憤怒(ふんぬ)猛将(もうしょう)ダイダロス》

憤怒の猛将ダイダロス SR 闇文明 (4)
クリーチャー:デーモン・コマンド 11000
バトルゾーンにある、自分の他のクリーチャー1体を自分の墓地に置かなければ、このクリーチャーは攻撃することができない。
W・ブレイカー(シールドを攻撃したとき、このクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする)

DM-06で登場したデーモン・コマンド

デメリットがある分、4マナパワー11000と桁外れのコストパフォーマンスを誇る。
攻撃時に自分のクリーチャー破壊しなければならないが、pig能力持ちクリーチャーと組み合わせれば良いだけなので、デメリットはそこまで大きくない。
あるいは《暗闇に潜む者バット・ドクター》のような墓地回収の効果を持つクリーチャーを組み合わせることで事実上デメリット無しの運用も可能。

この能力はアタックトリガーではないため、攻撃対象を選ぶ前に自分のクリーチャーを破壊できる。これを利用した有名なコンボとして、《時空の守護者ジル・ワーカ》を破壊してから、そのpig効果でタップされたクリーチャーを破壊するものというのがある。

よって、自分のマリエルを破壊してダイダロスで攻撃することはできない。

デュエル・マスターズ プレイスでは

憤怒の猛将ダイダロス SR 闇文明 (4)
クリーチャー:デーモン・コマンド 11000
他の自分のクリーチャーがなければ攻撃できない。
攻撃する時、自分の他のクリーチャー1体を破壊する。
W・ブレイカー

DMPP-01に収録。スーサイドアタックトリガーに変更されている。《ダイヤモンド・カッター》を唱えたとしても「自分の他のクリーチャー1体を破壊」は無効化出来ない。
そのため、TCG版よりやや弱体化している。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DM-06DMPP-01
    怒りの瘴気は味方すら巻き込む。

収録セット

デュエル・マスターズ

デュエル・マスターズ プレイス

参考