《バキューム・クロウラー》

バキューム・クロウラー R 水文明 (5)
クリーチャー:アースイーター 5000
ブロッカー
このクリーチャーは攻撃できない。
自分のターンのはじめに、自分のクリーチャーを1体手札に戻す。その後、カードを1枚引いてもよい。

DM-28で登場したアースイーター

ターンバトルゾーンにある自分のクリーチャー手札に戻すことにより、追加ドローができる。

その効果を利用すれば手札補充した上でcip能力を使い回せるので、ハンデスドローロックcipクリーチャーと組んで凶悪なロックをかけることができる。

例えば《封魔アドラク》と組み合わせると、毎ターンお互いのマナ山札の上に戻すことができる。
その際、戻すマナを「今の状況では完全に役割を失っているカード」にすれば、相手はそのカードマナに置かざるを得ず、結果的に毎ターン同じカードを引くことになる。
仮に無理にそのカードを使われたとしても、他の役割を失ったカードを戻せばまた同じ状況が再現されることになるので、ロック強度はなかなか高い。

特にハンデスなどで手札を0にした状態でこのロックをかければ、相手はそのロックから抜け出すことができなくなる。これを目的としたデッキ【バキュームロック】である。
《コーライル》でも同様に凶悪なロックが可能だが、単純に《解体人形ジェニー》などの効果を使い回すだけでも十分に強力。

コントロールデッキにおいてドローカードがあと少しだけ欲しい、守りをあと少し固めたい、大量に積み込みたいcip能力があるけどデッキスペースがきつい、などの様々な状況ですんなり入る高い汎用性を持ったカードである。

ただし、現在は《勝利のガイアール・カイザー》《父なる大地》をはじめとした手軽な除去手段が非常に豊富である。
ブロッカーであることも災いして《爆竜 GENJI・XX》などにひっかかる可能性もあるので、使用の際には相手の除去を何とか掻い潜る必要がある。

他のシステムクリーチャー同様、デッキコンセプトと言うよりは、中盤以降の絡め手として使う方が誤算がないか。能力自体は魅力的なので、上手く使いたいところである。

  • DM-28に収録されて以来再録されておらず長らく絶版だったが、DMD-24でようやく再録された。デッキの方向性から1枚しか入っていないのが残念だが、これで少しは入手しやすくなったといえるだろう。
  • バキューム(Vacuum)の本来の意味は「真空」。大気圧中に真空を作るとそこに向かって空気が流れ込み、これを利用してゴミを吸い込むのが掃除機。フレーバーテキストも掃除機をイメージしている。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DM-28
    何かを吸い込まずにはいられない。それが、呑み込む者の悲しきサガ。

収録セット

参考