殺意(さつい)悪魔龍(あくまりゅう) マガンド》

殺意の悪魔龍 マガンド VR 闇文明 (3)
クリーチャー:デーモン・コマンド・ドラゴン/革命軍 4000+
このクリーチャーが攻撃する時、自分のシールドをひとつ、手札に戻す。ただし、その「S・トリガー」は使えない。こうしてシールドを手札に戻したなら、このターン、このクリーチャーのパワーを+3000し、「W・ブレイカー」を与える。

DMR-18で登場したデーモン・コマンド・ドラゴン/革命軍
攻撃シールド手札に加えることでパンプアップW・ブレイカーを得ることができる。

シールド回収は強制。普通のデッキならデメリットだが、【速攻】で使えば手札を増やせ、打点も増やせるアタッカーになり得る。

しかし、何よりも目を引くのが3コストという軽さ。
攻撃するたびにシールドが減る以外は、特にデメリットのない最軽量のデーモン・コマンド・ドラゴンである。コマンドドラゴンは基本的に3コスト以下は条件を満たすまでバトルゾーンに維持できないものが多いため、珍しい存在。

シールドを減らしつつビートダウンを決められるため、革命と相性が良い。一方で軽いのコマンドでもあるため、侵略とも相性が良い。勿論、単純に軽い進化元として使っても優秀である。

  • W・ブレイカーとシールド回収により3枚も両プレイヤーのシールド合計枚数を減らすことができるため、鬼タイムとも好相性。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMR-18
    魔の国の王、キラー・ザ・キルは、自らの命を削り、悪夢騎士団の英雄ザロスト進化させた。そうして生まれたデス・ザ・ロスト革命ゼロの力を持っていた。
  • DMEX-13
    月光王国のキングマスター、月と破壊と魔王と天使は、厳格さと慈悲深さとを兼ね備えた優れた王だった。しかしジャオウガに愛を奪われた結果、魔王と天使のバランスが崩れ、心に哀しみを抱きながら砲撃をするという矛盾した行動をとるようになってしまった。

収録セット

参考


公式Q&A

Q.《殺意の悪魔龍 マガンド》の「攻撃する時」の能力は、2枚重なっているシールド・カードのうち、1枚だけを手札に戻せますか?
A.いいえ、2枚重なっているシールド・カードは2枚で1つのシールドとして数えます。そのシールドを選んだ場合、2枚とも手札に戻さなければなりません。
引用元

Q.《殺意の悪魔龍 マガンド》の「攻撃する時」の能力で、シールドから手札に戻したカードが「侵略」や「革命チェンジ」を持っていた場合、その「侵略」や「革命チェンジ」を使えますか?
A.いいえ、「侵略」や「革命チェンジ」は効果を解決する前に誘発型能力の使用宣言をしなければなりません。(総合ルール 506.3)
引用元