【転生カリヤドネ】

【転生サイクリカループ】の派生形。DMRP-11期の裁定変更によって「置換効果山札送りになる《龍素記号Sr スペルサイクリカ》では《転生プログラム》のコストにならないのでは?」という噂が立ったことから、そうなった際に備えたリペアとして考案された、《魔導管理室 カリヤドネ/ハーミット・サークル》軸の殿堂ゼロデュエル限定デッキ

転生プログラム R 水文明 (3)
呪文
S・トリガー
クリーチャーを1体選び、破壊する。そうした場合、そのクリーチャーの持ち主は、自身の山札の上から進化ではないクリーチャーが出るまでカードをすべてのプレイヤーに見せる。そのプレイヤーは、出たクリーチャーをバトルゾーンに出し、表向きにしたそれ以外のカードを持ち主の墓地に置く。
※プレミアム殿堂
魔導管理室 カリヤドネ SR 水文明 (14)
クリーチャー:ムートピア 10500
シンパシー:自分の墓地にある呪文(このクリーチャーを召喚する時支払うコストは、自分の墓地にある呪文1枚につき1少なくなる。ただしコストは0以下にならない)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、コスト3以下の呪文を3枚まで、自分の墓地からコストを支払わずに唱えてもよい。こうして唱えた呪文は、唱えた後、墓地に置くかわりに山札の一番下に置く。
W・ブレイカー
ハーミット・サークル SR 光文明 (3)
呪文
S・トリガー
相手のクリーチャーを1体選び、タップする。次の相手のターンのはじめに、そのクリーチャーはアンタップしない。

主要カード

《魔導管理室 カリヤドネ/ハーミット・サークル》ループの要
《転生プログラム》大量墓地肥やし《カリヤドネ》の早出し
《ロジック・サークル》3ターンループを安定して決めるためのサーチ。4枚ずつ積みたい
《ア・ストラ・センサー》同上
《*/零幻ルタチノ/*》など2コストオーラ《♪銀河の裁きに勝てるもの無し》を用意できないときのサブルート
《サーフ a.k.a. 無敵》癖の無い初動盤面調達要員
《♪銀河の裁きに勝てるもの無し》《転生》で破壊する種を供給しつつ呪文のループを繋ぐ
《オリオティス・ジャッジ》《カリヤドネ》を山札に送る手段。防御札としても優秀

候補カード

《クリスタル・ケイヴ》5枚目以降の《ロジック・サークル》
《*/零幻トリムナー/*》S・トリガー付きでクリーチャーではない《転生》の踏み台供給要員
《デビル・ドレーン》シールド回収。踏み倒し手段もこのデッキには用意されている
《ZERO ハンド》殿堂ゼロ定番のカウンター札

超GRゾーン

このデッキの回し方

《ロジック・サークル》によるサーチやGR召喚手段で準備を整え、《転生プログラム》を引いたらコストになるGRクリーチャーを退所にして唱える。その後、出した《魔導管理室 カリヤドネ》《オリオティス・ジャッジ》《転生プログラム》を唱え、《オリオティス・ジャッジ》《魔導管理室 カリヤドネ》山札に装填しながらGR召喚呪文でコストを用意し、そのコストを対象に《転生プログラム》を放つ。これを繰り返して山札を調整し、ループに入る。途中で《白皇世の意志 御嶺》が捲れたらGR召喚呪文を唱えることはする必要がなくなる。

ループの手順

《カリヤドネ》の能力無限ストックループ 第1段階

バトルゾーンに《カリヤドネ》、《白皇世の意志 御嶺》が各1体必要。山札は下から順に《転生プログラム》《オリオティス・ジャッジ》《魔導管理室 カリヤドネ/ハーミット・サークル》《転生プログラム》《オリオティス・ジャッジ》《魔導管理室 カリヤドネ/ハーミット・サークル》であること。《魔導管理室 カリヤドネ》cipが1体分ストックされていること。墓地に《転生プログラム》2枚、《オリオティス・ジャッジ》1枚が必要。

  1. 《カリヤドネ》のcipを1回使う。
  2. 《御嶺》をコストに《転生》2枚で《カリヤドネ》2体を踏み倒し
  3. 《ジャッジ》で《カリヤドネ》をすべて山札の下に戻す。
  4. 《カリヤドネ》のcipを1回使う。
  5. 《御嶺》をコストに《転生》で《カリヤドネ》を踏み倒し
  6. 《ジャッジ》で《カリヤドネ》を山札の下に戻す。
  7. 《カリヤドネ》》のcipを1回使う。
  8. 《御嶺》をコストに《転生》2枚で《カリヤドネ》2体を踏み倒し
  9. 《ジャッジ》で《カリヤドネ》をすべて山札の下に戻す。

《カリヤドネ》の能力無限ストックループ 第2段階

山札が上から《ジャッジ》、《転生》、《カリヤドネ》、《ジャッジ》、《転生》、《転生》、《カリヤドネ》、《カリヤドネ》、《ジャッジ》となり、墓地には1枚《転生》があるはずであり、《銀河》も墓地に1枚必要。

  1. 《カリヤドネ》のcipを1回使う。
  2. 《御嶺》をコストに《転生》で《カリヤドネ》を踏み倒し
  3. 《ジャッジ》で《カリヤドネ》を山札の下に戻す。
  4. 《銀河》を唱える。
  5. 《カリヤドネ》のcipを1回使う。
  6. 《御嶺》をコストに《転生》で《カリヤドネ》を踏み倒し
  7. 《ジャッジ》で《カリヤドネ》を山札の下に戻す。
  8. 《御嶺》をコストに《転生》2枚で《カリヤドネ》2体を踏み倒し
  9. 《ジャッジ》で《カリヤドネ》をすべて山札の下に戻す。
  10. 1.に戻る。山札、墓地は元の状態に戻り、《カリヤドネ》のcipは1回余分にストックされた状態になり、1周につきGR召喚を1回することになる。
    これで無限に《ツタンメカーネン》のストックを貯めたら、山札が1枚になるまでドローする。

フィニッシュループ

山札が1枚であり、手札に《銀河》が2枚あり、墓地に1枚あること。

  1. 《カリヤドネ》のcipで《銀河》を唱え、手札の《銀河》を連鎖する。
  2. 墓地から唱えた《銀河》を山札に戻してから《メカーネン》でドロー。
    これで自分の山札は減らず相手の山札だけが無くなる。

呪文コスト増加持ちが立っていて止む無く4マナ以上チャージした場合、《シャギーII》マナゾーン枚数を調整することによって《メカーネン》が《ジャッジ》で山札に送られるようになる。

このデッキの弱点

GR召喚により踏み倒しメタには耐性があるが、デッキからの展開を防ぐ《デュエマの鬼!キクチ師範代》、呪文を封じる《奇天烈 シャッフ》《正義の煌き オーリリア》などが出ると完封されてしまう。
除去用のクリーチャーを入れられない上、これらのカード殿堂ゼロデュエルで非常によく見かけるので厳しいものがある。
ただし、大抵のゲームで3ターンキルできるのでメタカードが間に合わないケースが多い。

参考