とこしえの超人(プライマル・ジャイアント)

とこしえの超人 UC 自然文明 (1)
クリーチャー:ジャイアント 4000
G・ストライク(このクリーチャーを自分のシールドゾーンから手札に加える時、相手に見せ、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。このターン、そのクリーチャーは攻撃できない)
このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。
相手が自身の手札以外からカードを出す時、かわりにマナゾーンに置く。

DMRP-17で登場した相手プレイヤー攻撃できないジャイアント
G・ストライクと、手札以外のゾーンから出すことを着地置換効果マナ送りにする能力を持つ。

初となる、1コストという軽さのメタクリーチャーにして、防御札にもなるカード。
メタの対象になるのは「クリーチャー」ではなくカード全般が対象であり、「相手のターン中」という指定もない。

超次元超GRカードであれば相手のマナを増やすこともないため、それらをメインに使う相手であれば、《検問の守り 輝羅》以上に有用なメタカードになるだろう。

GR召喚手段は最軽量でも2コストからとなるため、原則全てのGR召喚に間に合うコストである。
例外として、《大罪より生まれし果実》《失罪 モグニ否フ》無月の大罪を使って使った場合のみ、先攻1ターン目にGR召喚はできてしまう。
ただしターン終わりに1体破壊するデメリットにより、基本的にはGRクリーチャーは残らない。

またパワー4000とコスト1にしては高めであり、《墓地の儀》で破壊されず、メタクリーチャーへの殴り返しにも期待できる。その殴り返し性能から、手札以外から出すギミックの無い【速攻】に対しても耐性があると言える。
ただし《バングリッドX7》《イッコダス・ケイジ/種デスティニー》、そして同じくコスト1の《スチーム・ハエタタキ》で処理されるラインなので過信は禁物。

また、《一王二命三眼槍》敗北回避能力には効かないが、《百鬼の邪王門》リアニメイト《ボルシャック・ドギラゴン》革命0トリガーで出てくるクリーチャーもマナ送りに置換できるため、【赤黒邪王門】にもそこそこ強い。

メタ抜きにして考えても、相手クリーチャーに高いパワーで攻撃できるため対速攻の殴り返しにも使える。

注意

置換効果は強制である点に注意。山札から封印としてバトルゾーンに置かれるカードもマナ送りに置換されるため、このクリーチャーがいると相手のクリーチャーを封印できないどころか、マナブーストさせてしまう。

つまり、相手のクリーチャーを封印する効果とはアンチシナジー。これに関しては、自分がそういった効果を発揮するカードを使わなかったり、《滅殺刃 ゴー・トゥ・ヘル》《ハムカツ団の爆砕Go!》除去すればいいだけである。

問題は、相手が《Black Lotus》《禁断の影 〜ドキンダム・ソウル〜》など、自分のクリーチャーを封印することをデメリットとして抱えているカードを使ってきた場合、そのデメリットを帳消しにするどころかマナブーストを許してしまうこと。これはあまり無視できたデメリットではなく、特に《Black Lotus》で序盤からマナに大きな差を付けられるとかなり不利になってしまう。逆に言えば、そういうカードが《とこしえの超人》の対策に使えるということでもある。
《禁断機関 VV-8》なら、cipで2枚の手札補充と3マナブーストされてしまうが、最初から封印が付いていなければ「封印が外れる」こともないため、禁断機動誘発しないため追加ターンを得られる心配はない。

テクニック

先述の通り、相手のクリーチャーを封印する効果とはアンチシナジーだが、ループさせるなら話は別。封印効果をループさせれば、相手の山札をすべてマナ送りにしてライブラリアウトに追い込める。

置換効果かつマナ送りなので、《デュエマの鬼!キクチ師範代》で妨害されず(ただし、置換効果の処理はターン・プレイヤー優先なので、相手のターン中ならループを妨害される)、《【今すぐ】うわっ…相手の攻撃止めすぎ…?【クリック】》などで山札回復されることもない。
ただし、《始虹帝 ミノガミ》が立っていると、相手のマナが7枚以下でもない限りライブラリアウトに持ち込めない。

  • 《禁断〜目醒めの刻〜》は、4コストで4枚封印、つまり相手に《とこしえの超人》がいれば4マナブーストできるが、ゲーム開始時から手札にある事が相手にも筒抜けである。裏を返せば、相手に《とこしえの超人》の召喚を躊躇わせる事が出来る、かもしれない。

