《ワナビーワラビー》

ワナビーワラビー UC 水文明 (2)
クリーチャー:トリックス/チームウェイブ 2000
相手のコスト4以下のクリーチャーが、手札以外のどこからでもバトルゾーンに出る時、相手はかわりにそのクリーチャーを手札に加える。

DMRP-14にて登場したトリックス/チームウェイブ

コスト4以下の相手のクリーチャー手札以外からバトルゾーンに出る時に置換効果で手札に移動させる。

文明違いの《U・S・A・BRELLA》と異なり耐性を持たないが《U・S・A・BRELLA》同様メタの範囲は非常に広い。

何より《U・S・A・BRELLA》よりも1コスト軽く、コスト踏み倒しを利用しなくとも2ターン目に安定して着地させることができる。

これだけ軽くて早出しが効けばマナドライブに依存しないビートダウン向けのGRクリーチャーへも強烈に刺さる。

ただし《異端流し オニカマス》のような除去耐性を持たず、パワーも低いため火力に弱いのが欠点。ガードマンなどでフォローしたい。

  • 名前の由来はwant to be A(Aになりたい)の省略形であり「(有名人などに)なりたがっている人」の差別的ニュアンスを含んだスラングである「wanna be」と小型のカンガルーの総称である「ワラビー」。
    • このクリーチャーのモデルはその表情から「世界一幸せな動物」と呼ばれ、SNSなどで人気の「クアッカワラビー」と思われる。検索するとカードイラストと似たポーズのクアッカワラビーの写真が出てくる。

環境において

やはり耐性が無いことから登場後は特段の活躍をしていない。

それどころか、DMEX-12期環境は【青黒緑デッドダムド】【ジョット・ガン・ジョラゴン】【赤白レッドゾーン】のようなファッティを軸とするデッキが蔓延するため、最大の長所であるメタ能力すらも腐りやすい。

一見すると【ジョット・ガン・ジョラゴン】に関しては《キング・ザ・スロットン7》によるウィニーコスト踏み倒しをこのカードで規制しやすいようだが、この頃の構築ではコスト4以下を各4枚の《タイク・タイソンズ》《ヤッタレマン》、多くて4枚の《ポクチンちん》と10枚余りに抑えている構築も多いため、実は有効に機能しないことも多い。

他のカード・デッキとの相性

フレーバーテキスト

  • DMRP-14
    歓楽のタギャースツを掌握した何者かは、続けて電脳のデガーノルにもハッキングをかけ、「Instant Wave」の自律自爆を多数決によって可決させた。

収録セット

参考


公式Q&A

Q.《「忍」の鬼 ジライヤ齋》で攻撃した時に、その鬼タイム能力を使い、墓地にあるコスト4以下のクリーチャーと入れ替わろうとしています。この時、バトルゾーンに相手の《ワナビーワラビー》がいた場合、処理はどうなりますか?
A.入れ替えは失敗になります。墓地にある、入れ替わるはずだったクリーチャーがバトルゾーンに出るかわりに手札に戻り、《「忍」の鬼 ジライヤ齋》でそのまま攻撃を続けます。
入れ替えが失敗した場合、「破壊された時」や「離れた時」から始まる能力はトリガーしません。
引用元