暗黒鎧(あんこくがい) ザロスト》

暗黒鎧 ザロスト UC 闇文明 (4)
クリーチャー:ダーク・ナイトメア/革命軍 3000
ブロッカー
このクリーチャーは攻撃できない。
自分のターンのはじめに、このクリーチャーが自分の墓地にあれば、自分のシールドをひとつ墓地に置いてもよい。そうしたら、このクリーチャーをバトルゾーンに出す。

DMR-18で登場したダーク・ナイトメア/革命軍
シールドを犠牲にしたリアニメイト能力を持つブロッカー

シールドを減らしつつリアニメイトすることができる能力で、エスケープと同様に革命進化クリーチャーと相性が良い。
名前からも連想できるように、同弾の《魔の革命 デス・ザ・ロスト》に繋げるのが理想。シールドが1枚の時にリアニメイトすることで革命条件と進化元を揃えることができ、厳しい状況からも綺麗に逆転できる可能性を秘めている。

また、ナイトでもある点は非常にこの能力と噛み合っている。使いたいナイト・マジック手札にあるときに狙ってリアニメイトが可能なほか、墓地に送ったシールド呪文なら《氷牙レジェンダリー・ヴァンガード》《暗黒皇グレイテスト・シーザー》進化して能力の発揮に活かせるなど、かなり優秀。

一方で普通に召喚するのではパワーが低く、コストも中途半端で使いづらい。速攻で墓地に落としてこそ輝くカードである。
また、このクリーチャーリアニメイトはタイミングが重要。
闇雲にリアニメイトしても低パワーのブロッカーなので割とすぐ破壊されてしまう。
何度も出しているうちに、シールドが無くなってリアニメイトもできなくなってきたら流石に苦しい展開になる。ここぞというタイミングでバトルゾーンに出し、コンボパーツと組ませることが大切。

十王篇環境になると【オカルトアンダケイン】の必須パーツとして大出世。

王来篇環境では【ゼロ・ルピアループ】ムゲンクライム元としても使われる場合がある。

  • 出せない状態でも、シールドを墓地に置くことはできる。シールドを墓地に置くことが出だしの能力であり、バトルゾーンに出すのはその結果である。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考

#region2(公式Q&A){{
>Q.自分のターンのはじめに、《暗黒鎧 ザロスト》の能力で墓地に置いたシールドが《暗黒鎧 ザロスト》でした。続けて、この2枚目の《暗黒鎧 ザロスト》の能力を使えますか?
A.いいえ、使えません。自分のターンのはじめに誘発する能力は、ターンの開始時点でそのカードが使用可能なゾーンになければ使うことができません。2枚目の《暗黒鎧 ザロスト》は、ターンの開始時点ではシールドゾーンにあったカードであるため、能力を使うこともできません。
引用元

>Q.バトルゾーンに《∞龍 ゲンムエンペラー》がいます。相手のターンのはじめに、相手は自身のシールドを1枚墓地に置き、墓地から《暗黒鎧 ザロスト》をバトルゾーンに出せますか?
A.はい、バトルゾーンに出せます。《∞龍 ゲンムエンペラー》の能力は、バトルゾーンにいるコスト5以下のクリーチャーの能力を無視します。
引用元

>Q.相手の《ジェイ-SHOCKER》の効果で、自分はコスト4のクリーチャーをバトルゾーンに出せなくなっています。この状況で《暗黒鎧 ザロスト》の「自分のターンのはじめに」の能力を使えますか?
A.はい、使えます。ただし、シールドを墓地に置くことはできても、《暗黒鎧 ザロスト》をバトルゾーンに出すことはできません。
「そうしたら」とある能力の後半部分を行うことが禁止されていても、前半部分を行うことが禁止されていなければ、能力を使いはじめることはできます。
引用元

>Q.相手の《時の革命 ミラダンテ》の効果で自分はクリーチャーを召喚できなくなっています。この状況で《暗黒鎧 ザロスト》の「自分のターンのはじめに」の能力を使えますか?
A.はい、使えます。召喚を禁止されていても、能力によってバトルゾーンに出すことはできます。
引用元
}}