ギャラクシーGO(ゴー)

自分のターンのはじめに、このクリーチャーが表向きで自分のシールドゾーンにあれば、コストを支払ったものとして召喚する。
自分のターンのはじめに、この呪文が表向きでシールドゾーンにあれば、コストを支払ったものとして唱える。

ターン開始ステップ表向きで自分のシールドゾーンにあれば、コストを支払ったものとして使う能力、もしくはその能力を使ってカードを使うこと。

キーワード能力でも能力語でもなく、ルール上には存在しない語だが、公式発祥の呼び名である。

「純愛の紅」 R 光文明 (6)
クリーチャー:メタリカ/チーム銀河 6500
<ギャラクシールド>[光(3)](このカードを使うコストの代わりに、[光(3)]を支払ってもよい。そうしたら、このカードを表向きにし、新しいシールドとしてシールドゾーンに置く)
自分のターンのはじめに、このクリーチャーが表向きで自分のシールドゾーンにあれば、コストを支払ったものとして召喚する。
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)
このクリーチャーが表向きでシールドゾーンに置かれた時、またはバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選びタップする。次の相手のターンのはじめに、そのクリーチャーはアンタップしない。
三・騎・繚・乱 C 水文明 (5)
呪文:チーム銀河
<ギャラクシールド>[水(3)](このカードを使うコストの代わりに、[水(3)]を支払ってもよい。そうしたら、このカードを表向きにし、新しいシールドとしてシールドゾーンに置く)
自分のターンのはじめに、この呪文が表向きでシールドゾーンにあれば、コストを支払ったものとして唱える。
カードを3枚引く。

DMRP-13から登場した新能力ギャラクシールドを持つクリーチャー呪文がこの能力を併せ持つ。

ギャラクシールドが通常のコストより軽く設定されていることが多いため、こちらの能力と合わせてより軽量でカードを使える。
ただしタイミングは『コストを支払ったターンの次の自分のターンのはじめ』であるため、使用にはタイムラグがある。クリーチャーであれば召喚酔いもするため、攻撃ができるのは2ターン後となってしまう。
場の状況や併せ持つ能力、そしてどれくらいテンポアドバンテージを稼げるかで、ギャラクシールドとこの能力を経由するか否かの判断が必要となる。

またこの能力強制であるため、ギャラクシールドを使ったそのままシールドとして置き続けることは不可能。
クリーチャーの召喚の場合、GR召喚同様、大抵のコスト踏み倒しメタには引っかからないが、《百発人形マグナム》《早撃人形マグナム》《ラドン・ベップバーン》などのメタ能力に引っかかる。シールドからの召喚なので、《超九極 チュートピア》《U・S・A・BRELLA》《ワナビーワラビー》の能力にも引っかかる。

テクニック

  • 《極幻空 ザハ・エルハ》との組み合わせは、クリーチャーか呪文かで相性が大きく異なる。呪文は唱えた後に墓地に置かれなくなるため毎ターン能力を使えるというシナジーを形成しているが、クリーチャーはバトルゾーンに出せなくなるというアンチシナジーを形成している。

その他

  • コロコロチャンネルにて、Deadmanによって明かされた呼称(https://www.youtube.com/watch?v=_98Kw7LnWHI)。命名者がDeadmanかどうかは不明。
    • その後、アニメ「デュエル・マスターズ!!」第50話以降、キラもこの呼称を使っていた。

参考