禁断竜秘伝(きんだんりゅうひでん)エターナルプレミアムズ》

禁断竜秘伝エターナルプレミアムズ VR 水/火/自然文明 (5)
呪文
アタック・チャンス:水と火と自然を持つディスペクター(自分の水と火と自然を持つディスペクターが攻撃する時、この呪文をコストを支払わずに唱えてもよい)
コスト5以下のクリーチャーを1体いずれかのマナゾーンから選ぶ。そのプレイヤーはそのクリーチャーを出し、その後、自身の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。
自分と相手のクリーチャーを1体ずつ選んでもよい。そのクリーチャーをバトルさせる。
このターン、自分のクリーチャーはすべてブロックされない。

DMRP-19で登場した//自然アタック・チャンス呪文

青赤緑の『電融』ディスペクター専用のアタック・チャンス呪文であり、その条件は以下のクリーチャーが該当する。

《偽爆電融 ゾルネードシヴァ》マッハファイター、他も《ギュカウツ・マグル》以外はスピードアタッカーを持つので、どれもすぐにこの呪文の誘発が狙える。《怒爵電融 バロンブリック》は最軽量ですぐに攻撃し唱えられる。

最大の魅力はコスト5以下のクリーチャーのマナゾーンからの踏み倒し能力。踏み倒しで減ったマナも回復するため、純粋にアドバンテージだけを享受できる。
そして、相手を対象に取ることもできてしまう。たいていは自分のクリーチャーを出したい時の方が多いだろうが、次の効果バトル能力によって「バトルに勝った時」の能力を誘発させるための的を作れる利点がある。相手のクリーチャーを出す場合も選ぶのは自分のため、デメリット能力を持つ相手のクリーチャーを引きずり出すこともできる。
ただ、踏み倒しは強制のため、もし自分のマナゾーンにコスト5以下のクリーチャーがいなければ、不本意でも相手のクリーチャーを出す羽目になる可能性がある。

続く効果バトル《偽爆電融 ゾルネードシヴァ》《禁断竜王 Vol-Val-8》で敵を倒す数を稼ぐのに有用。
必ず踏み倒したクリーチャーがバトルを行う必要があるわけではなく、完全に任意のクリーチャーをバトルさせられる。このため、《電磁 アクアン-2》などのパワーが低いクリーチャーをcip目当てで出しつつ、《賢樹 エルフィ-1》などの高パワークリーチャーに除去を担当させるというプレイングも可能。
懸念点があるとすればコスト踏み倒しを先に行う為、コスト踏み倒しメタから出した味方を守れない事か。

味方すべてをアンブロッカブル化する能力は、踏み倒し能力と効果バトルに比べると地味に見えるが、先で挙げたマッハファイタースピードアタッカーを持つディスペクターが、アタック・チャンスによってノーコストでブロックされない状態になって殴りにいけるのは、なかなか脅威的である。

アタック・チャンスを使わずに唱えてもコスト相応かそれ以上のリターンを得られるため、ディスペクターを使わないデッキ手打ちを前提に採用するのもよい。

サイクル

王来篇ディスペクターに対応するアタック・チャンス呪文

関連カード

収録セット

参考


公式Q&A

Q.自分の手札に《禁断竜秘伝エターナルプレミアムズ》が2枚あり、自分のターン中、まだ1枚も呪文を唱えておらず、相手の《ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜》がバトルゾーンにいる状況です。自分の《禁断竜王 Vol-Val-8》が攻撃する時、手札の《禁断竜秘伝エターナルプレミアムズ》2枚の「アタック・チャンス」の使用を宣言できますか?
A.はい、2枚の「アタック・チャンス」の使用宣言ができます。1枚目の《禁断竜秘伝エターナルプレミアムズ》の効果で《ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜》がバトルゾーンを離れた場合、2枚目の《禁断竜秘伝エターナルプレミアムズ》も唱えられます。1枚目を唱えた後で《ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜》がバトルゾーンに残っていた場合、2枚目は唱えられず、手札に残ります。
引用元(2021.9.24)

Q.自分のターン中、《禁断竜秘伝エターナルプレミアムズ》を唱えた後で出した自分のクリーチャーはブロックされなくなりますか?
A.いいえ、唱えた後に出したクリーチャーはブロックされます。《禁断竜秘伝エターナルプレミアムズ》の効果は、唱えた時にバトルゾーンにいたクリーチャーにしか影響を及ぼしません。
引用元(2021.9.24)