ハイド

アニメ「デュエル・マスターズ キング!」から登場するキャラクター。声優は土岐隼一氏。
本名は「天王子 ハイド」。
ガットルズのリーダー格、ガットル1の超絶エリートであり、ジェンドルからの信頼も高いようだ。常に落ち着いている。
身長158cm、体重48kg。[1]

デュエマでは青赤緑の「電融」ディスペクター青黒緑の「縫合」ディスペクターを使用する。

担当声優の土岐氏はデュエル・マスターズのプレイヤーでもあり、出演者コメントで「モルネクを使ってます」と回答している[2]

アニメでの活躍

デュエマの実力は、過去の世界の白凰に勝てるほど。その後もボルツ切札 ジョーに伝説のカードを懸けた戦いで勝利しており、長らくガットルズ唯一の負け知らずだった。
エリート意識故かジェンドルの手足として忠実に動くことを旨としており、独断で強引にカードを奪おうとしたヒミコを叱責したことも。

  • とはいえ白凰については、彼の使用カードは神化編当時のもの。インフレが進んだジョー編のカードを使っているハイドはそもそものデッキパワーが違いすぎる。この点はハイド本人も言及しており、むしろジェレミーを撃破した白凰がすごいというべきか。

しかし、29話にてついに切札 ジョーに敗北し、相当なショックを受けていた。それに追い打ちをかけるように30話にてジェンドルから「貴方は特別ではありません」と切り捨てられるような言葉をかけられ、ストレスが溜まり精神崩壊を起こしてしまう。
以降は人が変わったようになって独自に動き出し、ジェンドルの命と偽ってガットル3~5をけしかけたり、ジェンドルのためと言って彼が使うオーブを勝手に持ち出すまでになってしまった。また、目の下に隈が出来た他、突然笑い出したり、オーブを持ち出す際には多重人格になったかのような様子を見せており、症状の酷さが見受けられる。
さらに31話では「ただのデュエリストとしてリベンジしたい」と偽ってジョーにデュエマを挑む。これは自身の経験から、彼らの強さである「カードを信じること」に目を付けたためであり、デュエマ中には新カードを手に入れるに際してデッキから抜けたカードをダシにしてジョーの精神を抉る言葉をかけ続ける。そして終盤《終末縫合王 ミカドレオ》から《偽槍縫合 ヴィルジャベリン》3体を呼び出し絶望的な盤面を作り上げ、ターンをジョーに返した。普段なら諦めず戦うはずのジョーだったが、この時は精神攻撃の影響もあり、《ミカドレオ》の特殊勝利にも気付かず諦めて何もしないままターンを返してしまい、あっさりと敗北してしまう。
ハイドの勝利後ジョーは伝説のカードに失望され、伝説のカードたちは(ボルツが持つ《ガイアール・カイザー GS》含め)全く抵抗せずハイドの手に渡った。さらに、最後の伝説のカードである《モモキング》さえも、自分もいずれはジョーに使われなくなってしまうのではないかとジョーを一瞬疑ってしまい、その隙を突かれてハイドに奪われた。その後回収した伝説のカードをジェンドルに渡した後ジェンドルに誉められはしたが、誉め方に納得が行かなかったのかジェンドルに対して殺気を出し睨みつける描写があった。
33話ではジェンドルに命じられ、ジョーとモモキングを完全に排除するべくデュエマを挑む。《邪偽縫合 デスネークニア》による心理戦も用いてジョーを追い詰めつつ、禁断の力に呑まれかけ戦えないモモキングを嘲笑する。しかし「みんな特別だ」という答えを得ていた今のジョーには通じず、モモキングもジョーと心を通わせ《未来王龍 モモキングJO》へとパワーアップを遂げた。
続く34話では《モモキングJO》の連続攻撃により、《ミカドレオ》をブロックに回さざるを得なくなるほどに形勢が逆転し、追い詰められたことで「自分はそもそもジェンドルに何を望んでいたのか」と自問する。そして「自分を救ってくれたジェンドルの特別になりたい」「僕はもう負けるわけにはいかない」という思いを自覚し、G・ストライク《飢限電融 ファタル・エレガンス》でギリギリまで抵抗するも最終的には敗北。思わず自分の苦しみを漏らしたハイドにジョーとデッキーは「まずは自分が他の誰かを特別だと認めなければいけない」「これから変わっていけばいい」と諭し、ハイドは恨み言を吐きつつもジョーの勝利を認めて帰っていった。
35話では目つきも元に戻り、ジェンドルに自ら提案するなど精神的にかなり落ち着いた様子。ジェンドルが《Volzeos-Balamord》を改めて捕獲し、合体してジョーを排除しに行くのを追いかけ、キラ達ジョー一行と共に最終決戦を見届ける。

  • 30話では彼の過去が語られた。
    彼は生まれついてのエリートであり、常に親から「お前は完璧だ」と言われながら育ち、自らもそれを当然としていた。学校でも座学・運動共に完璧な成績を残し、完璧の呼び名を欲しいままにしていた。
    しかし、たった一度デュエマに敗北して以来、周囲は「完璧じゃなかったのか」と失望をあらわにし手の平を返す。親にすら見捨てられ、高層ビルの屋上で黄昏る(あるいは自殺しようとしていた)ハイドに声をかけたのがジェンドルだった。「今度こそ完璧な人生を送りませんか?あなただけ特別です」と言われ、それ以来ジェンドルに誰よりも尽くし、その最終目的も2人だけの秘密だと思い込まされてきていたのだった。
    しかし、特別に自分だけが共有されていたはずの最終目標は他の四人に伝えられ、なぜ四人にその事を教えたのかをジェンドルに聞く時に、ジョーに伝説のカードを奪われたことを責められ、親に見捨てられた記憶をリフレインするかのように自分が特別であることを否定され、上記のとおり精神が崩壊してしまったのだ。
    • 34話のジェンドルの独白では、本来の歴史ではハイドはジョーへの2度目の敗北で完全に正気を失うはずだったとのことであり、ハイドの思いもむなしくジェンドルにとっては最初から捨て駒だったと思われる。
    • 30話のデュエマに敗北するシーンでは、鬼札 アバクと思しき対戦相手のシルエットが映っている。もしこれがアバク本人なら、勝利した者と敗北し捻じ曲がった者の立ち位置がアニメと漫画で逆になっていることになる。
  • 「電融」勢力のディスペクターは合成が一定のルールに則って行われる低レアのサイクル以外は実際の環境で成果を残したクリーチャーが使われ、殿堂入りプレミアム殿堂のカードも多い。ハイドのエリート設定を反映した物と言える。
    エリートとしての自分が折れ精神崩壊して以降は、ヒミコの勢力だった「縫合」を使うようになっている。
  • 実は「キング」47話の終盤にて、アバクチームの最後のメンバーであるフードの男の正体として登場していた。

漫画での活躍

デュエルの中学生チャンピオンであり、その功績で王来学園の生徒会長となった。アバクとは同級生。次期生徒会長を決めるデュエル大会の決勝戦でアバクと対戦。
アバクの味方のふりをしたヒミコにデッキをすり替えさせて一方的に勝つことでアバクにトラウマを植え付けることを画策し、同時に学園ぐるみで鬼札家を焼き討ちに。
その直後、アバクは鬼の力に覚醒したため、無事では済まなかったと考えられるが……?

戦績

  • 通算戦績:6戦4勝2敗
    話数対戦相手勝敗
    8話ボルツ勝利
    25話
    26話切札 ジョー
    29話敗北
    31話勝利
    33-34話敗北

使用カード

切り札

その他

参考