環境において

登場早々オリジナルアドバンスを問わず、【5色コントロール】系統のマナ要員兼牽制札として使われることとなった。【5色コントロール】系統のミラーマッチでは主に《灰燼と天門の儀式》《襲来、鬼札王国!》などのリアニメイト呪文《最終龍覇 グレンモルト》などのドラグナーに刺さる。ミラーマッチにおけるビートダウンプランにおいては、S・トリガーで捲れたリアニメイト呪文を無効化することで相手のフィニッシュまでのターンを短縮させずに済むという利点をもたらしてくれる。

低コストシステムクリーチャーが【5色コントロール】系統において大成したのはこのカードが歴史上初めてとされる。というのも、このクリーチャーの場合、2ターン目まで多色だけをマナチャージするゲーム運びにおいても、1コストという軽さから2ターン目に召喚することができるのである。

オリジナル環境の【赤青ドギラゴン閃】に入る2コスト初動ウィニー、《麗泳者 マツバメモノ》などの先達部隊を殴り返しで一方的に処理できるパワーラインなのも優秀。革命チェンジが主体の【赤青ドギラゴン閃】には刺さるとは言い切れないが、早期に使える殴り返し要員としてあって助かる存在であることは間違いない。

【5色グレンモルト】では《最終龍覇 グレンモルト》で呼び出した《邪帝斧 ボアロアックス》で呼び出すケースも珍しくない。手札から召喚した分を合わせて複数体並ぶことを期待して、墓地肥やしによって落として《灰燼と天門の儀式》でリアニメイトすることさえもざら。6コストの呪文で1コストのクリーチャーを狙ってリアニメイトすることは前代未聞であるが、それだけこのクリーチャーが強力だということである。

他にも、【4色ヴァイカー】【青黒緑シャコガイル】【青黒緑デッドダムド】など、デッキに自然が入る多くのデッキでチャンピオンシップ4位以内入賞の記録を残した。

オリジナル環境はこのクリーチャーの登場以降、このクリーチャーの効き目が薄いデッキが活躍する環境となり、まさしくこのクリーチャーは環境の中心となった。

その他

  • 元ネタとなったクリーチャー《いにしえの超人》。あちらとは違い、こちらは《暗黒の騎士ザガーン》に負けてしまう。
    • 原画を見ると分かりやすいが、イラストには翼を生やした《ザガーン》らしきクリーチャーが描かれている。蔦のようなものに絡め取られており、マナ送りにする能力を連想させる。そして物理的なサイズでは大きく勝っているようだ。
  • とこしえが「永久」に対してルビのプライマル(primal)は「原初」と、意味が異なっている。元ネタがエン(円)シェントに対してプライマル(丸)という言葉遊びだろうか。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMRP-17
    振り下ろされた爪を刀で受け流したモモキング。咄嗟に反撃しようとするが、気づけばボルシャックの姿が炎の向こう側にいくつも見えていた。「炎の幻影。さて、本物の我を見破れるかな」それを聞くやいなや、モモキングは何と目を閉じた!

収録セット

参考

#region(公式Q&A){{ [#l3a90090]

Q.相手の《とこしえの超人》がバトルゾーンにいる状況です。自分が「S・トリガー」でクリーチャーをバトルゾーンに出す時、かわりにマナゾーンに置かれますか?
A.いいえ、置かれません。「S・トリガー」は手札から使います。
引用元

Q.相手の《とこしえの超人》がバトルゾーンにいる状況で、自分は《時空工兵タイムチェンジャー》を使って、山札から進化クリーチャーの下にカードを重ねられますか?
A.はい、重ねられます。
カードの下にカードを置いても、そのカードはバトルゾーンに出たことになりません。ですので、《とこしえの超人》がいても問題なく進化クリーチャーの下にカードを重ねられます。
引用元

Q.相手の《とこしえの超人》がバトルゾーンにいる状況で、自分は墓地から唱えた魔導具呪文を《卍 新世壊 卍》の下に置けますか?
A.はい、置くことができます。カードの下にカードを置く行為では《とこしえの超人》の置換効果は適用されません。
引用元

Q.相手の《とこしえの超人》がバトルゾーンにいる状況で、自分のクリーチャーに封印は付きますか?
A.いいえ、バトルゾーンにあるカードの上に置くことは、カードを出すことですので、かわりにマナゾーンに置きます。
引用元

Q.相手の《とこしえの超人》がバトルゾーンにいる状況で、自分は手札から《死神術士デスマーチ》を召喚しました。「墓地進化」により、墓地から下にクリーチャーを重ねて出す必要がありますが、どうなりますか?
A.墓地から選んだ闇のクリーチャーを下に重ねた状態で《死神術士デスマーチ》はバトルゾーンに出ます。
カードの下にカードを置いても、そのカードはバトルゾーンに出たことになりません。ですので、《とこしえの超人》がいても問題なく「墓地進化」することができます。
引用元
}}