【モモキングJO(ジェイオー)

《未来王龍 モモキングJO》能力で連続攻撃することをフィニッシュ手段に据えたデッキの2色、もしくはそれにを加えた黒赤緑の3色で構築される。

未来王龍 モモキングJO KGM 火/自然文明[ジョーカーズ] (5)
クリーチャー:ジョーカーズ/ヒーロー・ドラゴン/レクスターズ 7000
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーから進化できる、名前に《モモキング》とある進化クリーチャーを1体、自分の手札からこのクリーチャーの上に置いてもよい。
シンカパワー:このクリーチャーが進化する時、このターン、このクリーチャーの攻撃の終わりに、このクリーチャーの一番上のカードを墓地に置いてもよい。そうしたら、このクリーチャーをアンタップし、カードを1枚引く。

主要カード

《未来王龍 モモキングJO》コンセプト。手札の進化モモキングに疑似的な侵略を与え、それを剥がすことでアンタップ

候補モモキング

《禁断英雄 モモキングダムX》【禁断スター退化】のギミックを流用して安全に《モモキングJO》を早期着地させる。
【禁断スター退化】ではないデッキの場合、《モモキングJO》の上には重ねられないが、
モモキング系は多くがレクスターズなので早期解放が狙える
《アルカディアス・モモキング》以外の呪文を封じタップインを強制。破壊せずにそのまま残す選択もあり
《無双龍騎 ボルバル・モモキング》cipで自己ブレイク。その後、効果バトルターン終了時に6000の全体火力
早期に着地する場合、自己ブレイクは寧ろ手札補充メリットとして機能する
《ボルメテウス・モモキング》cipで3000の全体火力シールド焼却モードで選択。
《覇王る侵略 ドレッドゾーン》《熱き侵略 レッドゾーンZ》のように扱える
《禁断のモモキングダム》アンタッチャブル。苦手なG・ストライクで止まらず、比較的安全に攻撃できる。
だが、《終末の時計 ザ・クロック》などで置物になる点には注意。
【禁断スター退化】だと解放は狙えない[1]ので自壊させ《モモキングJO》に戻そう
《晴舞龍 ズンドコ・モモキング》cipマナブースト離れた時マナ回収で《モモキングJO》の弾を拾える
《ボルシャック・モモキングNEX》cip攻撃時山札の上クリーチャーまたはレクスターズなら踏み倒し
モモキングを重ねることで連続攻撃の弾を確保
【禁断スター退化】だと、コンボ用の非レクスターズが多いのでヒットしづらい
《ボルシャック・モモキング》モモキングで唯一のG・ストライク持ち。数合わせ兼防御札として
《神帝英雄 ゴッド・モモキング》手札補充しつつ、捨てたカードに応じてアンタップ&バウンス除去
《究極英雄 キング・モモキング》ディスペクターメタ。コスト6以上の進化モモキングが出た時に手札から上に置ける

候補カード

《進化設計図》進化クリーチャーを大量に入れるデッキなので必須級
《エボリューション・エッグ》同上。こちらは必要なモモキングを確実にサーチできるが爆発力に劣る
《キャンベロ <レッゾ.Star>》モモキングではないが、侵略で《モモキングJO》やその進化先の上に乗れる。
離れた時進化元アンタップするので疑似的な除去耐性にも
《フェアリー・ライフ》マナブースト【禁断スター退化】だとこの枠は不要
《メンデルスゾーン》
《フェアリー・Re:ライフ》
《弩闘×十王超ファイナルウォーズ!!!》キングマスタークリーチャーを最大5枚手札補充できる
《モモキングJO》も回収でき、【禁断スター退化】なら回収せずに山札に返す選択も
《王来英雄 モモキングRX》【禁断スター退化】時は採用不可
キングマスター・クリーチャー。手札補充コスト7以下に踏み倒し進化できる
《ムシ無視のんのん/灰になるほどヒート》レクスターズ。どちらも《モモキングJO》を踏み倒せる。呪文側はS・トリガー
《轟壊!切札MAX》6以下の割り振りコスト火力コスト5以下の踏み倒しを選べるS・トリガー
クリーチャー自然クリーチャーがいれば両方のモードを選べる

このデッキの回し方

何はともあれ《未来王龍 モモキングJO》をバトルゾーンに出すことが必須。
方法は大きく分けて二つあり、どちらも順当にパーツを用意できれば3~4ターン目には着地できる。

