《イッツ・ショータイム》

イッツ・ショータイム R 水文明 (8)
呪文
相手は進化ではないクリーチャーを好きな数、自身の手札からバトルゾーンに出してもよい。その後、自分は、その中でコストが一番大きいクリーチャー以上のコストを持つクリーチャーを1体、手札からコストを支払わずに召喚してもよい。(相手がこのようにしてクリーチャーをバトルゾーンに出さなかった場合、自分の好きなクリーチャーを手札からコストを支払わずに召喚してもよい)

DMR-20で登場した呪文

数あるコスト踏み倒しカードの中でも、一際癖が強い呪文。

大型フィニッシャー召喚して踏み倒せるのが強力なのは言うまでもない。デザイナーズコンボを形成する《伝説の正体 ギュウジン丸》《夢の変形 デュエランド》《超絶奇跡 鬼羅丸》など、召喚すれば勝利に直結するクリーチャーを出したい。

しかし、コスト8と重いこと、相手にクリーチャーの先出しを許すこと、さらにそれらのコストがすべて自分が踏み倒したいフィニッシャーのコスト以下でなければならないこと、手札にフィニッシャーを抱えていないといけないことなど、運用する際の問題は山積み。

まず、《龍世界 ドラゴ大王》《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》《獣軍隊 ヤドック》などの着地すら許さない能力を持ったクリーチャーを出されてしまうと、こちらのフィニッシャーが出せずに完全な利敵行為に終わってしかねないため注意。《ブラキオ龍樹》のようにcip能力を無効化する能力を持ったクリーチャーがいても、致命的である。

さらに、相手が自分のフィニッシャーよりコストの大きいクリーチャーを出してしまうと、これも完全な利敵行為で終わってしまう。特に、コスト∞のクリーチャーなんて出されたらどうしようもない。DMRP-15で登場した《∞龍 ゲンムエンペラー》は使用率が高いため要注意。

そもそも8コストの呪文であるため、先に《光神龍スペル・デル・フィン》《古代楽園モアイランド》で唱える前の段階で妨害をくらいやすい。

また、手札にこの呪文とフィニッシャーをキープしておかなければならないため、サーチを使う手間がかかったり、ハンデスでどちらかを落とされるリスクも付きまとう。オールハンデスなどで根こそぎ両方落とされようものなら、今引きに期待することもできない。

などなど、弱点をあげればきりがない。要するに、ハイリスク・ハイリターンなカードと言える。

  • カード名は「ショーの始まりだ」という意味であり、掛け声としても使われる。また、デザインの原型と考えられるMagic:The Gatheringの≪実物提示教育/Show and Tell≫や、「ショー・タイ」が「」と掛けられているネーミングである可能性もある。

ルール

  • この呪文の効果で相手がバトルゾーンに出そうとしたクリーチャーが、《単騎連射 マグナム》などの着地置換効果によって別のゾーンに移動したとしても、それらもこの呪文の効果でコストが参照される。また、相手と違い自分は「召喚扱い」でコスト踏み倒しが出来るのがこのカードの魅力である。

サイクル

DMR-20のフルフレーム呪文サイクル
自然には存在せず、代わりにには2枚存在する。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMEX-13
    全てが一瞬。全てがショー。それが美孔麗王国だ。

収録セット

参考


公式Q&A

Q.自分は《イッツ・ショータイム》を唱えました。相手が手札から《∞龍 ゲンムエンペラー》を1体バトルゾーンに出した場合、自分は「その中でコストが一番大きいクリーチャー以上のコストを持つクリーチャー」であるとして、《∞龍 ゲンムエンペラー》手札からコストを支払わずに召喚できますか?
A.はい、《∞龍 ゲンムエンペラー》召喚することができます。
引用元

Q.バトルゾーンに自分の《ツネキン☆ゲームス》が1体いる状況で、自分は《イッツ・ショータイム》を唱えました。相手は《冥界を統べる新月のハーデス》バトルゾーンに出す際に《ツネキン☆ゲームス》置換効果によって、かわりにマナゾーンに置きました。その後、自分は「相手がクリーチャーバトルゾーンに出さなかった」として好きなクリーチャー手札からコストを支払わずに召喚できますか?
A.いいえ、バトルゾーンに出るかわりにマナゾーンに置かれたとしても、そのクリーチャーコストを参照します。マナゾーンに置かれた中で、コストが一番大きいクリーチャー以上のコストを持つクリーチャーを1体、自分の手札からコストを支払わずに召喚できます。この場合は9以上のコストを持つクリーチャー召喚することができます。
引用元