召喚(しょうかん)()

クリーチャー攻撃を制限する基本ルールのこと。

バトルゾーンに出たばかりのクリーチャーは、基本的にこの召喚酔い状態となる。そして、召喚酔いの間は基本的に攻撃することができない。
ただし、特定の特殊タイプクリーチャーや能力・効果は召喚酔いの影響を受けず攻撃することができる。

ルール

召喚酔いはルールであって、能力でも、能力によって生成された効果でもない。
カードの効果はルールに勝つという法則のため、召喚酔いであっても攻撃を許可する能力には、召喚酔いよりその能力が優先される。

召喚酔い」とあるが、「召喚」に限らず呪文クリーチャー能力によってコスト踏み倒しで出た場合にもこのルールは適用される。

召喚酔いして攻撃できなかったクリーチャーは、次のターンになれば攻撃できるようになる。

相手のターンに出た自分のクリーチャーも召喚酔いするが、そもそも攻撃を選択できないので意味はない。ブロックは「攻撃」ではないので、召喚酔いしていても可能。同じくガードマン能力も問題なく使用できる。

召喚酔い状態の場合、タップ能力を始めとする「攻撃できる時」に起動できる能力起動することもできない。

召喚酔いとは、クリーチャーの状態異常のようなものであり、召喚酔いしている間には攻撃できず、召喚酔いしていない間は攻撃できる

  • バトルゾーンに出ている召喚酔いしたクリーチャーが、スピードアタッカーを得るなどの要因でそのターン中に召喚酔いが解けることもあるし、クリーチャーの除去などで再び召喚酔いに戻るということもある。

ルールにより定義されているもの

  • ルールによって召喚酔いしないクリーチャーは、《あたりポンの助》で名前を指定されて能力がなくなっても、召喚酔いしないままである。

その他

  • ゲームの進行上、召喚酔いしたクリーチャーとしていないクリーチャーをそれぞれ別の場所に分けて置いておくと、召喚酔いの有無が分からなくなることを避けることができる。
  • 漫画「デュエル・ジャック!!」の1巻オマケ漫画では、「超獣世界からバトルゾーンに出る際の負担によって召喚酔いが生じる」という趣旨の解説が、ギャグめかしながらだがされている。

参照


公式Q&A

Q.《ウシキン☆チャンネル》の「バズレンダ」能力で召喚酔いしているクリーチャーを選んだ場合、そのクリーチャーはそのターン、アンタップしているクリーチャーを攻撃できるようになりますか?
A.はい、できるようになります。指定したターンの間、攻撃を可能とする能力が付与されている場合、そのクリーチャーは召喚酔いしていても攻撃することができます。
引用元

Q.《時空工兵タイムチェンジャー》の「このクリーチャーをバトルゾーンに出した時」の能力を使用し、前のターンからバトルゾーンに存在している《SSS級天災 デッドダムド》の下に《界王類絶対目 ワルド・ブラッキオ》を置きました。そのターン中に《SSS級天災 デッドダムド》が「SSS級侵略」を使用し、再構築でこのターンに進化元に加えた《界王類絶対目 ワルド・ブラッキオ》をバトルゾーンに残した場合、《界王類絶対目 ワルド・ブラッキオ》召喚酔いしていますか?
A.召喚酔いしています。《界王類絶対目 ワルド・ブラッキオ》はこのターンに《SSS級天災 デッドダムド》の下に入ったカードなので、召喚酔いはなくなりません。
引用元

Q.《あたりポンの助》によって手札にある選ばれた名前を持つ進化クリーチャーは出せますか?
A.はい。進化もバトルゾーンに出る方法をバトルゾーンに出る前に決定する能力ですので、名前を指定されていても出すことは可能です。また、召喚酔いがないというルールは、進化クリーチャーというカードタイプが持つ事実ですのでなくなることはありません。
引用元

Q.バトルゾーンに出したサイキック・クリーチャーがそのターン中に「覚醒」した場合、そのクリーチャーは召喚酔いしていますか?
A.いいえ、召喚酔いしておらず、すぐに攻撃できます。
「覚醒」したサイキック・クリーチャーは召喚酔いの影響を受けません。ただし、同じターン中に「解除」などで覚醒前の面に戻った場合、召喚酔いの影響を受け、攻撃できなくなります。
引用元

Q.バトルゾーンに出したドラグハートがそのターン中に「龍解」しドラグハート・クリーチャーになった場合、そのクリーチャーは召喚酔いしていますか?
A.はい、召喚酔いしています。
ドラグハート・クリーチャーは召喚酔いします。
引用元


[1] 他のカードの説明では「召喚酔いしません」という表記になっているが、これだけ「召喚酔いに影響されません」になっている。