《ボルメテウス・蒼炎(そうえん)・ドラゴン》

ボルメテウス・蒼炎・ドラゴン SR 水/火文明 (8)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/サイバー・コマンド 9000
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーはブロックされない。
このクリーチャーがシールドをブレイクする時、相手はそのシールドを自身の手札に加えるかわりに墓地に置く。

DMX-24で登場した/アーマード・ドラゴン/サイバー・コマンド

新たなボルメテウスの一体であり、代名詞のシールド焼却に加えてスピードアタッカーアンブロッカブルを持つ。おまけにサイバー・コマンドという強力な種族まで持っており、火と水のクリーチャーの封印を外す役割もこなしてくれる。

保有する種族、能力がこれ以上に無いほど分かり易くシナジーしており、これまで《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》が抱えていた「返しのターン除去されたら終わり」、「チャンプブロックで簡単に止まる」という欠点を見事に克服している。コスト8以下であるため《龍秘陣 ジャックポット・エントリー》に対応している点も嬉しいところ。

高速化が進んだ一方でコスト踏み倒しを可能にするカードの多くが殿堂入り、ないしプレミアム殿堂入りした事に合わせて、《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》が更なる進化を果たしたという評価が相応しいだろう。

欠点は、ボルメテウスの新たな姿で、同コストである《ボルメテウス・ブラック・ドラゴン》とは違い、盤面には触れる事が出来ないことが致命的。シールド焼却だけを行っても、予め相手が用意していた手札や、バトルゾーンにあるクリーチャーには一切触れない以上、返しのターンの反撃に備えることができない。また、パワーが9000と8コストは、インフレが進んだ今では低いラインなのも難点で、殴り返しにあう可能性も非常に高い。

総じて、フィニッシャーにはなるが、単体でゲームを決めに行くのは難しいため、《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》と同じく、コントロール向けのデッキで戦っていった方がいいだろう。

  • 実はDMX-24が初登場というわけではなく、スマホアプリゲーム「パズル&ドラゴンズ」とのコラボで新モンスターとして紹介されていた(イラストを担当したのはデュエマでもお馴染みの中村エイト氏)。新たなボルメテウスの登場かと一時期騒がれたが、実際のカードとして登場したのは半年以上経ってからとなった。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考