《バンカラ大親分(おおおやぶん) メンチ()ルゾウ》

バンカラ大親分 メンチ斬ルゾウ VIC 火/自然文明 (24)
サイキック・スーパー・クリーチャー:ビースト・コマンド/ハンター 17000
T・ブレイカー
このクリーチャーが覚醒リンクした時、好きな数のハンター・クリーチャーを、自分の超次元ゾーンまたはマナゾーンからバトルゾーンに出す。
覚醒リンク前⇒《紅蓮の怒 鬼流院 刃》(上)《カチコミの哲》(中)《魂の大番長「四つ牙」》(下)

DMX-06で登場したビクトリーを持つビースト・コマンド/ハンターサイキック・スーパー・クリーチャー

覚醒リンクした時に超次元ゾーンマナゾーンにあるハンターを好きな数出せるという《若頭 鬼流院 刃》も真っ青な能力を持つ。
出したハンター召喚酔いするが、《永遠のリュウセイ・カイザー》等でスピードアタッカーを付加すれば容易に1ショットキルできる。
1回きりの能力ではあるが、その爆発力は、かの《超覚醒ラスト・ストーム XX》に匹敵、あるいは凌駕するほど。

派手な能力だが、クリーチャーを大量展開するという性質上《アポカリプス・デイ》《偽りの悪魔神王 デス・マリッジ》などの全体除去に弱い。自身にリンク解除が無いのも災いし、せっかく出したクリーチャーと一緒に仲良く墓地へ直行してしまう。
一応《アポカリプス・デイ》クリーチャーの出現数を制限すれば回避できるので臨機応変に対応しよう。《緑神龍カミナリズム》を出せば被害を少なくできる。

一番の問題はやはり覚醒リンクの困難さだろう。
専用の超次元呪文が無く、覚醒リンク前のコストが高いこともあって覚醒リンクは思ったより難しい。
マナを十分に貯めた後に、《次元院のディメンジョン・ホーン》タップ能力覚醒リンク前のサイキック・クリーチャーを2体並べたり、《紅蓮の怒 鬼流院 刃》の能力を使うなどして1ターンの内に3体目を揃える等、使いこなすには何らかの工夫が必要である。

もしくは、覚醒リンク後の能力をちらつかせ、除去《紅蓮の怒 鬼流院 刃》などに向かわせて別のフィニッシャーを守る、といった使い方も考えられる。

難点も多いカードだが、バトルゾーンを埋め尽くすほどのクリーチャーを出せるというのもあり、ロマン性は高い。

  • 「メンチを切る」とは主に関西で使われる言葉で、「睨みつける」と言う意味。関東で言うところの「ガンを付ける」のような表現である。

フレーバーテキスト

収録セット

参考