霊騎(れいき)コルテオ》

霊騎コルテオ R 光文明 (7)
クリーチャー:アーク・セラフィム/オリジン 2000
S・トリガー
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある自分のクリーチャー1体につき、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選びタップしてもよい。

DM-33で登場したアーク・セラフィム/オリジン

コストS・トリガー持ちで、cipバトルゾーンにある自分のクリーチャーの数に応じて相手クリーチャーをタップできる。

とりあえずこのクリーチャーも換算されるので、バトルゾーンに出れば最低1体はタップできる。だが、さすがにそれでは厳しいので、クリーチャーを展開するタイプのデッキで用いて、《スーパー・スパーク》程度の効果にしてしまいたい。

《スーパー・スパーク》に比べると状況に左右されるが、中盤から終盤にかけて他のクリーチャーが1体も出ていないことは稀なので、S・トリガーとして飛び出せばうまく相手クリーチャーを止めてくれる。タップキルを多用するデッキでもそれなりに活躍は見込めるだろう。

勿論自身が種族に持つアーク・セラフィムとは相性抜群であり、得意の大量展開を活かせる。
オリジンを合わせ持つことも凶悪で《エンペラー・キリコ》《超竜ラセツ》など、多彩な切り札の進化元として扱われた。

S・トリガーの中では代表的な部類であったが、ブロッカーまで持ち合わせた《閃光の守護者ホーリー》の存在が大きく、あちらが登場してからは殆ど見かけなくなった。

  • 場にある自分のクリーチャー数が多ければ、《スーパー・スパーク》と同じ効果を得られる。しかし、そちらと違って相手クリーチャーを選ぶ必要があるので、アンタッチャブルをタップすることができない点で劣る。
  • DMEX-08版のテキスト欄の背景には「人狼ゲーム」の役職が書かれており、同弾のカードとあわせて「人狼ゲーム」が行えるようになっている。このカードは「霊媒」である。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DM-33DMX-02
    突如、世界に鳴り響く祝祭の音色。その音色と共に永き幻想の幕が上がる。
  • DMX-10
    攻めも守りも両方やるなんて簡単なことだよな。――霊騎コルテオ
  • DMD-10
    ゼロの神使徒」であるオラクルによって、世界は平定を保たれているように見えた。
  • DMD-16
    文明などヒーローの名を語るだけの正義なき存在。我らの力で一網打尽にしてやろうぞ。 ---霊騎コルテオ

収録セット

参考