することがほとんどないため、ほぼ相互互換として使える。

  • 《転生プログラム》のイラストに、目の色など容姿の細部は違うが《シュトラ》のようなクリーチャーが出ている。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DM-03
    「一番欲しいものは安心なんだ。」――シュトラ

収録セット

参考