冥界(めいかい)()べる新月(しんげつ)のハーデス》

冥界を統べる新月のハーデス SR 光/闇文明 (9)
クリーチャー:エンジェル・コマンド/デーモン・コマンド/月光王国 15500
ブロッカー
T・ブレイカー
自分のクリーチャーすべてに「エスケープ」を与える。(「エスケープ」を持つクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりに自分のシールドを1つ手札に加えてもよい。ただし、その「S・トリガー」は使えない)
<オシオキムーン>カードが自分のシールドゾーンを離れた時、相手のクリーチャーを1体破壊する。

DMEX-13で登場した/エンジェル・コマンド/デーモン・コマンド/月光王国

ブロッカーを持ち、自分のクリーチャーすべてにエスケープ付与する能力を持つ。
さらにオシオキムーンで相手クリーチャー1体を破壊する。
簡潔に言うと《月の魔法ツカイ》《Dの楽園 サイケデリック・ガーデン》を足したようなクリーチャー。
《月の魔法ツカイ》と異なり、自身のシールドの墓地送りがなく狙ったクリーチャーを破壊できる。

オシオキムーンだけでも強化版《魔聖デス・アルカディア》の様に戦えるだろう。このクリーチャーがいる限り、相手の戦力は攻撃するにつれて半減されていくので余程の事がない限り攻撃は止まってしまう。

しかもエスケープオシオキムーンが噛み合っており、シールドがあれば味方が破壊される時に逆に相手のクリーチャー破壊する凶悪な除去耐性となっている。
これにより、《超竜バシュミカヅチ》《光神龍シャイニング・エッジ》とは別次元のロックを仕掛けられる。

エスケープ付与着地の補助にも適しており、《デスマッチ・ビートル》などの反応時の除去として破壊を行うコスト踏み倒しメタであれば貫通する。《新・天命王 ネオエンド》と比べると耐性を発揮する際のシールド要求枚数が厳しすぎないのが美味しい。

流石にバウンスマナ送りといった墓地を経由しない除去には弱い。それが出来ない相手には一方的な強さを見せるが、エスケープオシオキムーンによる破壊も相手が何もしない等能力を能動的には使えない状況になると一転厳しくなる。
だがそれなら自分のクリーチャーで一斉攻撃を仕掛けて、ブロックや除去札の使用を仕向けさせる、《邪魂創世》スーサイドを用いてこのクリーチャーを含めたバトルゾーンすべてのオシオキムーンを発動させるなど自分の方からこのクリーチャーの能力を積極的に活かしていきたい。

ブロッカーなので《ヘブンズ・ゲート》で呼び出せる。
コスト9のコマンドでもあるので【九極侵略】にも採用できるだろう。
コスト踏み倒しが主体である【九極侵略】着地の補助にも使えるエスケープが好相性。

  • 強力なスペックではあるが、DMEX-13発売以降、環境で大暴れしているカードではないにも関わらず、かなり高騰している。理由としては、DMEX-13に収録された高レアリティカードはどれも使いづらいスペックのものばかりで売り上げが悪いことから、シングルでの供給量が少なく、DMEX-13の中で比較的高いスペックを持つこのクリーチャーの価値が上がっていったのだろう。DMEX-13の売り上げの悪さが分かる。
  • 自分のクリーチャーを破壊から守るどころか、逆に相手のクリーチャーを破壊するのは、《神羅スカル・ムーン》を彷彿とさせる。
  • 多色である事やレアリティの違いを加味しても《七極 Di》とは雲泥の差のスペックを持つ。十王篇のインフレ具合がよく分かるだろう。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMEX-13
    孤独の冥(訳:彼に触れた者はみんないなくなりました。)

収録セット

参考


公式Q&A

Q.自分のシールドが1つの状況で《冥界を統べる新月のハーデス》と他のクリーチャー1体が同時に破壊される際、そのクリーチャー1体の破壊を「エスケープ」の効果で置き換え、この《冥界を統べる新月のハーデス》をそのまま破壊しました。この場合、《冥界を統べる新月のハーデス》の「オシオキムーン」能力はトリガーしますか?
A.いいえ、「エスケープ」の効果でシールドを手札に加えるタイミングと《冥界を統べる新月のハーデス》を墓地に置くタイミングは同時ですので、《冥界を統べる新月のハーデス》の「オシオキムーン」能力はトリガーしません。(総合ルール 603.5c)
引用元