1つ目は素直にマナブーストで5マナ貯める方法。モモキングはほぼ全てドラゴンなので《メンデルスゾーン》のヒット率が高く、2→5の動きを実現しやすい。
一方で2→4→5の動きをサブプランとして採用しようとすると、デッキ内の進化モモキングの比率が低下するジレンマも抱える。

2つ目はデッキ内の非進化レクスターズを《モモキングJO》のみにすることで、【禁断スター退化】のギミックを使用する方法。こちらも上手くいけば3ターン目には《未来王龍 モモキングJO》を出せる。
退化用カードとしては色の合う《魔流毒》《怒りの影ブラック・フェザー》《バッドドッグ・マニアクス》《雪溶の鎖/堕牛の一撃》の4種が有力。
特に《魔流毒》はマナゾーンから上に乗せたい進化クリーチャーをそのまま回収できる。

難点としては《禁断英雄 モモキングダムX》と退化用呪文がドラゴンではないため、《メンデルスゾーン》プランとの両立が難しいことが挙げられる。

《モモキングJO》が出た後はその連続攻撃でワンショットキルを狙う。《アルカディアス・モモキング》《ボルメテウス・モモキング》S・トリガーをケアしながら殴るのが理想的。相手のシールドが初期値の5枚なら、手札に2~3枚の進化モモキングがあればワンショットできる。

S・トリガーなどの出方によってはワンキルが不可能になる場合は、ロック能力を持つ《アルカディアス・モモキング》を場に残しながらターンを終えたい。このような意味でも連続攻撃の初手は《アルカディアス・モモキング》が無難。

強い点

何と言っても最速3ターンキルを仕掛けられることが魅力。従来の【赤単速攻】と異なり、S・トリガーのケア手段もそこそこ存在しているのが強み。
万が一キルに失敗した場合でも、《アルカディアス・モモキング》さえ残せれば反撃をある程度封じることが出来る。

採用する自壊手段は自軍破壊と引き換えに低コスト除去を放てるものが多いため、コスト踏み倒しメタにもある程度強い。

ゲーム外の話になるが、モモキング系統のカードはキングマスターカードが多いために流通量が多く、比較的構築費用が安いのも利点と言えるだろう。

弱い点

《未来王龍 モモキングJO》に全てを依存している点。

《モモキングJO》が引けない、もしくはハンデスで落とされてしまった場合、デッキの大半が進化モモキングで埋まっているため当座の壁を用意することすらままならない。《モモキングJO》の能力を無視する《∞龍 ゲンムエンペラー》も大敵。

無事に《モモキングJO》を着地させられても、相手のG・ストライク1枚で完全に機能停止してしまう。デッキ内のG・ストライクの枚数が、フル投入だと12枚以上が確定している《Volzeos-Balamord》は天敵中の天敵。
《モモキングJO》の連続攻撃は踏み倒しを挟むため、コスト踏み倒しメタ相手がいる場合も機能停止してしまう。

また、デッキスロットの多くを進化モモキングに割くため、受け札が弱い。デッキに1枚もS・トリガーを入れるスペースが無いという事態も起こり得る話であり、受け札を厚くしようとした場合は《モモキングJO》の安定性が低下する。
受け手に回った場合の防御は極めて困難だが、万が一生き残れた場合は《モモキングJO》の弾を大量に確保できているため、多少のS・トリガーは無視して殴り切ることも出来る。

ただし、《禁断のモモキングダム》のようなアンタッチャブルモモキング進化できても、カード指定除去進化元の《モモキングJO》を引っこ抜かれると連続攻撃が止まる点には注意。

【我我我ブランド】対面の場合、《赤い稲妻 テスタ・ロッサ》で牽制されて打点を貯められ、ジャスキル+1打点で総攻撃されるのが主な負けパターン。

環境において

DMRP-20発売を機にオリジナル環境に定着し、アドバンスでも《斬罪 シ蔑ザンド》退化手段に据えつつGRクリーチャーの能力でアドバンテージを取る型が一定数確認された。

『全国大会2019』日本一決定戦では優勝を飾っている。優勝者はアドバンスとして行われた予選でもこれを使用している。ベスト4進出者中2人が使用、ベスト8進出者中5人が使用と、勝ち組デッキとなった。

参考


[1] 《未来王龍 モモキングJO》を召喚できる5マナ溜まる前だと、別の《禁断英雄 モモキングダムX》を2体出すなどが要求される