(つき)破壊(はかい)魔王(サタン)天使(エンジェル)

月と破壊と魔王と天使 KGM 光/闇文明 (7)
クリーチャー:エンジェル・コマンド/デーモン・コマンド/月光王国 11500
ブロッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から2枚を裏向きのまま、それぞれ新しいシールドとしてシールドゾーンに置く。
自分のターンの終わりに、このクリーチャーは自分のシールドを1つブレイクする。
<オシオキムーン>カードが自分のシールドゾーンを離れた時、このクリーチャーは相手のシールドを1つブレイクしてもよい。

DMRP-15で登場した/エンジェル・コマンド/デーモン・コマンド/月光王国

cipで2枚のシールド追加を行う大型ブロッカー
自分のターン終了ステップで自分のシールドを1枚ブレイクするデメリットを持ち、オシオキムーンで相手のシールドを1つブレイクする。

単体でも毎ターン相手のシールドブレイクしてくれるが、それだけでは登場時点の高速化した環境では生き残りにくい。
味方のオシオキムーンと組ませるのは基本として、《デビル・ドレーン》《ヴァリアブル・ポーカー》等のシールドを一気に別のゾーンに移動させるカードや、攻撃を強制させる《悪魔聖霊バルホルス》などで増やしたシールドに相手クリーチャーを突っ込ませる等、よりこのクリーチャーのオシオキムーンを発動しやすい状況を作る工夫が求められる。

幸いにも種族は優秀なので、色々なデッキに投入が検討できる。

背景ストーリーにおいて

月光王国キングマスター
かつて魔王の気まぐれで助けられた天使がお礼に勇者に滅ぼされかけていた魔王と一体化する事で誕生した存在。その生い立ち故か、「魔王」と「天使」の2つの人格を持つ。
厳格さと慈悲深さを兼ね備えた名君だったが、《鬼ヶ覇王 ジャオウガ》に愛を奪われた結果バランスが崩れ、悲しみの心を抱きながら砲撃するという矛盾した行動を取るようになってしまった。
20万年以上前から戦いを続けており、その戦いを詩集「ダークヒストリー&ライトストーリー」にポエムとして書き記している。
外と影の中に存在する本体を同時に攻撃しないとダメージが入らない特性を持つ。また、魔王と天使両方の力を同時に持つ《魔王と天使》の前では、《十・二・神・騎》の力を持ってしても影と光は常に消えることがない。
チーム銀河を襲撃し、上述の特性で《「正義帝」》を追い詰めるが《∞龍 ゲンムエンペラー》の乱入により撤退。
その後《断影龍 ユスティーツァ》に半ば脅される形でチーム銀河への総攻撃を決行するも、前回の戦いでの経験から《「正義帝」》は戦わずに影の世界に飛び込む。
天使人格が《「正義帝」》に助けを求め、《断影龍 ユスティーツァ》に断罪の光を放たれるが《「正義帝」》が断罪の光を跳ね返し、ユスティーツァを倒した事により、正気を取り戻した。

  • 20万年という時間は最終禁断が存在していた時代どころか下手をすれば基本セットの大戦開始前の時代である。王国側は幾億光年の彼方から襲来している為、禁断等の既存敵勢力の影響は受けていなかったと考えるのが妥当だろう。

アニメでの活躍

「デュエル・マスターズ キング」22話

関連カード

収録セット

参考


公式Q&A

Q.相手の《三界 ナラカ・マークラ》が自分のシールドを2枚ブレイクしました。それによってトリガーした自分の《月と破壊と魔王と天使》の「オシオキムーン」能力で、相手が《三界 ナラカ・マークラ》の「攻撃の終わり」の能力で追加したシールドをブレイクすることはできますか?
A.いいえ、できません。《月と破壊と魔王と天使》の「オシオキムーン」能力でシールドをブレイクしたあとで、「攻撃の終わりに」の能力が発動するためです。
引用元