《コーライル》

コーライル C 水文明 (5)
クリーチャー:サイバーロード 2000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選び、持ち主の山札の一番上に置く。

DM-02で登場したサイバーロード

相手クリーチャー1体を選択し、それを山札の上に送るcip能力を持つ。

バウンスよりは確定除去に近い動きを見せ、更にドローロックもかけられることから登場当初から様々なデッキで活躍している。
墓地よりも山札に戻したほうが有効になる場合もあり、確定除去呪文が5コスト相当ということを考えると、クリーチャーがついてくるこのカードはなかなか有能。バウンスではないので、後に登場した《時空の喧嘩屋キル》/《巨人の覚醒者セツダン》除去できるのも評価できる点である。
デッキによっては恩恵を受けることのできるサイバーロード種族であることもメリット
【速攻】への対策を考慮され、《アクア・サーファー》デッキのスロットを争うことが多い。

次のターンには再び手札に加わってしまうことから強力なcipクリーチャーは対象に取りづらかったが、ガチンコ・ジャッジと組み合わせることで強制的に山札の下という回収が困難な場所へ強制送還できるようになった。
その際の相方は軽量かつアタックトリガー持ちの《アクア・ハンマープライス》が適任と言ったところか。
もちろん、相手の軽量クリーチャー山札の上に送り、こちらのガチンコ・ジャッジ成功率を高めるといった使い方も可能。

このように強力な効果を持つカードではあるが、収録されているエキスパンションが2つしかなくいずれも絶版であり、知名度の割に入手機会が少ない。新しく再録が望まれるところである。

ルール

  • 非常に珍しいシチュエーションであるが、互いにシールドの無い状態で、非手番側の手札が無くバトルゾーンにコーライル、手番側は手札にコーライルのみという状況でそれを召喚すると、山札から引いてくるコーライルを再度召喚することで千日手に近い状態になり決着がつかない。この場合は仕切り直しとなり再度ゲームが初めから行われる。「引き分け」の判定はつかない。

環境において

極神編あたりまではを含むデッキならあらゆるデッキに入っていたほどの需要であった。特に基本セット環境ではスピードアタッカーが碌に存在せず、山札の上送りがロックに近い効果を意味していたというのも大きい。

戦国編環境では【マルコビート】【黒マルコ】で出番を貰った。

しかし《海底鬼面城》が登場した神化編環境では評価が比較的低かった。鬼面城ドローで簡単にロックが崩れてしまうのであった。

覚醒編環境《時空の喧嘩屋キル》/《巨人の覚醒者セツダン》が定着すると、そちらの耐性を貫通する除去として評価が持ち直した。

その後も除去札として使われ続けたが、革命編環境辺りから高速化によって重いという面が目立ち始め、徐々に採用されなくなっていった。

テクニック

その他

  • のちにMagic:The Gatheringに《ヴィダルケンの放逐者》として逆輸入された。ただしあちらは1マナ重く、目立った活躍を見せていない。

フレーバーテキスト

収録セット

参考