護法(ごほう)精霊(せいれい)アムシオン》

護法の精霊アムシオン SR 光文明 (6)
クリーチャー:エンジェル・コマンド 5500+
バトルゾーンにある自分の、タップされているクリーチャーのパワーは、攻撃していない時、+7000される。
自分のクリーチャーがブロックされた時、その攻撃を中止してもよい。そうした場合、バトルは行われない。ただし、両クリーチャーはタップしたままである。

DM-19で登場したエンジェル・コマンド

味方のクリーチャーを、タップしている時(攻撃時は除く)に7000パンプアップする性質と、ブロックされたときに攻撃中止してバトルを回避する性質を疑似付与する能力を持つ。

自分のクリーチャー全員がブロック殴り返しによって破壊されにくくなる。
バトルは行われないのでスレイヤーなどは無効になる。

7000というパンプアップ値は高く、タップされている間はバトルはもちろん、火力パワー低下などにもかなり強くなる。
さらに、攻撃中と違ってブロックしている間は問題なくパンプアップが発動するため、ブロッカー強化にも役立つ。
能力の性質上、隙を作りやすいダイナモサイレントスキルタップ能力などを持つクリーチャーと非常に相性がよい。

ただ、《光器ペトローバ》のようにアンタッチャブルではないため、確定除去にやられやすいのはネックか。

デュエル・マスターズ プレイスでは

護法の精霊アムシオン SR 光文明 (6)
クリーチャー:エンジェル・コマンド 5500
ブロッカー
自分の《護法の精霊アムシオン》以外の「ブロッカー」を持つクリーチャーは、相手によって選ばれず、ブロック中、パワーを+4000する。

DMPP-05にて収録された。
自分の《護法の精霊アムシオン》を除くブロッカーに、アンタッチャブルとブロック中のパワーを+4000させる効果を付与する。コストパワーこそ変わらないが、ほぼ原型を留めない形での変更となった。
自身を強化させられなくなったものの、《剛撃聖霊エリクシア》《悪魔聖霊バルホルス》などといった主力ブロッカーをより強固にすることができる。

  • 流石に《護法の精霊アムシオン》がアンタッチャブルを得られる可能性があると、デュエプレのカードプールでは対処困難になってしまう。
    この手の能力に関しては珍しく「自分の他の」ではなく、カード名によって能力付与対象を除外しているため、《護法の精霊アムシオン》を2体以上並べて相互に強化し合うことができない。
  • 相手のブロッカーは付与の対象外。「自分の《(カード名)》以外の〜」というテキストを持つ《黒神龍グールジェネレイド》でも、相手のクリーチャーには反応しない。

フレーバーテキスト

収録セット

デュエル・マスターズ

デュエル・マスターズ プレイス

参考